IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年8月23日(日)

11R

2020年8月23日(日) | 2回札幌4日 | 15:45発走

第56回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

最終追い切りを終え萩原師は「変わりはなく順調。ここ2戦はいい競馬だったと思う」とコメント。「距離を延ばしてどんな競馬をしてくれるか」と課題を挙げ、実績のある1600mから2Fの延長がカギに。とはいえ2000mの紫苑Sを勝利し、エリザベス女王杯も5着とこの距離でも実績はあり割り引く必要もない。
当レースは昨年5着。ブラストワンピースらレベルの高いメンバー相手に善戦している。最終追い切りでも騎乗した大野騎手は「先週もやってピリッとしてきた。去年も走っているし、コース自体は問題ない。」と語る。年齢的に衰えもあるが今年はメンバーも昨年より薄く、立ち回り一つで十分チャンスはあっていい。
前走は馬場悪化に加えてハイペースの厳しい展開となった宝塚記念。2.8秒差とはいえ7着は立派で、小野師も「厳しい流れの中で頑張った」と振り返った。調教を終え「良かった。いい感じでレースに向かえると思う。札幌は合っているし、楽しみ」とトーンは明るい。直線の短い札幌で先行力が活きる。
前走の阪神大賞典から約5か月ぶり。そのため宮内助手も「ある程度の負荷をかけて、動きは良かったと思う」としっかり乗り込んだことを強調。過去10年で7歳以上の勝利は無く、馬券圏内という点でも厳しい戦いだが、「北海道ではコンスタントに走っていて、舞台は合っている。年齢的な衰えも感じない」と続ける。
過去10年で9歳馬の参戦は無し。それだけ好メンバーが揃う当レースで高齢馬の参戦は敷居が高い。「前走でハートの強さを感じました。函館記念を勝っているように洋芝適性があるし、相手は強くなるけど頑張ります」と川島騎手は語る。17年の函館記念覇者が洋芝コースで再び輝きを取り戻せるか。
宝塚記念は6着に敗戦も、騎乗したM.デムーロ騎手は「最後は馬場を気にしていました」と敗因に馬場状態を挙げる。それだけに力のいる洋芝は気になるところだが、丸内助手は「1回もノメッていなかったし、洋芝の不安もないでしょう」と不安はない。「香港遠征がこの馬をさらに強くした。完成している」と自信。
ダービーではコントレイルに0.9秒差の7着。サリオスとは0.4秒差と大きく負けていない。レースでも騎乗する石川騎手は「先週ビシッとやったので馬なりで。いい内容だったと思う。具合は文句なしです」と語る。過去10年、3歳馬の好走はハープスター、レインボーラインの2頭だけ。厳しい状況ではあるが。
前走騎乗した藤岡佑騎手は「前が開けてきた時に、スパッと伸びてくることができれば、勝ち負けだったと思います。もう一押しでした」と重賞でも通用する手応えを口に。中間は一度放牧に出ており、「10日競馬も、牧場で乗り込んでいるのでいたって順調にきている」と齊藤助手も語るように仕上りも万全。
池上助手は「しまい重点で時計も予定通り。やりたいことはできた。ジョッキーも感触をつかんでくれた。格上挑戦なのでうまく回ってきてほしい」とコメント。過去10年で格上挑戦は9頭が参戦して3着内は0。やはり有力馬も多く揃う当レースでは通用していない点は気になる。ましてや前走2着では厳しいか。
札幌芝コースでは3戦3勝。兄に重馬場巧者サトノクラウンがいる血統で力のいる洋芝を得意としている。齊籐助手は「前走後は馬体回復を中心に、状態を維持することに重点を置いて調整してきました。けさはオーバーワークにならないように。日に日に元気の良さが出てきています」と上昇気流で初重賞制覇へ。
15番人気で前走函館記念を勝利。2歳時にはホープフルSでも2着した実力馬が再び輝きを取り戻した要因は馬具によるもの。パシュファイアーという目をネットで覆ったもので、視界を遮る事により走りに集中させる効果がある。須貝師は今回も使用することを明言。前走がフロックじゃないことを証明する。
休みなくコンスタントに使われているが、山田騎手は「具合は良さそうです。滞在が合っているというのが一番ですね。使って前回より良くなっています」と引き続き状態の良さをアピール。馬体重もデビューから20kgほど増加。前走の函館記念も負けて強しの内容でスンナリいければここでも通用。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。