競馬 - 優駿牝馬 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年5月24日(日)

11R

2020年5月24日(日) | 2回東京10日 | 15:40発走

第81回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

キャリア1戦で挑んだスイートピーSは4コーナー13番手から上がり最速となる32.5秒の末脚で差し切りオークスの切符を掴んだ。D.レーン騎手は「折り合いが付きやすく直線もしっかり伸びてくれました。2400mでも走れると思います」とコメント。フランスオークス馬を母に持つ超良血馬が史上最少キャリアでのオークス制覇に挑む。
桜花賞は道中で挟まれる不利を受けたものの直線は最内から盛り返して4着。M.デムーロ騎手は「良い脚を使いましたがまだ幼い面があり恐る恐る走るところがあり、もったいなかったです」とコメントした。勝ち味に遅い面はあるものの、安定して走るのが強み。無観客競馬でもイレ込む面があるので当日の落ち着きがカギとなる。
キャリア1戦で挑んだフラワーCは2番手から抜け出して押し切った。重賞初制覇となった藤井勘一郎騎手は「キャリアが浅く道中はフワフワする面がありましたがかえって折り合いもついて最後まで粘ることができました。」と振り返った。前走後は桜花賞をパスしてここへ直行。中間はCWで良い動きを見せており、仕上がりは順調。
重馬場の桜花賞を上がり最速の末脚で差し切り勝利。松山弘平騎手は「最後は良い脚を使えると信じてリズムを重視して乗り、馬が応えてくれました。」と振り返り、今回に関しては「イレ込む面を克服できれば距離も大丈夫」とコメントしている。中間の調整過程に杉山晴紀師も満足げ。平常心でレースを迎えられれば二冠も十分。
フローラSはクビ差2着。D.レーン騎手は「道中で少し行きたがった分、最後に伸びを欠いてしまいました」と悔やんだ。最終追い切りは同厩の先輩ザダルに胸を借り好内容。大竹正博師は前走からの上積みを強調している。デビュー当初から中距離を歩んだ点には好感が持てるが、鞍上がギリギリまで決まらなかった点は不安材料。
桜花賞は1.2秒差10着ながら川田将雅騎手は「走りたい気持ちを維持しつつレースを迎えることができ、雰囲気そのものは良かったです」と前向きに振り返った。1週前までにCWで本追い切りを済ませて今週は感触を確かめる程度だったが陣営は状態面に自信を持っている様子。四肢が長くマイルよりも中距離以上が向きそう。
忘れな草賞で3勝目を挙げ、M.デムーロ騎手は「渋った馬場は上手で、直線まで良い手応えで迎えて瞬発力を見せてくれました」とコメントしている。最終追い切りは坂路で4F53.7秒-1F12.6秒をマークして動きも上々。同ステップは過去10年で勝ち馬を3頭輩出した好ステップ。輸送を経験している強みもあるが高速馬場がどうか。
桜花賞は果敢に逃げて3着に粘り力を見せた。今回は南Wコースで最終追い切りを行いラスト1Fは12.0秒と良い反応。柴田大知騎手は「1週前に負荷をかけたので最終追い切りは折り合いを重視しました。フォームも大きくなり成長を感じます」としつつ、今回も積極策を示唆している。血統的には距離延長が課題となる。
桜花賞は14着と大敗。石川裕紀人騎手は「馬場が悪く追走に手一杯になってしまった」と振り返った。最終追い切りは同厩のウインマリリン・マルターズディオサと併せて少し遅れたが、陣営の評価は上々。馬体も回復しており素質も期待されている。調教後の馬体重406キロを東京への輸送でキープできるかがカギ。
桜花賞は0.8秒差5着。鞍上も陣営も馬場を第一の敗因に挙げていた。今回は1週前に新コンビを組む武豊騎手が感触を確かめ「2000mをクリアしているし距離延長は良い方に出そう」とコメント。最終追い切りは坂路でラスト2Fを伸ばし12.9秒-12.2秒と軽快。重賞勝ちのある東京、距離延長と馬場の他にも変われる材料が揃う。
2月のゆりかもめ賞で2勝目を挙げると桜花賞に向けて無理をせずに忘れな草賞で賞金加算を目論んだ。3着に終わった敗因について福永祐一騎手は「この馬場で最後も走りにくそうでした」と振り返っている。メンバー中で唯一、この距離・舞台の経験がある点は強み。藤原英昭師も「能力は引けを取らない」と色気を見せる。
桜花賞は後方のまま見せ場なく12着。デビュー以来、初めて連対を外したが陣営は馬場を敗因に挙げている。最終追い切りを終えて国枝栄師は「時計も動きも良かった。東京では良い脚を使えているので良馬場でキレ味を生かしたい」とコメント。母系はマイル前後の活躍馬が多いが折り合いには不安がなく距離はこなせても。
16着に終わった桜花賞は「重馬場で3コーナーから手応えが怪しくなった」と藤岡康太騎手。中間は疲労回復に専念し、西浦勝一師も「最終追い切りは想定より時計が速くなったが動きは良い。状態は良くなっている」とコメント。結果的に3連敗となったが左回りは2戦2勝。折り合いがスムーズなら一発あっても。
アネモネS2着から挑んだ桜花賞は1.0秒差7着。藤井勘一郎騎手は「ノメって走りにくそうでしたが、最後までよく頑張ってくれました」と労った。清水久詞師は「疲れは取れているしラストの脚は確実な馬。距離も延びた方が良い」と前向き。関東輸送を経験した強みもあり、流れ次第では掲示板内に駆けても驚けず。
桜花賞は後方からジリジリと伸びて11着。最終追い切りを終えて小笠倫弘師は「折り合いを重視しつつラストの反応も良かったです。左回りに変わるのはプラスだと考えています」としている。東京は初勝利の舞台で4着に敗れた赤松賞も僅差。ただし、相手強化のこの2戦では見せ場がなく、スムーズな競馬でどこまで。
フローラSでは連勝で人馬ともに重賞初制覇。横山武史騎手は「前の良い位置を走らせることが出来て東京でもしっかり走れました。指示に素直なので距離も大丈夫」としている。騎乗停止による乗り替わりも横山典弘騎手ならマイナスとはならない。中間はカイバもしっかり食べて中3週でもしっかり負荷をかけられた。
桜花賞は3番手から強気の競馬を見せるも8着。最終追い切りは同厩3頭出しの3頭併せで先行して粘る走り。手塚貴久師は「1週前の時点で桜花賞の時と変わらない状態に持ってこられた」としており状態面は不安なく反撃態勢だが「内枠が欲しかった」というのが本音のようだ。実績は十分だが距離延長が歓迎というタイプではない。
桜花賞を終えてC.ルメール騎手は「馬場が堪えてラスト100mで脚が上がってしまいました。良馬場なら…」と振り返った。今週の追い切りを終えて藤沢和雄師は「コーナーで加速して楽に先行馬に追い付けている。馬なりでも良い動きだし綺麗な馬場なら結果は違う」としている。人気落ちでも舞台・馬場替わりで侮れない。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。