IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年11月1日(日)

11R

2020年11月1日(日) | 4回東京8日 | 15:40発走

第162回天皇賞(秋)(GI)

芝・左 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

3歳時には有馬記念を制するなど活躍したが、大阪杯7着、宝塚記念16着と近走は結果が出ていない。これまで京都や阪神といった関西圏では3歳時に毎日杯こそ制しているが、(1.0.0.4)と結果が出ていない。岩藤助手も「当日輸送の東京で」と語り、(4.0.0.2)の関東圏の競馬で巻き返しを狙う。
今年に入り小倉大賞典を制すると、大阪杯でも4着に善戦。6歳となったがここにきて勢いが出てきた。前走の毎日王冠は稍重馬場で4着。切れ味が身上の同馬にとっては持ち味を発揮しきれなかった。前走毎日王冠組は(3.3.5.42)と最多勝利の王道ローテ。ただし、4着以下は(1.2.1.28)と率はやや落ちる。
セン馬となった前走の毎日王冠でいきなり2着に好走。エプソムC1着に続き、ここ2戦は結果が出ている。ただし注意しなければいけないのは、ここ2戦がいずれも良馬場以外で行われている点。道悪巧者で良馬場が見込めそうな今回は持ち味が活きない可能性も考えられる。毎日王冠3着以内は(2.1.4.14)と優秀だが。
「休み明けの方がいいパフォーマンスをするので、ぶっつけでの出走を決めた」と萩原師が語るように、10週以上間隔をあけた際は昨年の毎日王冠、今年の中山記念と非常に優れたパフォーマンスで勝利している。今回はキャリア最長となる中20週での出走だが、ここはリフレッシュ効果の方を期待したい。
昨年は年明けから中山金杯、中山記念を連勝し、その勢いのままに香港でG1を2勝する活躍。しかし今年は中山記念で7着に敗れると、そのまま休養。明らかに勢いは昨年に分がある。常に調整を共にしている松岡騎手が「休み明けの割引は必要」と語っており、さすがに今回は厳しいと言わざるを得ないだろう。
天皇賞(春)を連覇し、秋はオールカマーから始動の予定であったが、熱発により回避。矛先をここへ向けた。ただ、その分しっかり調整できたため、手塚師は「前走や有馬記念よりも良いデキ」とコメントしている。間隔をあけないと力を出せないタイプ。十分に間隔を取った今回は自身の力を発揮できるだろう。
前走の宝塚記念で2着キセキに1秒差をつけて圧勝。デビュー時には440kgだった馬体重も、前走では464kgまで増加。斉藤崇師は「春からさらに体が増えている感じ」とコメントしており、さらなる成長を見せているだけに驚きを隠せない。その前走宝塚記念以来の出走となるが、休み明けの方が力を発揮できるタイプ。
昨年に凱旋門賞へ遠征し、帰国後にリズムを欠いていたが、2走前の宝塚記念では2着に好走。前走京都大賞典も2着と差す競馬に再びシフトチェンジして安定感を取り戻した。その前走京都大賞典からの参戦だが、同レース組は(1.0.0.12)で15年ラブリーデイ以外は全て凡走。リンクしないレースとなっている。
稀代の名馬が挑むG18勝目をかけた一戦。前走安田記念というローテーションは昨年自身が制したものと同じで、過去10回の当レースにおいても(1.2.0.3)と相性が良い。追い切りに騎乗したルメール騎手も「反応も息づかいも良く、何も言うことがない」と語っており、評価を下げる要因はない。
クイーンS以来となる実戦。近年、牝馬の活躍が目立ち、当レースでも過去牝馬は(2.2.1.8)と好成績を収めているが、そのほとんどが人気馬。1、2番人気を除くと(0.0.1.7)と昨年のアエロリット以外は馬券圏外となっている。その1例の好走もG1馬であり、G1で実績のない牝馬が好走するには敷居が高い。
キャリアの中で安田記念だけが崩れており、適性的にかなり苦手としている。昨年同様、その前走安田記念から参戦。自身が好走しているように前走同レース組は(1.2.0.3)と優秀。追い切りの動きも良く、これまでと異なり併走追いで、さらに今回は馬具の変更も試されている。追走が楽になる2000mで巻き返しを狙う。
父ディープインパクトに母アパパネという良血馬。前走新潟記念2着から挑む。中間は在厩で調整。ただ、森助手は一週前の追い切りの際には「時計なりの動きだった」とあまりトーンは高くない。前走新潟記念からの参戦は(0.0.0.5)。人気薄ばかりだが人気なりの着順に終わっており強調はできない。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。