IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年9月28日(土)

11R

2019年9月28日(土) | 4回阪神8日 | 15:35発走

第23回シリウスステークス(GIII)

ダート・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) ハンデ | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 | レコードが出たレース

3か月半振りのBSN賞(新潟・OP・56キロ・ダート1800メートル・稍重)は14キロ増でも太目感はナシ。先団グループの後ろに付け、直線は外目に持ち出す。しかし、伸びは案外で勝ったアイファーイチオーから0.6秒差の7着。近3走が精彩を欠くレース内容。8歳という年齢から一変は考えにくく、ここは見送りが賢明かもしれない。
半年振りで初のダート戦になったエルムS(札幌・GIII・ダート1700メートル・稍重)は逃げたリアンヴェリテの4番手。勝負所で離され気味なったが、最後まで大きくバテること無く粘り、勝ったモズアトラクションから0.5秒差の6着と踏ん張る。超ハイペースを追走してのモノだけに「ダート適性はある」(関係者談)という言葉は頷ける。ホープフルS(GI)1着、菊花賞6着、中山金杯5着と芝でも実績がある馬。ダートも2戦目なら更なる前進が期待できそうだ。
長期休養明けを一叩きして臨んだ丹頂S(札幌・OP・54キロ・芝2600メートル)は例によってハナを切ったが、3〜4角にかけて後続に早目に来られたため粘り切れず。勝ったポンデザールから1秒差の7着に敗退。ダート自体に問題はないが、今回は何分にも久し振り。ここは見送りが妥当だろう。
エルムS(札幌・GIII・ダート1700メートル・稍重)は後方待機策。超ハイペースで展開が嵌った感はあるが、3角から差を詰め始め、直線は最速タイの末脚(36秒0)で鮮やかな差し切り勝ち。平安S(GIII)2着は伊達ではないことを証明した。当該舞台は準OP勝ちがありOK。今回もペースは流れそうで展開の利が見込めるメンバー構成。再度の好走が期待できるかもしれない。
マリーンS(函館・OP・54キロ・ダート1700メートル)は座り込んだ時にゲートを切られて大きく出負け。後方からの競馬に。結局は直線に入ってもこれといった伸びは見られず、勝ったリアンヴェリテから1.9秒差の11着。今回がOP入りして2戦目。現状はクラス慣れが先決かもしれない。
叩き2戦目のマーキュリーC(盛岡・JpnIII・左回りダート2000メートル)は積極的にポジションを取りに行き、3〜4番手の先行集団に付ける。4角では一旦は先頭に立ったが、前半の無理が応えたか、そこからの一伸びを欠いて勝ったグリムから0.7秒差の4着。500万下から3連勝し、マーチS(GIII)でも少差の6着と健闘。パワーアップしていることは確か。阪神も鉄砲もOKで軽くは扱えないかも。
2か月振り&昇級初戦となったペテルギウスS(阪神・OP・ダート1800メートル)は後方から。3角過ぎから差を詰め始めたが、4角で少し狭くなるシーンも。それでも直線で外目に出すとシッカリ伸びて2着のマイネルバサラをクビ差差し切って2連勝。今回は長期の休養明けに加えてGIII。相手も揃った感がある。ハンデ面を考慮しても即上位争いといくかどうか…、一度は様子を見る必要がありそうだ。
スレイプニルS(東京・OP・ダート2100メートル)は後方からの競馬。3〜4角にかけて進出を開始し、直線も良く伸びたがラスト1ハロン辺りから脚色が鈍り、テルペリオンから0.6秒差の4着。「58キロが応えたのかも…」とはC.ルメール騎手。当該舞台は仁川S3着がありOK。鉄砲も利くタイプで上位争いの一角に。
叩き2戦目の阿蘇S(小倉・OP・57キロ・ダート1700メートル)は離れたシンガリから。小回りが影響したか、追走に余裕がない上に、直線で他馬と接触する場面も。展開的には出番があっても良かったが「広いコースの方がいいい」と浜中騎手が言うように小回りは不向きだったようだ。今回は7勝中4勝を上げている阪神。距離は問題なく、見直しが必要かもしれない。
3か月半振り&昇級初戦となった鳥取特別(阪神・2勝クラス・53キロ・ダート1800メートル)は離れた後方馬群。直線は外目に持ち出すと最速の末脚(35秒8)でゴボウ抜き。2着のサンマルエンパイアに3馬身半差を付ける完勝。これで2連勝。とはいっても今回は格上挑戦+重賞。自己条件ならとも角、ダートの強豪揃い。ハンデは軽くても即通用というワケにはいくまい。まずは様子見が必要だろう。
名鉄杯(中京・OP・ダート1800メートル・重・L)は序盤は後方に位置していたが、向正面からマクリ気味に進出。3角では逃げているスマハマの2番手にまで上がる。直線は一旦離され気味になったが、そこから再び盛り返し、レコード勝ちしたスマハマに4分の3馬身まで迫っての2着(3着のローズプリンスダムには3馬身半)。阪神は7戦3勝2着4回とパーフェクト連対。OPのペースにも慣れが見られ、ここは注目の一頭になりそうだ。
昇級初戦の阿蘇S(小倉・OP・54キロ・ダート1700メートル)はスッと先団に付ける。かなりペースは速かったが、最後まで渋太く粘り、勝ったアードラーから0.2秒差の4着。先行崩れの中で最先着した点は評価していいだろう。今回もハンデ戦で斤量面の恩恵がある。スンナリ先行できるようなら見せ場を作れても不思議はなさそう。同型との兼ね合いがポイント。
昇級初戦となった阿蘇S(小倉・OP・54キロ・ダート1700メートル)は後方2番手。直線入り口ではシンガリにいたが、直線で大外に持ち出すと最速の末脚(37秒6)で鋭く追い込み、勝ったアードラーからクビ+クビ差の3着。「オープンでもメドの立つ競馬ができた」とは森裕太朗騎手。今回もハンデ戦で斤量はいいとしても相手は強化。重賞で即通用といくかどうか…、一度は様子を見てみたい。
プロキオンS(中京・GIII・ダート1400メートル・稍重)は例によって後方から。勝負所から追い上げを開始したが、手応えは今イチ。直線はそれなりに差を詰めてきたが、時すでに遅く、勝ったアルクトスから0.7秒差の7着。良績ある阪神に替わる点はプラス材料だが、ベストは1400メートル。この距離は正直、長い感は否めない。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。