IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年4月26日(日)

11R

2020年4月26日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第55回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

兄姉にはフラガラッハ(中京記念連覇)を筆頭に活躍馬が多数。デビュー戦は3着に敗れたものの2戦目(阪神芝1800m)で勝ち上がり。当時の4着馬はアザレア賞勝ちのフライライクバード。中間はノーザンFしがらきから4月2日に帰厩して坂路で乗り込み。最終追い切りは坂路で4F54.1秒こそ平凡ながらラストの伸びは上々。
クイーンCはロスなく立ち回る鞍上の好プレーがあってのものとは言え、0.1秒差の3着。差し馬台頭の流れの中で上がり3位をマークしており内容は上々だった。野中悠太�カ騎手は「今日は流れに乗れて勝ち馬の後ろからしぶとく伸びました。距離が延びても問題なさそうです」とコメント。前走の競馬をなぞれば食い込みも。
12月の新馬戦(中山芝2000m)を牡馬相手に勝ち上がり、2戦目こそ落としたもののミモザ賞を勝ってここへ。勝った前走後に横山武史騎手は「(雪で)スライドしたことで馬体が増えたせいか動きそのものは良くなかったが能力で勝ってくれた。距離は延びた方が良い」とコメント。牧場でも評判が高かった素質馬が軌道に乗ってきた。
新馬戦は小倉芝1800mでの勝利。3走前の千両賞では果敢にハナを奪って逃げ切った。その後のクイーンCは控える競馬で0.4秒差5着。チューリップ賞では見せ場なく敗れているが、自分の競馬ができれば侮れない。馬格があり距離はこなせそうなタイプで思い切った積極策なら侮れず。ただ、乗り替わりがどう出るか…。
デビューから3・1・4・5・4着と、掲示板を外していない堅実派。2走前はサトノフラッグから1.0秒差、前走はリリーピュアハートに0.4秒差に食い下がっている。2400mでもジリジリとしか伸びず一歩足りない点がどう出るか?という面はあるものの経験は豊富。内枠で上手く壁を作れば掲示板内も望めるかもしれない。
新馬戦(阪神芝1800m)は頭差2着に敗れたものの2戦目(京都芝1600m)できっちり勝ち上がり。間隔は空いているものの昆貢調教師は「帰厩当初は馬体が萎んでいたが調整していく過程で張りが出て来た。能力の高さに期待している」とコメント。忘れな草賞を見送り満を持しての東上。キャリアは浅いが虎視眈々。
札幌芝1800mのデビュー戦に続いて、東京芝2000mの百日草特別を連勝。そしてクイーンCでも4.3倍の3番人気に支持されたものの6着に敗れた。田辺騎手は「初のマイル戦で流れに乗れず、勝ち馬を目標に動いたら脚が上がってしまった」とコメント。短期放牧を挟んで適条件、名手を迎えて権利獲りに万全を期す。
新馬戦(中山芝2000m)は逃げて0.6秒差の完勝劇。前走は0.6秒差5着に敗れたものの、勝ち馬は皐月賞4着のウインカーネリアン。大野拓弥騎手は「気難しい馬ですが上手く立ち回ってくれました。ただ、荒れた馬場を少し苦にしてモタつきました」とコメント。開幕週の馬場になるのはプラス材料か。ただ、相手は強い。
新馬戦は押し出されるように逃げる競馬となったが持ったまま後続を突き放しルメール騎手もベタ褒め。京成杯も2番手から早めに先頭に立つ競馬となり、展開のアヤで勝ち馬に差されてしまったものの3着以下は2馬身半も離している。前走後はオークスを目指してこのレースに照準を合わせており仕上がりも順調。好勝負必至。
三代母ファビラスラフィンは秋華賞勝ち馬。新馬戦(中山芝1800m)は見せ場なく1.2秒差8着と敗れたが、重馬場の2戦目(中山芝2000m)で一変して勝ち上がり。早めに抜け出した上位人気馬を差し切っての内容は優秀だった。短期放牧を挟んでいるが乗り込みは豊富。相手強化と開幕週の高速馬場に対応できるかが課題。
祖母はエアグルーヴで全兄ランフォザローゼスは京成杯&青葉賞2着。フラワーCにヒューイットソン騎手は「ラスト50mで脚色が一緒になってしまいましたが、精神面が強くもっと良くなりますし将来性を感じます」とコメント。デビューから中距離を使われて来たようにオークスが目標。理想的なローテで好勝負可能。
デビュー2戦目で勝ち上がり、前走はリリーピュアハート(忘れな草賞3着)の2着。手綱をとったルメール騎手は「この馬も良い脚を使っているが勝った馬が強かった」とコメント。スローペースを中団追走、大外を回したのが響いた敗戦だった。未だ底を見せておらず、距離は問題ない。追い切りの動きも良く一発を狙う。
7月に新馬戦(中京芝1400m)を勝ち上がりききょうSでも3着と好走したものの2勝目が遠く4連敗中。ただし、2走前のフローラルウォーク賞(中京芝1600m)では0.1秒差4着と見せ場を作った。不器用さや他馬を気にする面はあるものの馬体は魅せるタイプで自分の競馬が出来れば末脚は堅実。枠順や展開次第で複勝圏も。
不良馬場の新馬戦(京都芝1600m)で勝ち上がり。果敢に2戦目で毎日杯に挑んだが1.2秒差の7着に敗れた。しかし和田竜二騎手は「現状でベストの競馬ができました、牝馬同士ならもっとやれるでしょう」とコメント。強気に挑戦してきたが、初戦の相手で勝ち上がったのは1頭のみ。初の東上で馬体の維持もカギ。
2勝目を挙げたセントポーリア賞(東京芝1800m)は10番人気・単勝99.4倍の人気薄だったが、2番手追走から抜け出して押し切る強い内容だった。前走は手応えこそあったものの直線半ばで馬体をぶつけられる不利があり意気消沈して後退。不運な競馬であり度外視できる。ムラ駆けタイプだけに思い切った先行策で変わり身も。
新馬戦(京都芝1800m)は若葉S勝ちのアドマイヤビルゴに0.1秒差の2着。間隔は空いたものの2走目(阪神芝1800m)を勝ち上がった。420キロ台の小柄な馬体ながら馬群を割る根性、レースセンスには光るものがある。ただし、休み明けの前走でも馬体を減らしており、今回は初の長距離輸送がカギとなりそう。
デビュー戦(東京芝1800m)は新馬戦らしいスローペースの中、中団やや後ろを進み、直線は前が壁になりながら大外に出すと一気の差し切り勝ち。内田博幸騎手は「距離が延びても良さそう」と手応えを語った。前走後すぐにオークストライアル直行が明言された素質馬だが、初戦で負かした相手はその後イマイチ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。