IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月31日(土)

11R

2020年10月31日(土) | 4回東京7日 | 15:45発走

第9回アルテミスステークス(GIII)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:2900、1200、730、440、290万円 |

新馬戦で注目馬スワーヴエルメを降す活躍も、2戦目のサフラン賞は5着に敗戦。その前走サフラン賞組は当レースで(0.0.1.14)と大不振。唯一の3着馬ニシノミチシルベは2着に好走しており、負けた組ではなおのこと厳しいだろう。決め手を発揮できたわけでもなく、強調できる材料に乏しいのが現状。
祖母がシンハリーズで近親にシンハライトなど活躍馬が多い牝系。血統的には人気に推されても良さそうだが、新馬戦は3番人気に甘んじた。勝利はしたものの、前走新馬組で3番人気以下の場合、(0.0.0.12)と全く通用していないのが当レース。新馬戦で人気を集めていないような馬は素質面で劣るのが実情。
新馬戦敗戦、未勝利戦勝利というのは当レースの注目パターンで(4.1.3.10)と好成績を収めている。未勝利戦では上がり1位も記録しているが、こちらも(6.4.2.32)と非常に優秀。さらに距離短縮組も(3.1.2.15)と好成績で、臨戦過程としては非常に当レースの好走パターンに合致している。
前走は東京の新馬戦を上がり1位タイで勝利。前走上がり1位馬の当レースの成績は(6.4.2.32)と非常に優秀。決め手を持っていることは評価できる。ただ、その新馬戦は1400mで行われており、過去8回で距離延長組の成績は(0.2.2.39)とほとんど通用しておらず、その点が割引となる。
新馬戦1着の後に挑んだ札幌2歳Sで2着に好走。前走同レースからの参戦は過去8回で(0.1.1.4)。勝ち馬は出ていないが、3着内に好走した馬に限定すると(0.1.1.1.)と好走していればここでも安定感はかなり高い。距離短縮組が好成績の当レースにおいて、札幌2歳好走は親和性が高い。
新馬戦を取りこぼして2戦目の未勝利戦で勝ち上がるというのがこのレースの好走パターンで、(4.1.3.10)と好走率は非常に高い。前走ルメール騎手が騎乗した馬はこのレース3頭いるが、その中でも本馬を選んでいる。前走上がり1位馬の成績は(6.4.2.32)。決め手もあり長い直線でさらに前進。
新馬、コスモス賞を連勝。ただし前走コスモス賞組は過去8回の当レースにおいて(0.0.0.2)。着外の2頭はともに4番人気と上位に推されながらも結果が出なかった。直線の短い札幌と長い東京では問われる適性が異なる。ただ、本馬は新馬戦を東京で勝利。これまでの2頭とはその点が異なりこなせるか。
新馬戦は8番人気の低評価に甘んじるも、0.4秒差をつけて勝利。新馬戦を0.3秒差以上つけて勝利した馬の成績は(1.2.0.4)と安定しており、複勝回収率も97%と妙味もある。着差をつけての勝利は評価していいだろう。前走新馬組で好走した馬は新馬戦で1〜2番人気に推されていたが、侮れない。
近親にアプリコットフィズやダービーフィズなど重賞勝ち馬がいる良血馬。前走新馬戦を勝利してここへ挑んできた。昇級組の成績が優秀で(6.6.6.68)。新馬戦に限定しても(2.3.1.28)とオープン組とそん色ない成績。また、前走1800mからの参戦は(3.1.2.15)と好成績。距離短縮が通用する。
新馬戦は0.3秒差をつけて勝利をおさめたが、続くサフラン賞では1.1秒差をつけられる完敗で6着に敗戦。過去8回の当レースで前走サフラン賞組は(0.0.1.14)と苦戦しており、ここでの敗戦は能力不足を意味するだろう。際立った末脚を見せてたわけでもなく、ここで改めて強調する材料に欠ける。
9番人気の低評価ながら前走の新馬戦は0.4秒差をつけて勝利。新馬戦で0.3秒差以上の勝ち馬は(1.2.0.4)と好走が多い。複勝回収率も97%と前走の勝ちっぷりはフロック視してはいけない。ただし、気になるのは前走新馬組で好走した馬は新馬戦で1〜2番人気。その点を覆すことができるか。
すでにキャリア4戦と経験値は豊富。ただ、このレースは経験よりも素質を見るレースで、キャリア4戦以上だと(0.1.3.14)と勝ち馬が出ていない。また、前走距離も1400m以下、いわゆる今回距離延長となると(0.2.2.39)と勝ち馬無し。早期にキャリアを重ねてきたスプリンターはここでは通用しない。
新馬戦を勝利し、挑んだサフラン賞は2着に惜敗。上がりは2位で直線伸びてはいたが、抜けた上がりを記録していた勝ち馬の方が上だった。過去8回の当レースで前走サフラン賞組は(0.0.1.14)。相性の悪いレースとなっている。初戦も1200mを使われているように、翌年のクラシックを狙う当レースには向かない。
新馬、札幌2歳Sを連勝。中距離路線を歩むという事もあり、その後当レースへ挑む馬はあまり多くはないが、(0.1.1.4)と勝ち馬は無し。ただし好走したレッツゴードンキ、クロコスミアは後にG1でも好走。素質を図るうえではサンプルになりそう。なお、当レースは距離短縮組が(3.1.2.15)と好成績。
新馬戦2着、未勝利戦2着と来て前走の未勝利戦で勝利。前走未勝利組は(4.1.3.16)と好成績だが、未勝利組のキャリアは2戦目だと(4.1.3.10)で3戦目以上は(0.0.0.6)。つまり未勝利戦は1戦で突破する必要があり、2戦を要してしまうと好走率は一気に下がる。勝ちきれないのはネック。
新馬戦2着も、続く未勝利戦は重馬場もあり6着に敗戦。3戦目となる前走の未勝利戦で勝利を収めた。まだこの時期の重賞という事もあり、過去8回の当レースでも前走未勝利組の成績は(4.1.3.16)と好成績。使ってきた組よりも上がり馬の方が狙える。ただし未勝利組でもキャリア3戦だと(0.0.0.4)。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。