IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年5月17日(日)

11R

2020年5月17日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第15回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 | レコードが出たレース

ドバイは遠征後に開催中止で帰国。直後にここを目標に切り替えての参戦となる。体質に難があり順調に使えず、矢作芳人師は「良い状態で使えたのはオークスくらい」と語る。それでいてこの戦歴である。慎重に使われてきただけに出走=状態面の不安はないと考えていい馬。久々のマイルに対応できるかがカギ。
年明けの2戦は京都牝馬S5着、阪神牝馬S4着と歯がゆい内容ながら友道康夫師は「馬が大人になって3歳時より大幅に良化している」と語る。東京についても「オークスは距離が敗因で、1600m重賞では2着が2回あり良いイメージを持っています」とした。鞍上もこの舞台のG1に実績が豊富で不気味さのある一頭。
阪神牝馬Sは12着ながら0.8秒差。斎藤誠師は「パワーアップした結果、右にモタれる癖が強くなってしまった」とした。中間はハミを替えてフォームの改善に余念がなく、東京新聞杯2着と同じ舞台となる今回に向けて師は「左回りなら全く問題なく力を出せる」と語った。人気落ちは必至ながら変われる余地のある不気味な一頭。
阪神牝馬Sは4番人気ながら16着に大敗。M.デムーロ騎手は「スタートは出てくれましたが気難しいです。直線では耳を絞って手応えほど伸びませんでした」と気性面の課題を指摘した。中間はゲート再審査に合格し、今回は主戦に手が戻る。この馬なりの状態ではあるものの陣営はオークス以来の東京遠征も課題に挙げている。
昨秋は不振に終わったものの東京新聞杯を勝利。0.5秒差5着に敗れたダービー卿CT後にM.デムーロ騎手は、風が強かった割に乾かなかった馬場を敗因に挙げている。前走は56K(牡馬換算58K)のハンデも堪えたか。陣営は「左回りの1600mはベストの条件ですし、持ち時計もあるので高速馬場も歓迎」と期待を寄せる。
武庫川Sを勝ち再度オープンクラスに復帰。騎乗した浜中俊騎手は「終いを生かして欲しいという指示で、折り合いもスムーズに直線では進路も開いて狙い通りでした」とコメント。加藤征弘師は「今季は驚くほど状態が良く充実しています。出走が叶ったのでデキの良さを生かして欲しい」と強敵相手にも望みを持つ。
秋華賞(8着)以来となった阪神牝馬Sは0.4秒差5着。中内田充正師は「成長分と見ていたが最後に伸びを欠いたのは少し太かったからかもしれません」と振り返る。厩舎スタッフも「前走後の回復は早く、使った上積みは十分に見込めますし1600mは最も実績のある距離」と強気。この舞台での連対経験もあり見限れない存在。
阪神牝馬Sは11番人気の低評価ながら積極策で見せ場を作り0.3秒差3着に好走。松田大作騎手は「良い形で運べて最後もよく踏ん張っただけに惜しかった」とコメントした。ただし、この中間は1週前に坂路で4F56.0秒-1F12.3秒の追い切り後に時計を出しておらず今週は追い切りをしていないのが気掛かり。状態面は?
1戦1勝で挑んだフローラSで1番人気に支持された素質馬が2勝クラス・3勝クラスを連勝。難波Sに騎乗したM.デムーロ騎手は「上手く息を入れられて良い展開でした。折り合えばオープンでもやれると思います」とコメント。一気に相手も強くなるが陣営は「スピードのある馬が相手の方が競馬しやすいはず」と前向き。
母は08年にウオッカを破って優勝。重賞初挑戦となった阪神牝馬Sは0.8秒差11着に敗れたが陣営は「2戦続けて1200mを使った後だったが折り合いはついていたし大きくバテていませんでした。昇級としては悪くない内容」と振り返った。血統・厩舎・勝負服などプロフィールはドラマチックだが今回はさらに相手強化で。
4走前の中日新聞杯で牡馬相手に重賞初制覇。近3走は見せ場を作れていないが、矢作芳人師は「本番を前に1600mの流れを経験できたのはプラスだし、東京でも展開が向けばと思っています」としている。最終追い切りは坂路で4F53.5秒-1F12.7秒。2週続けて軽快な動きを見せており、この馬なりに態勢は整っている。
G1を6勝、説明不要の女傑。ドバイの開催中止でレースをしないまま帰国となったが、直後に発表された安田記念での復帰予定を早めてここへ。国枝栄師は「昨年の安田記念はスタート後の不利がすべて。スムーズならマイルでも問題ないし、状態にも不安はない」としている。安田記念の走破タイムから超高速決着にも対応可能。
昨秋は京成杯AHで日本レコードを更新。ただし、その後の2戦が16着・15着と振るわない。安田隆行師は「太かったにしても出脚が今一歩で最後はバッタリと残念でした」と阪神牝馬Sを振り返った。中間は在厩調整だが「イライラする面があり落ち着きが欲しい」と不安材料を挙げている。復調へのきっかけを掴みたい。
有馬記念以来の競馬となった阪神牝馬Sは上がり最速となる33.4秒の脚で2着。7戦続けて手綱をとった岩田康誠騎手は「16kg増でも馬は良くなっていました。次に向けてさらに良くなりそうです」とコメント。高橋亮師も「馬が丈夫になりカイ食いも落ちないし、しっかり負荷もかけられている」と自信をのぞかせている。
京都牝馬Sは最下位17着に敗れたが、当時は連続開催の最終週に加えて重馬場。陣営は「馬場の一番悪いところを通らされて力を出せずに終わってしまいました」と振り返る。1600mは【2・1・3・1】、東京【2・1・1・0】と得意の条件。レース巧者で距離も得意条件。相手は強いが枠順や展開に恵まれれば激走があっても驚けない。
高松宮記念は15着と大敗。萩原清師は「道悪の影響もあってか思った以上に1200mの流れに乗れなかった」と振り返った。レース後は放牧を挟んで4月下旬に帰厩。当週はモヤで計時不能だったが、師は「これなら昨年と変わりない状態で出走できる」と状態面には太鼓判。2戦2勝の得意舞台で巻き返しに向けて虎視眈々。
16着に敗れた中山牝馬Sについて陣営は「不良馬場になり、前にも行けず全く能力を発揮出来ませんでした」と振り返る。当日は突如の大雪に見舞われた影響があり度外視は可能。1600m【2・1・0・0】では底を見せておらず、速い時計に対応する下地も持っている。兄姉にも2頭の東京重賞勝ち馬がおり、良馬場なら巻き返せても。
重賞3連勝を決めた阪神牝馬S後に松山弘平騎手は「良い位置で流れに乗り、強敵相手でも強い競馬ができましたし阪神でも結果を出せたのが心強いですね。東京でも大丈夫だと思います」とコメント。安達昭夫師も「余裕残しの仕上げで結果を出せたのは大きい」としていた。前走からの上積みもありそうで期待は大きい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。