IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月17日(土)

11R

2020年10月17日(土) | 4回東京3日 | 15:45発走

第68回アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)

芝・左 1800m | 天気:雨 | 馬場:重 | 3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 | レコードが出たレース

前走の京成杯AHではゲート入りを嫌がる仕草。そのため中間はゲート練習が中心になってしまったが、渡辺師の「最終追い切りはしっかりと」との言葉通り、栗東坂路でラスト1ハロン12.3秒の好時計を記録している。ヴィクトリアMでも6着に善戦。末脚を活かすタイプなので、距離が1ハロン延びるのも良さそうだ。
3歳以降、好走したチューリップ賞とローズSはともに休み明け。間隔を明けた方が実力を発揮できるタイプで、猿橋助手も「休み明けでも馬の調子は良好」と語っている。前走ヴィクトリアMからの参戦は過去10回の当レースで(0.0.2.10)と結果が出ていないが、同馬においてはその心配もなさそうだ。
今年に入って中山牝馬S、福島牝馬Sと連勝。しかし勢いを持って挑んだクイーンSでは6着に敗れた。西村師は前走の敗因を「ペースが合わなかった」と分析。前走クイーンS組は当レースで(3.3.2.23)。ただし好走馬のうち上がり2位以内が(2.1.1.5)を占める。東京での切れ味勝負では分が悪そうだが。
近走重賞では結果が出なかったが、オープン特別に出走した前走は貫禄の勝利。当レースは前走オープン特別組でも(2.1.0.7)とむしろ重賞組よりも優勢。使ってきている順調さが結果に表れている。特にオープン特別連対だと(2.1.0.1)と抜群。栗東坂路での最終追い切りの動きも良く、状態の良さで上回りたい。
4戦無敗でオークスを制したが、その後脚部不安などもありエリザベス女王杯3着。今年はヴィクトリアMで7着に敗戦し、鳴尾記念でも2着に敗れた。最終追い切りはかなり軽めだったが、安藤助手は「だいぶいい頃に戻ってきています」とコメント。実績はメンバー最上位の存在で、あとはその実力が発揮できるか。
当レースで最多の勝利数を記録しているのは前走クイーンS組で(3.3.2.23)。その中でも上がり2位以内に限定すると(2.1.1.5)と好成績。直線の短い札幌から東京へのコース替わりが好結果に繋がっていると言えるだろう。今年、これに該当するのは同馬のみ。フローラS、東京新聞杯好走の東京で巻き返し。
関屋記念2着、京成杯AH1着でサマーマイルシリーズを制覇。同馬はとにかく夏場に強くここまで7〜9月は(5.1.0.2)の好成績。一方、10〜12月になると(0.1.0.2)。今週の最終追い切りは栗東坂路でタイムも夏場より掛かっていた。だいぶ涼しくなって体調もおそらく下降線か。今回は割り引きたい。
前走のクイーンSは9着も外々の競馬となってしまい、また直線の短いコースも向かなかった。武豊騎手は「このクラスでも通用すると思います」とレース後に語っており、今回は2走前に勝利した舞台。デビュー時から馬体重は20kg増え、松田師も「背腰に力がついて安定してきた」とコメントしており改めて見直し。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。