IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年6月21日(日)

11R

2020年6月21日(日) | 1回函館4日 | 15:25発走

第27回函館スプリントステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

昨夏の札幌で1勝クラス・2勝クラスを連勝。ただしその後は3勝クラスで5連敗中。今回は格上挑戦となる。今回の追い切り後に厩舎スタッフは「馬体が絞れてきて思っていたより良い動きを見せており順調です」と語った。滞在競馬が合う様子だが札幌【2・0・0・0】に対して函館【0・0・0・2】。相手も強力で静観が妥当か。
昇級初戦の前走もタイム差なしの2着。今回は美浦で仕上げてから12日に函館に入った。大野拓弥騎手は「順調に来ています。決め手ではこの相手にも劣らないはずですし時計が速くなっても対応できるので上手く立ち回りたいです」と語っている。1200mでは【3・1・1・1】と底を見せておらずここでも力は足りる。
鞍馬Sは0.1秒差3着。坂井瑠星騎手は「流れも速くなりイメージ通りの競馬が出来ましたが休み明けの分か最後は同じ脚色になってしまいました」とコメント。コンビ継続の今回、追い切りを終えて同騎手は「大きな変わり身はないですが重苦しさもなくイメージ通りの走りでした」としている。今回は小回りで展開がどうか。
前走後に丸山元気騎手は「抜け出してフワっとする面がありましたがここでは力が違いました」と語った。今回も手綱をとる同騎手は追い切りを終えて「大人しい馬ですが今日はうなるような走り。メリハリがきいていて良いですね。あとは1200mの流れについていければ」と期待を寄せる。状態面は問題なさそうだ。
高松宮記念は8着ながら0.4秒差。国分優作騎手は「直線に向いた時は(上位も)あるかと思ったほどの手応えでした」と語った。追い切り後に厩舎スタッフは「予定より時計が速くなりましたが無理はしておらず良い動きでした」と前向き。5年前の勝ち馬はもう10歳だがこの馬なりに良い状態にはある様子。
初の1200m戦となった高松宮記念は4位入線3着。敗因が不利であることは明確だった。今回に向けて厩舎スタッフは「以前より後肢がしっかりしてきてスタートも安定してきたので今なら小回りも1200mも大丈夫です」と強気。追い切りも芝コースで軽快な動きを見せた。サマースプリントシリーズ制覇に向けて落とせない。
レースのなかったドバイ遠征からの帰国初戦。古川吉洋騎手は「休み明けでも気持ちは入っているし仕上がっているので強い負荷はいらないです」と軽めに留めた最終追い切りについて語った。昆貢師は「札幌の走りから洋芝適性は高いですし、ダイアトニックと2キロ差のここはチャンス」と逆転に期待を寄せる。
高松宮記念は後方から追い込んで上がり最速の5着。藤岡佑介騎手は「出遅れたので脚を溜めるレースをしました。初のG1で内容のあるレースが出来ました」と振り返った。追い切りを終えて同騎手は「栗東坂路と比べると動きは案外ですが、このひと追いで変わってきそう。気持ちが入れば」。あとは小回りで脚質がどうか。
マイラーズCは右前肢のハ行で競走除外となったがその後は問題無く立て直されている。自ら追い切りに跨がった藤岡康太騎手は「感触を確かめる程度ですが先週よりも良くなっています。初距離ですが対応できるスピードはあると思うのでスタート次第」と課題を語った。大型馬ながら休み明けも問題ないタイプ。
UHB杯から連闘。前走で騎乗した池添謙一騎手は「ゲートも出て良い位置で運べました。ペースは速かったですがついて行けて、堂々の勝ちっぷりでした」と振り返った。厩舎スタッフは「レース後の雰囲気も良いですしカイバも食べて疲れは見られません」としている。函館【3・1・0・0】のコース巧者、重賞でも侮れない。
バーデンバーデンCで騎乗した鮫島克駿騎手は「馬場、展開、枠順と全てが噛み合いました。以前に乗せてもらった時より差す競馬が板について良い脚を使ってくれました」と振り返った。追い切りに騎乗した丹内祐次騎手は「落ち着いているし動きも反応も良かったです。ハマれば一発を狙えるかもしれません」と虎視眈々。
オーシャンS後に城戸義政騎手は「状態がかなり良く、立ち回りも上手く行きました」と振り返った。間隔は空いたが早めの函館入り。厩舎スタッフは「先週の追い切り後は気持ちが乗っていましたが、今日はうまく気が抜けてちょうど良い走りでした」と語った。休み明けは苦にしないタイプ。枠順・展開次第では食い込みも。
小野次郎師は「芝でどうか?という面はあるが揉まれずにレースが出来そうなメンバーになったし追い切りの動きも良かったです。色気を持って挑みますよ」と語っている。近走はダートが中心だが2歳時には福島2歳S2着の実績も。ただし、例年より速いタイムの出る今年の芝ではひと雨ないと苦しいか。
追い切りを終えて厩舎スタッフは「状態は良い意味で変わりないです。力の要る馬場は得意なので洋芝も苦にしないかもしれないです」と語った。新馬勝ちこそ1200mだったが【1・0・0・16】となっており、2走目以降、馬券に絡んだのは新潟芝1000mのみという直線巧者。相手関係も厳しくどこまで。
久々にダート戦を使った前走は1.7秒差15着の大敗。今回は再び芝で立て直しを図る。追い切りを終えて池添兼雄師は「喉も鳴っていないようだしこの馬なりの状態。今回は舌を縛らないで挑んでみる」と語った。阪神Cは2着だったフィアーノロマーノとタイム差なしの3着。初の1200mに対応できれば一発も。
ダートでの勝利を挙げた菱田裕二騎手に手が戻る今回、自ら追い切りに跨がった鞍上は「暑さに弱い馬なので涼しい環境で追い切れたのは良かったです。この馬なりに良い動きをしました」と語った。昨年は少頭数ながら7.4倍の4番人気で0.3秒差4着。ダートを使って前向きさもあり不気味さはある。課題は高速馬場か。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。