競馬 - 根岸ステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年2月2日(日)

11R

2020年2月2日(日) | 1回東京2日 | 15:45発走

第34回根岸ステークス(GIII)

ダート・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

テーオーヘリオスが海外製ならこちらは和製。自慢のスピードは使うごとに磨かれて、今となっては上がり34秒台の脚を使えるようになっている。前走後は放牧に出されて1月頭に帰厩し、いつも通り栗東坂路で調整。今週の追い切りでは、ラスト1Fは自身最速級の11秒台で走破。東京では実績はなくても、左回りは中京と新潟でつくった2勝があり不安はない。
8歳になっても二枚腰は健在。前走のすばるSは、中団待機で、後続のペースアップの目標となりストレスが掛かるレースとなった。それでも最後までしっかり脚を伸ばし2着を死守。ポイントとなった58Kも克服し、まだまだ衰えを感じさせない。東京コースは【0・0・0・3】と振るわず左回りもこの3戦のみ。左回りの克服がカギとなる。
デビューから5戦を芝の短距離でスピード性能を強化し、ダートに転向後は、そのスピードを活かして順当に勝ち上がる。転向当初はあと一歩詰め切れない脆さをみせていたが、一度の勝利で味を占めると一気に頭角を現し、重賞で2着に好走するほどの馬に成長した。東京ダートは【3・2・1・0】と盤石。距離は1600mまで行けるタイプで、先のG1を見据えた上で評価すれば、最も注目すべき馬といえる。
転厩の年となった昨年はオープン2勝の活躍。東京コースに的を絞ったこともその大きな要因と言えそうだ。武蔵野Sを制しその勢いのままチャンピオンズCに参戦するも距離とG1の高い壁に阻まれた。適距離は1400〜1600m。この距離レンジで合計7勝の実績はメンバートップクラスといえる。1週前と今週の追い切りも絶好調を示す内容。万全の仕上げで臨んできた。
昨年同様マーフィー騎手とコンビを組む。逃げから追込みまで、レースの性質や相手関係に応じた戦い方ができる器用なタイプ。昨年は好発から楽に中団にとりつき、3コーナー過ぎに進出を開始。一旦加速すると、そのスピードをゴールまで持続できる息の長い末脚が最大の武器。58Kの斤量は前走でクリアできている。不安材料は道悪のみとなった。
3歳春の時点で芝とダートの重賞を制し一気に3歳マイラーの主役に躍り出るも、その後の成長が今一つ。昨秋の地方重賞では地元馬に敗れ、次走のみやこSでは3番人気に支持されながら5着と期待に応えることができなかった。チャンピオンズCの走破タイムは限界点となる1分50秒前半。残り1Fの壁を乗り越えられずにいる。今回の距離短縮はプラスに働くはず。
全35戦がダートによるもので、そのうちの約7割で馬券圏内と、安定感においてはこの馬の右に出る者はいない。1400mの実績は【3・2・5・7】と連対率は3割弱。一方、1200mは【4・5・4・4】で53%となり、1400mの実績を大きく上回る。ここ最近は1400mで実績を積み上げている。ベースは1200mの馬でも、距離に融通が利くようになってきた今なら、この条件も克服してきそうだ。
3歳の春競馬終了時点で10戦を消化。当時はまだ緩いところはあったが、使いつつ腹構えが良くなり、トモのボリュームもアップ。体幹が強くなった分、腰つきも安定してきた。使い詰めでも馬体が減らないタフさと、重馬場の時計勝負に対応できるスピード性能が最大の売り。オープン初戦となった前走は展開のアヤ。スムーズなら結果は違っていたはず。
3年前のフェブラリーSで3着、根岸Sは17年に勝利し、18年は3着と、ダート短距離界をリードしてきた。昨秋、長期休養明けで臨んだながつきSは、59Kの斤量ながら5着に好走。それ以降は着順を上げることができずにいるが、タイムは詰まってきている。追い切りは坂路でテンから飛ばすスタイル。理想的な時計が出せるようになってきた。
かつてのマイルG1連対馬もすでに8歳。スピード性能は衰えて時計勝負に対応できなくなっているのは事実。しかしタフな条件ではまだまだ見限れない。昨春の栗東Sでは番手をとって厳しい流れを持ち前の二枚腰で粘り込み勝利。次走の北海道スプリントC(Jpn3)では、勝ちきれずも実績馬を押しのけて馬券圏内を確保。闘争心はまだ衰えていない。
デビューから20戦目にしてダート戦に初挑戦。年々高速になる芝の時計勝負に対応できなくなり、少し馬場が緩んだ状態が走りやすくなっている現状を考えると、このダート転戦は好転のきっかけとなる可能性はある。しかし、フランケル産駒がダートで活躍した例はまだない。本馬は弾むように駆ける生粋の芝馬。ダートで求められる掻き込む走りが実現できるかどうか。
捌きが硬く馬体はコンパクトにまとまったタイプ。見た目は1200m体形で実績的にもそうだが、近走は1400mで勝ち上がっており、オープンに昇級してからも使うごとに着差を詰めてきている。今週の追い切りも及第点。東京コースで実績がないのは不安材料も、中京で2勝の実績があることから、左回りが問題ということではなさそう。
前走は久々の1200m戦。短距離区分では3勝の実績があり、方向性としてはそれが自然。楽々と2番手集団に取り付き、余裕のある追走から、残り100mで粘る逃げ馬を捉えると、後続の追撃を振り切って力強くゴール板を駆け抜けた。距離は1200〜1400mがベストということが前走で証明された。ようやく本格化した姿がみられそうだ。
ダートは29戦し2勝のみ。その半分が1400m戦によるもので、馬券に絡んだのは1勝2着2回の計3度だけ。特に強調すべき点は見当たらず、昨年1月に人気薄で3着に好走し、次走のバレンタインS(東京ダ1400m)を勝利したときが競走人生のピーク。それ以降の着順は掲示板に載るのがやっと。難しい展開となった前走でも、決め手の差は明らかだった。
3歳時は期待されながらも結果を残せず出世が遅れたが、6歳秋になりようやく本格化。重賞で人気を背負う立場となった。前走のすばるSは、3コーナーで動き出しやすい流れとなって、先団への取り付きが楽になったこともあるが、外々を追走していながらも直線で見せた末脚にはまだ余裕があり、距離適性の高さを感じさせる内容だった。東京コースは9戦3勝の実績。
父ジャイアンツコーズウェイ、母父ゴーンウエストは、生粋の米スピード血統。東京コースを数多く使われながらも根岸Sへの参戦は今回が初めて。東京ダートは【1・1・1・5】と、数字の並びだけを見れば優秀とは言えないが、1400mに限定すると、敗戦時でもタイム差は0.2秒以内と大負けしていない。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。