IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年3月7日(土)

11R

2020年3月7日(土) | 2回中山3日 | 15:45発走

第15回夕刊フジ賞オーシャンステークス(GIII)

芝・右・外 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

昨年は京王杯SCを制して以降、函館スプリントS(3着)からサマースプリントシリーズに参戦。キーンランドC2着を経てセントウルSを1分6秒7のレコードで制し、勢いでスプリンターズSをも制覇。明け5歳とまだ若く、今回も「帰厩後すぐに乗り始めて仕上がりは順調」と陣営のトーンも上々。鉄砲実績もあり58Kでも好勝負。
昨年の高松宮記念・スプリンターズSでともに1番人気。その素質は競馬ファンも認めるところで、キーンランドCではタワーオブロンドンを押さえて勝利を挙げている。スプリンターズSは内枠でやや不本意な展開。香港では出脚がひと息で流れに乗れなかった。休み明けの今回は2週続けて栗東坂路で49秒台。態勢は整っている。
18年京阪杯2着、19年淀短距離S1着と連続好走があったものの、その後の6戦は連対はおろか掲示板内にも入れず。引退の中村均厩舎から現在の長谷川浩大厩舎に移籍後は苦戦が続いている。中山【0・0・0・4】も好結果を出せておらず、ポジティブな材料に乏しいのは確か。休み明けの前走から叩き2走目での上積みも?
9歳の昨シーズンは淀短距離S3着、シルクロードS3着、高松宮記念5着と連続好走。今年は淀短距離S14着、シルクロードS13着と振るわないが、前走後に騎乗した国分優作騎手は「3コーナーで不利を受けてリズムが悪くなり勿体ないレースだった」とコメント。とは言え明け10歳で結果が出ず、【0・0・0・7】と実績ない中山で。
昨夏に佐賀のサマーチャンピオンで重賞初制覇。近2走は振るわないがオープン昇級後にCBC賞0.6秒差、中京記念0.4秒差と健闘。中京で3勝、小倉1勝のローカル巧者だが、最終追い切りは栗東坂路でラスト2F24.3秒、1F12.1秒と時計は良好。逃げ馬が揃ったこのレースでどう立ち回るかがカギとなるが、この馬なりに状態は良い。
2年前の勝ち馬。その後は勝ち鞍に恵まれないどころか見せ場すらない競馬が続いていたが、昨年末からラピスラズリS3着、カーバンクルS4着と連続好走。さらに中間はブリンカーを装着しての調整で、陣営はその効果に手応え。追い切りでも装着した上で鞍上の判断とのことだったが、装着して出走予定。一変に注意。
前走は先行馬にとって厳しい流れと荒れた馬場の中、先行して15着に大敗。芝1200mは【4・3・0・7】と連対率5割、中山芝1200mにも勝ち鞍があり、良好な馬場状態なら先行力が生きる。母ゲイリーピクシーはスピード馬を多数輩出のビッグレッドファームでお馴染みの名繁殖。相手は強いがスムースに先行できれば。
5歳時にアイビスSD制覇、6歳夏に北九州記念制覇。昨年のスプリンターズSも0.4秒差の6着に駆けており明け7歳の古豪ながらシルクロードSも0.5秒差と粘り強く走る。中山は【1・0・0・4】と不安定ながらも4着以下のうち3走は0.4秒差以内。「一瞬の脚を生かせる中山はプラス」と森田師。栗東坂路での最終追い切りも好タイム。
オープン昇級後2走目の前走ラピスラズリSではナックビーナスの2着に好走。クラブの規定で今回が引退レースの可能性もあり、今回が高松宮記念でもう一走できるかどうかの試金石。鞍上のライル・ヒューイットソン騎手は弱冠22歳ながら南アフリカでリーディング2回という天才肌。ただし、香港での成績はもう一つ。
19年シーズンは高松宮記念から苦戦が続いていたものの、暮れのラピスラズリSでは久々の勝利。さらに阪神のタンザナイトSでも0.1秒差2着と好走して明け7歳となる今年も好調をアピール。中山芝は【3・6・1・1】と大得意の舞台で、引き続き好調をキープ。本番以上に力の入る一戦で、展開次第では上位争いも可能。
韋駄天S、アイビスサマーダッシュとともに逃げてライオンボスの2着。ルミエールオータムダッシュでは7着に敗れたもののハナを切るスタートダッシュの速さは見せた。1200mでは【2・0・1・1】、中山芝【1・1・0・2】とコース相性は悪くない。前走後はリフレッシュを挟んで2週前には美浦坂路で4F52.2秒の好タイム。仕上がりは良好。
3歳夏にはサマースプリントシリーズ重賞で2・3・2着と連続好走後に、スプリンターズSでもファインニードルからクビ差2着の大健闘。しかし、休み明け後のシルクロードSで最下位18着に敗れて以降は二桁着順続きで復活の糸口を掴めずにいる。自らやめてしまうレースで1秒差以上の敗戦が続く現状では…。
前走は小倉5週目の荒れた芝、最内枠で終始不利なレース展開。オープン昇級初戦の2走前も先行しながら見せ場なく後退。3走前のセプテンバーS(3勝クラス)は1分7秒6の好タイム勝利も当時は野芝開催かつハンデ52K。1200mに照準を絞って連続好走し、中山芝1200mは適条件と見えるが別定重賞では敷居が高いか。
ルミエールオータムダッシュの好走に続いて、間隔をあけたカーバンクルSでも逃げて3着に粘る走り。明けて6歳ながら元気は一杯。中山芝は【1・1・3・5】と勝率こそ低いものの複勝率5割をキープ。テンションの上がりやすいタイプだがこの時期でもフケの兆候はない様子。美浦坂路で1週前に51.9秒、今週も52.1秒。
かつては17年北九州記念2着などの実績もあるが、昨年のオーシャンS出走前から船橋・山田信大厩舎に移籍し、前走の前には岩手・板垣芳則厩舎、そして大井・須田和伸厩舎に移籍して今走を迎える。盛岡の芝1000mで行われたハーベストCでは2着に好走したものの、移籍前のJRA成績を考慮すると苦戦は必至。
昨年4月に福島ダ1150mの未勝利を勝ち上がり、1勝クラスは函館ダ1000m。さらに格上挑戦で挑んだ稲妻S(新潟芝1000m)をも勝ち3連勝で挑んだ前走ではやや強引にハナを切ったものの17着。休み明けの今回は美浦坂路で4F51.9秒と好調をアピール。ただし52Kで大敗した前走を踏まえると重賞のここではやや敷居が高い。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。