競馬 - 北海道新聞杯クイーンステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年8月2日(日)

11R

2020年8月2日(日) | 1回札幌4日 | 15:35発走

第68回北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 | レコードが出たレース

マーメイドSは好位追走から良い手応えで直線に向いたものの0.7秒差8着。北村友一騎手は「スムーズな競馬でしたが前の馬が軽ハンデだったので…」と振り返った。今回は2週前に栗東坂路で追った後に輸送。厩舎スタッフは「札幌に入ってからも落ち着きがありますし具合は良いです。この距離も合うでしょう」と語っている。
担当厩舎スタッフはこの馬について「毎日跨る僕でも信頼関係を築くのに時間の掛かる馬なので(テン乗りの前走は厳しかったし)主戦に手が戻るのは心強いです」と語っている。高橋亮調教師は「前走後は短期放牧を挟んで栗東での調整。2着に好走した昨年とほぼ同じパターンで順調に仕上がっています」と手応えを語っている。
マーメイドSは0.4秒差4着。藤田菜七子騎手は「いつも通りゲートを出て自分のリズムで運べました。良い仕上がりだったので最後まで踏ん張ってくれています」と語った。札幌入り後の今回は最終追い切りにも騎乗。「やれば反応してくれそうな手応えがありましたし変わらず順調に来ている印象です」。オーナーも初重賞制覇に力が入る。
マレーシアCを逃げ切り勝ち。西村淳也騎手は「気性の激しい馬ですが今日はさほど掛からず気分良く運べました。馬場も味方になったかもしれません」と語った。中2週と短い間隔で札幌への輸送だが厩舎スタッフは「見たところ問題なく雰囲気も良いです。洋芝の小回り1800mという条件は合うはずなので自分の競馬ができれば」としている。
福島牝馬Sは先行して好位内を追走したものの直線では踏ん張れず11着。今回は21日(火)に栗東坂路で4F53.2秒-1F11.8秒の好タイムを出した後に輸送。札幌に入っての今週は軽めに留めているが、態勢は整っている。厩舎スタッフは「夏場が良い馬で前走までとは筋肉の張りが変わってきています」と状態アップに手応えを得ている様子。
巴賞3着について厩舎スタッフは「勝ち馬と比べて馬場の悪いところを通ったので」とトーンは低くない。3歳時から4年連続の北海道滞在。輸送で馬体を減らしてしまうので滞在競馬が合うタイプで今年も中間の調整過程は順調。芝コースでの最終追い切りを終えて藤岡康太騎手も「使ってコンディションは良くなっています」と前向き。
ヴィクトリアマイルは1.8秒差14着の大敗。武豊騎手は「スタートは良かったが主張する馬がいたので2番手から。この馬にはペースが忙しかったです」と振り返った。短期放牧を挟んで7月10日に札幌へ入厩。追い切りに跨ったC.ルメール騎手は「リラックスして良い動きでした。トップコンディションに近いです」と心身の充実を語った。
厩舎スタッフも「本格化してきました」と語る通りに春には重賞を連勝。その後はリフレッシュ放牧を挟んでここを目標に函館に入って調整。1週前追い切りを済ませてから札幌競馬場に入っている。6年ぶりに札幌で騎乗する和田竜二騎手も追い切りに跨るべく早めの札幌入り。「洋芝をしっかり捉えた走りで良い仕上がりです」とご満悦の様子。
ヴィクトリアマイル9着について福永祐一騎手は「ゲートが開く前に少し暴れてしまいました。スタートがすべてです」と振り返った。中間はノーザンF天栄での短期放牧を経て直接札幌競馬場に入厩。最終追い切りに跨った厩舎スタッフは「トモをしっかり使えて先週よりバランスの良い動きが出来ました。パワーもあって洋芝は合いそうです」。
「マーメイドS(11着)当時はカイ食いが細くなっていたのが敗因かもしれない」と厩舎スタッフは語る。今回は全3勝と福島牝馬S2着当時と同じ丹内祐次騎手とのコンビが復活。追い切りにも跨った同騎手は「洋芝は合うし昨年の札幌でも強い競馬をしています。1週前にビシっとやったので今週は軽めですが良いフットワークでした」。
福島牝馬Sは果敢に逃げるも4コーナーを待たずに後続に捕まってしまい2.9秒差の最下位負け。大敗は逃げ馬の宿命だがオープン昇級後はいずれも厳しい競馬が続いている。最終追い切りを終えて厩舎スタッフは「札幌に来てからも落ち着きがあって雰囲気は良いです。自分の競馬でどこまで頑張るか」と語っている。同型多く楽ではなさそう。
京都金杯は1.0秒差9着。和田竜二騎手は「手応えはあったが緩い馬場が得意ではないかも」と振り返っていた。半年ぶりとなる今回に向けて厩舎スタッフは「慌てずに態勢を立て直してきました。ディープ産駒ですが母の血が色濃く出ているタイプで力の要る洋芝は合うと思います」。府中牝馬Sの内容から本調子なら差はない。
昨秋に京都で2勝目を挙げるとそこから3戦でさらに2勝を挙げてオープン入り。松田国英調教師は「馬もガラっと変わり、松山騎手が前に行く競馬を教えてくれてから成績が向上してきました」と語っている。最終追い切りに跨った武豊騎手も「単走で馬なりですが伸び伸びと走れて動きも良かったです」。リフレッシュして好仕上がり。
馬場状態は全く異なるが2走続けて中団以下では勝負に参加できないレースになってしまい、大敗が続いている。今回は短期放牧から直接の札幌入り。厩舎スタッフは「久々に馬が自分からハミを取る張り切りぶりで良い動きでした。札幌の水が合っているようです」と語っている。26日に50歳の誕生日を迎えた内田博幸騎手も力が入る。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。