競馬 - アメリカジョッキークラブカップ - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年1月26日(日)

11R

2020年1月26日(日) | 1回中山9日 | 15:45発走

第61回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

中山牝馬Sを2着。それを含め、中山コースは1勝2着3回と連対率100%の実績。左回りの勝ち数には劣るものの、ペースが落ち着きやすい中距離では東京や新潟よりも中山のほうが競馬がしやすいのだろう。前走は脚質的にも相性が悪い京都コース。想定以上に落ち着いた流れとなり、追い込みの本馬には厳しい展開となった。
中山は3戦1勝。京成杯を勝利し、弥生賞、皐月賞と駒を進めるも、結果を残せなかった。夏場を休養させて臨んだオクトーバーSは、ドスローで上り重点の競馬。後方待機の本馬には厳しい展開となったが、仕上げも若干甘く映ったのも事実。左回りへの戸惑いもあったようだ。前走は一度使った効果がはっきりと現れ好走。地力の高さを証明した。
G1級の競走では目立った走りができていない本馬も、G3やG2でもトリッキーなコースになると強い競馬をする。中山2200mは4戦し2勝、2着1回の好相性コース。先行馬が加速しづらく、捲りを決めやすい同コースでこそ、本馬の長所が活かされる。今週はコースでラスト重点。回転の速い伸びのある末脚は健在だ。坂路でもいつも通りの内容で時計を出されている。
1年ぶりの競馬となった前走が15着と見せ場なく終わった。すでに9歳。2億4500万を稼ぎだした肉体はどこへやら。パドックでは周回についていけないほど。ただし、それでも一度使った効果は多少出ているようで、坂路で一目置くべき時計で走破してきている。まだ闘志は燃え尽きていないか。
重賞3勝目はこの中山2200mで。4つコーナーの2200m戦、逃げてマイペースに持ち込んだオールカマーは、後続を寄せ付けずに逃げ切り勝ち。少頭数戦でペースが非常に緩かったとはいえ、上手くラップコントロールして2分12秒後半で決着する展開に持ち込むことができれば、G2でも通用することが分かった。
芝は過去に1600m戦の1戦のみ。ダートの実績は、大井所属時期は短距離が中心となっているが、中央転入して以降は1800〜2100mの長距離戦を使われている。昨年の秋は、オープンで2着1回と3着1回。春は、中山の総武Sで僅差の4着の実績も持つ。重馬場の時計勝負にも強いところで、芝でも戦える脚は持っていそうだ。
バランス感覚に長けたタイプ。適応能力が高いせいかどのコースでも同じような結果を残している。中山コースは7戦1勝3連対と非常に相性が良い。3年前のAJCCではコンマ6秒差の4着。しかし一昨年からは長期休養を挟みつつの出走となり、イメージ通りの走りが出来なくなっているのも事実。今週の追い切りは3頭併せで遅れての入線だった。
1年ぶりの競馬。1年前から昨年の春先まで、コンスタントに使われてきたが、使い込むよりも、放牧帰りのほうが安定している。中山コースは3戦し勝利なし。ホープフルSの3着が最高着順で、その実績も勝ち馬から大きく離されてのものだから価値は高くない。
2歳時は東京スポ杯2歳Sを勝利し、ホープフルSで3着。昨年はトライアルを含め、クラシックロードを完走。ダービーの5着が輝いている。中山コースはホープフルSのそれが最高着順。ダービーから菊花賞まで、力強い時計で走破してはいるが、本質は中距離馬。2000〜2200mが適距離とみる。早期に入厩して坂路でコンスタントに時計を出されている。
新馬戦以外、デビューからすべて重賞を使われ、その半分以上が馬券圏内。これといった武器がないため勝ちきれず単勝は売れにくいタイプ。しかし2000mの適鞍になれば、どんな状況でも、スムーズに流れに乗って、馬券圏内を狙えるポジションを確保している。前走の敗戦は、珍しく気難しいところを出していたことが原因とみている。
凱旋門賞から2か月半ぶりの競馬。札幌記念を勝利した当時の馬体重が536kg。3歳時から大幅な変動がなく、躯体にしっかりと筋肉が収まり無駄肉がつかないタイプ。今回もきっちりと仕上げてくると思われる。中山コースは有馬記念の勝利が唯一の実績。当時は3歳で斤量のアドバンテージはあったが、歯を食いしばってラストの坂を駆けあがる姿は非常に逞しかった。
実に1年半ぶりの競馬。二年前にチャレンジカップ(阪神)を勝利し、その他、阪神大賞典で2着、中山の重賞ではセントライト記念3着の実績がある。このことからも、直線に坂のあるコースが得意ということが分かる。久々の競馬となるが、12月に帰厩してしっかりと乗り込まれている。肉体的には走れる状態に戻っていそうだ。あとは心肺機能の問題だけ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。