IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年9月22日(日)

11R

2019年9月22日(日) | 4回阪神7日 | 15:35発走

第67回神戸新聞杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:小雨 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

玄海特別(小倉・2勝クラス・53キロ・芝2000メートル)は後方から。勝負所から徐々に進出を開始し、4角では3番手にまで上がるが、そこからの伸びを欠いて勝ったレオコックブルーから0.5秒差の5着。紫菊賞でアドマイヤジャスタ、ロジャーバローズに次ぐ3着があり、一概に無視まではどうかと思うが、馬体の成長が欲しいことも確か。ここは様子見が賢明かもしれない。
昇級初戦となった松前特別(函館・2勝クラス・芝2000メートル)は3番手からの競馬。3角過ぎから徐々に進出を開始し、粘るムーンレイカーをゴール前でハナ差交わして2連勝。スプリングS(GII)こそエメラルファイトの11着だが、アーリントンC(GIII)はイベリスの0.1秒差5着と善戦した馬。OPでもやれる下地は備えている。「集中して走ったのはゴール前だけ。凄い馬です」とは岩田康誠騎手。今回はさすがに超一線級が相手で即上位争いとはいかなくとも見せ場は作れそうだ。
皐月賞を制し、無傷の4連勝で臨んだダービー(GI)は発馬でゲートを潜るという痛恨の発走状況。そこから無理はせずに後方に待機したが、位置取りが後ろ過ぎたために早目に仕掛けざるを得ない結果になってしまった。一旦は3番手にまで上がったが、そこで力尽き、一旦交わしたヴェロックスにゴール前で差し返され、勝ったロジャーバローズから0.5秒差の4着。この一戦に関してはゲートが全てで、力負けではないと言ってもいいだろう。当日のテンションが気になるところだが、まずは前哨戦のここで心身共に成長した雄姿を見せて欲しいモノ。そういう意味でも負けられない一戦となりそうだ。
京都新聞杯を勝って臨んだダービー(GI)は思った以上に落ち着きはあった。ただ発馬で出負けをして後方からの競馬になったのは誤算だったかも。それでも最後はジリジリと差を詰めて勝ったロジャーバローズから0.8秒差の8着とマズマズの内容。まだ上位陣には及ばないが、今後更に良くなる余地を残していることを陣営は示唆。トライアルのここで今夏の成長度が分かるハズ。どんなレースをしてくれるか楽しみな一頭だ。
ダービー(GI)は8キロ増でも太目感はなく好馬体。好位の外目に付ける。1角でリオンリオンの前をカットされるシーンはあったが、これをうまく処理して中団の外に。それでも外を回るコースロスは大きく、一旦はサートゥルナーリアに交わされたが、ゴール前でこれを差し返してロジャーバローズから0.4秒差の3着。今日に関しては枠順の差が出た感じで、能力面では全く劣らないことを証明した一戦。「先行力があり、距離も大丈夫」と関係者が言うように、どんなレースでもできる馬。一夏を越しての成長が見込める今秋はGI制覇も夢ではなさそうだ。
昇級初戦となった京橋特別(阪神・2勝クラス・芝2000メートル)は逃げたハイヒール(2着)の3番手から。スローペース〜上りの競馬になったが、最速の末脚(35秒2)でゴール前でクビ差交わして2連勝。3勝目をマークした。若葉Sでヴェロックスの0.6秒差3着があり、素質はOPでも見劣らない馬。これで阪神は2戦して3、1着。コース相性は悪くなく、成長次第では見せ場以上の戦いができるかも。
連闘で未勝利・500万を連勝して臨んだダービー(GI)は後方からの競馬。さすがに相手が強く、終始後方のままで見せ場らしい見せ場も作れないままロジャーバローズから1.9秒差の14着に終わる。今夏の成長次第とはいえ、今回も格上挑戦&重賞で楽なレースとは…。まずは様子見が必要だろう。
500万下の特別を勝って臨んだ若葉S(阪神・皐月賞T・OP・芝2000メートル・L)は行く気はなく、後方からの競馬。勝負所での手応えは思ったほど楽ではなく、むしろズブさが見られたほど。手応えの差が最後まで響き、勝ったヴェロックスとの差が中々詰まらず、3馬身差の2着がやっと。騎乗した武豊騎手がこの点を今後の課題としてあげていたが、改善が見られるようなら面白い存在といえる一頭。今夏にどれだけ成長したか、その成果が楽しみな一頭だ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。