2019年6月1日(土)

11R

2019年6月1日(土) | 3回阪神1日 | 15:35発走

第72回鳴尾記念(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

半年振りのメイS(東京・OP・56キロ・芝1800メートル)は先団に付けていたが、直線に入ると手応えが怪しくなり、勝ったダイワキャグニーから0.8秒差の10着。昨年3月の大阪城S3着以来馬券の対象になっておらず、今回は重賞でメンバーも揃った感。叩いた上積みは見込めるだろうが、ガラリ一変までは望み薄か。
新潟大賞典(GIII・56キロ)は10キロ減と絞れる。中団の前を掛かり気味に追走。「3角までハミが抜けず」と津村騎手が話したように、力んで走ったことが後半に影響。メールドグラースから1.5秒差の15着と大敗。約2年近い休養を叩いて今回が3戦目。距離・コースは問題なく、坂路中心からコース追いができたことが吉と出れば…。
ダービー卿CT(GIII・57.5キロ)はハイペースで流れたこともあり好位でスムーズに折り合う。いい感じで4角まできたが「ハンデを背負っていたことで、バテてはいないけど最後は脚イロが一緒になってしまった」と蛯名騎手。2000メートルは3戦2勝、阪神も2戦1勝2着1回と共にプラス材料。別定の56キロも歓迎で巻き返しが期待できそう。
金鯱賞(GII・芝2000メートル・稍重)は好発を決めてハナを切る。1〜2角にかけて後続を離すがペースはスロー。勝負所から後続が接近してきたが、4角までは踏ん張る。直線に入ると後続に一気に来られ、ダノンプレミアムから1.6秒差の10着。同型との兼ね合い次第だが、単騎逃げが叶いそうなメンバー構成で逃げ残りに注意。
京都記念(GII・芝2200メートル)は好位に付けたが、スローペースのために折り合いを欠く。その影響が最後に響いて勝ったダンビュライトから0.6秒差の9着。メトロポリタンSが中止になり、レース間隔は開いたが「帰厩後も元気でその影響はありません」と宮本調教師。宝塚記念3着、目黒記念2着の実績馬。距離・コースもOK。
大阪杯(GI・芝2000メートル)は発馬で「押え込まれた」(藤岡康太騎手)ため、位置取りが後ろに。ペースもスローだったため、展開にも恵まれず後方のままに終わり、勝ったアルアインから1.4秒差の13着。ここまでGI3着、GIIで1、2着、GIIIも3、2着がある馬。実績はここなら上位といえる存在で改めて見直したい一戦。
昇級初戦&重賞となった新潟大賞典(GIII・54キロ)は中団から。直線は外目に出すと内外から急追してきた各馬を凌いで、2着のミッキースワロー以下に快勝。これで1000万下から3連勝。阪神・距離共に問題なく、パワーアップした今なら別定の56キロでも連勝を伸ばせそうな感がある。D.レーン騎手の連続騎乗も心強い材料だ。
都大路S(京都・OP・芝1800メートル・L)は出負けをして後方から。直線は大外に持ち出すが、伸びは平凡で勝ったソーグリッタリングから1.8秒差の9着。一昨年11月に勝って以来、ここまで4着が1回あるのみ。ゲートに課題があり、追い込み一辺倒で展開に注文がつくという条件が噛み合わないとダメなタイプ。信頼性に欠け、様子見が賢明。
約2か月半振りの新潟大賞典(GIII・57キロ)は仕上がり良好。発馬直後に接触したが、押してハナを奪い、スローペースに落としての逃げを打つ。直線に入って後続を離しにかかったが、ゴール前で一気に来られてメールドグラースから0.4秒差の5着。コース替わりはOKで56キロも◎。同型との兼ね合い次第では残り目もありそう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。