IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年6月9日(日)

11R

2019年6月9日(日) | 3回阪神4日 | 15:35発走

第24回マーメイドステークス(GIII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)牝(特指) ハンデ | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 | レコードが出たレース

美浦S(準OP・芝2000メートル)はポツンと中団を追走。直線は馬場の中ほどをシッカリ伸びてクレッシェンドラヴから0.3秒差の3着。昨春のパールS(京都・準OP・牝)を勝っている馬。重賞は3歳時にGIIIで7着が2回。OP実績はないが前走の3着が復調へのキッカケになるようなら、ハンデ次第で出番があっても良さそうだ。
格上挑戦となった御室特別(1000万下・牝・芝2000メートル)は出たなりで3番手に付けていたが、直線は伸び負けた格好で勝ったレッドランディーニから0.4秒差の4着。1勝馬の身ながら重賞に挑戦したり、2勝クラスで2、3着がある馬だが、OPではさすがに厳しいことは確か。ハンデ差を見込んでも上位食い込みまでは望み薄か。
約3か月振りのパールS(京都・準OP・牝・芝1800メートル)は後方から。2着のクィーンズベストの後ろを追走し、直線は外目に進路。そこから最速の末脚で鋭く伸び、スカーレットカラーから0.3秒差の3着。今回は得意の阪神&良績がある距離。準OPの身ながら、ハンデを生かせば上位に食い込む可能性もありそうだ。
約3か月振りの下鴨S(準OP・54キロ・芝2000メートル)は8キロ増も好仕上がり。ダッシュが付かず後方から。勝負所から外目を進出し、直線は最速の末脚(32秒8)でアッサリ抜け出して、2着のアクートに0.2秒差を付け快勝。2走前に破ったメールドグラースは新潟大賞典&鳴尾記念(GIII)を勝利。牝馬重賞ならチャンスは十分。
福島牝馬S(GIII・牝・芝1800メートル)は3番手のイン。ペースが遅くて動くに動けず、4角ではバテた馬を避けて外に出すが、加速が付いた時に前が狭くなりブレーキを踏む不利。これが応えてデンコウアンジュから0.7秒差の6着も参考外の一戦。元々がハナを切ってこそのタイプ。同型を捌いて、ハナに行けるようなら残り目は大いにある。
福島牝馬S(GIII・牝・芝1800メートル)は後方から。勝負所で一旦追い上げたが、スローペースから上りの競馬になり伸び負けた格好でデンコウアンジュから0.7秒差の7着。2走前のように馬場が渋って上りを要する競馬なら出番もありそうだが、良馬場の瞬発力勝負になると分が悪いことは否めず。ハンデ差を考慮しても上位は疑問。
下鴨S(準OP・52キロ・芝2000メートル)は中団の外目から。スローペースから上りの競馬になったため、最後は伸び負けた格好でセンテリュオから0.4秒差の4着同着。決め手という点ではやや見劣るが、モタれる面は大分マシになってきた。ただ、今回は牝馬同士とはいえ重賞。準OPで足踏み状態の現状から上位争いまでは疑問。
昇級初戦の難波S(準OP・芝1800メートル・稍重)は出負けをしてシンガリから。直線に入っても伸びらしい伸びは見られず、テリトーリアルから0.8秒差の11着。今回は牝馬限定の重賞とはいえ格上挑戦。準OPの前走を見る限りクラス慣れが必要といった感は否定できない。得意の阪神とはいえ、様子見が妥当といえそうだ。
御室特別(京都・1000万・牝・芝2000メートル)はスッと先手を奪い、後続を離し気味に逃げたがペースはスロー。最後は勝ったレッドランディーニの決め手に屈して2着。今回は単騎逃げが叶いそうなメンバー構成だが、2階級上のOP&重賞。ハンデ差を考慮しても余程恵まれないことには厳しいだろう。
約4か月半振りの美浦S(準OP・芝2000メートル)は12キロ増でも太くは映らず。先行する2頭の後ろに付け、勝負所で前を射程圏内に。ところが直線に入ると今イチ弾けず、クレッシェンドラヴから0.6秒差の5着。久々が応えたといった内容。長期休養を挟んだがここまで4戦3勝と力は十分。初の長距離輸送をクリアできれば一発も。
叩き2戦目の但馬S(阪神・準OP・54キロ・芝2000メートル・稍重)は発馬を決めて4番手。終始インを回り、直線も開いた内を突き抜けて2着のフランツに3馬身差を付けて完勝。兄は東京新聞杯勝ち、鳴尾記念2着のブラックスピネル。牝馬ながら雄大な馬格の持ち主でハンデはOK。阪神は4戦2勝2着2回と得意で好勝負に。
福島牝馬S(GIII・牝・芝1800メートル)は中団から。多少行きたがったが、折り合いを付けて運ぶ。勝負所から動き始め、4角では早目に動いて先頭に並ぶ勢い。勝ちパターンかと思われたが、大外から来たデンコウアンジュにアッサリ交わされて2馬身半差の2着。フローラSで3着がある馬。京都で勝ちがあり、阪神をこなせば。
鹿野山特別(中山・1000万下・54キロ・芝2000メートル)は逃げたマイネルズイーガーの3番手を折り合って追走。直線は早目に先頭に立ち、2着のモクレレに3馬身半差を付けて圧勝。力の違いを見せつけた。阪神は2戦1勝2着1回と◎。格上挑戦だが「能力の高い馬で勝てて良かった」と川田騎手談から、ハンデ差を生かせば好勝負に。
パールS(京都・準OP・牝・芝1800メートル)は中団の外。直線は大外に持ち出してよく伸びたが、最内を掬ったスカーレットカラーに0.3秒及ばずの2着。ここまで24戦して17回が馬券圏内と堅実タイプ。準OPの身だが、ここならハンデ一つで出番があってもいい存在。ベストは1800メートルだが折り合い一つで距離は克服可能。
約3か月振りのパールS(京都・準OP・牝・芝1800メートル)は仕上がり良好。逃げたブラックスピーチの2番手に付け、直線は最内に潜り込む。最後までシッカリした脚取りで伸び、2着のクィーンズベスト以下に快勝。過去GIIIで2、5着があり、昇級の壁ナシ。ただ距離は微妙に長く、現状の力でどこまでやれるかがカギに。
叩き2戦目の御室特別(1000万下・牝・芝2000メートル)は序盤は後方待機。勝負所から動き始め、逃げるアドラータの3番手。直線は最速の末脚(33秒0)でアッサリ抜け出して快勝。同日の下鴨Sより0.2秒速い勝ち時計。「落ち着いて走れば上のクラスでも十分通用」とアヴゥドラ騎手。ローズSは8着でもハンデ次第では…。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。