IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年4月6日(土)

11R

2019年4月6日(土) | 2回阪神5日 | 15:35発走

第62回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

「前走は馬場が多少影響したかもしれませんね。放牧明けになりますが追い切りの動きが良かったし、休み明けを苦にしないタイプ。今回は牝馬同士の一戦になるし、展開がうまく噛み合うようなら楽しみです」(池添学調教師)。 ◎3か月振りの京都金杯(GIII・53キロ・芝1600メートル)は中団の前に。終始揉まれる位置にいたこともあるが、直線は進路を探しつつといった様子で、思った程の脚を使えず。不完全燃焼の感で度外視できるかも。ローズS2着、秋華賞4着の実績がある馬。課題の発馬を決めて流れに乗ったレースができれば上位争いは可能だろう。
「前走は最速の末脚を使ってくれましたが、スタートの後手が痛かったですね。ここまで在厩してジックリ調整をしてきましたが、中間に自己ベストをマークしたように仕上がりに抜かりはありません。年齢的にガラッと変わった感じはありませんが、阪神の外回りは合うし、荒れてきた今の馬場も歓迎ですからね。後は差し脚を生かせる展開になれば…」(藤岡調教師)。 ◎京都牝馬S(GIII・芝1400メートル)は発馬直後に挟まる不利で最後方からの競馬に。直線は大外に持ち出すと最速の末脚(33秒8)で伸びてきたが、デアレガーロから0.7秒差の6着まで。今日は発馬の不利が全て。GIII3戦連続2着の実績がある馬。追い込みタイプとはいえ、4角で離れた後方では厳しい。馬群に離されず行けるようなら好戦も。
「前走は牡馬の強力馬が相手だった上に、馬場が渋っていたことで最後はバテてしまいました。この中間はテンションを上げないように調整をしてきたし、今回は牝馬同士の一戦ですからね。初のマイルがどう出るかですが、道中流れに乗って脚を溜めることができるようなら…と思っています」(辻野調教助手)。 ◎6か月振りの金鯱賞(中京・GII・芝2000メートル・稍重)は14キロ増でも太目感はなく成長分。後方からの競馬で直線に入ってからも伸びらしい伸びは見られず、ダノンプレミアムから1.6秒差の11着。久々&牡馬の古馬一線級相手ではやむを得ない結果かも。マイルは初だが牝馬同士なら十分やれる素地はある馬。展開がハマるようなら怖い存在。
「前走後は放牧を挟み、帰厩後はここを目標に調整をしてきました。前走は負けはしましたが、力のあるところは見せられたと思います。既に体の方はできていますが、今日もある程度やる予定でしたからね。いい状態で臨めるし、力を出せる仕上がりです。阪神のこの舞台は2勝しているように舞台設定もいいですから。本番のヴィクトリアマイルに向けて好レースを期待しています」(松永幹夫調教師)。 ◎4か月半振りの中山記念(GII・芝1800メートル)は2キロ増と仕上がり上々。逃げたマルターズアポジーの2番手に付け、自ら前を捉えに行く競馬。直線は一旦先頭に立ったが、ゴール寸前外から来たウインブライトにクビ差交わされて2着。しかし強い競馬をしての2着は価値がある。今回は牝馬限定戦。叩き2戦目の上積みも見込め勝負争いに。
「前走はペースが速かったとはいえ、差す競馬ができていたし、レース振りも良かったと思います。ハナには拘らないし、マイルも問題ないのでスムーズな競馬ができるようなら楽しみです。休み明けを1度使っての上積みも大きいですからね」(西浦調教師)。 ◎3か月振りの中山牝馬S (GIII・芝1800メートル)は15キロ増。これは戻ったもので太目感ナシ。控える形で好位に付けたが、勝負所でゴチャ付き動くに動けず。先行して粘りが身上の同馬、この形では持ち味を生かせずフロンテアクイーンから0.1秒差の6着。着順ほど差はなく、久々のマイルの流れに対応できれば巻き返しは大いに可能な一頭。
「前走後はシッカリ休ませて充電を図りました。1週前にCWで長目からシッカリやってあるので、今日は馬ナリでしたが、追う毎に本来の動きに近づいてきています。休み明けは苦にしないタイプ。最終目標はヴィクトリアマイルですが、今年初戦をいい形でスタートを切れれば…と思っています」(辻野調教助手)。 ◎エリザベス女王杯(GI・牝・芝2200メートル)は序盤こそ行きたがって3番手に付けていたが、勝負所では自然と位置が後ろになり好位集団の一角。直線は他馬に寄られる不利でブレーキをかけるシーンはあったが、距離も微妙に長かったか、リスグラシューの0.6差6着。ローズS1着、秋華賞3着から能力は上位。マイルは2戦して2、2着。今回は要注目の一頭。
「前走はスタートで遅れて、その後に挟まれる不利。あの形では厳しかったですね。この中間は順調に調整ができているし、今日の追い切りの動きも悪くありませんでした。期待できるだけの仕上がりで臨めそうだし、スムーズな競馬ができるようなら見直せると思います」(高野調教師)。 ◎2か月振りの京都牝馬S(GIII・芝1400メートル)は12キロ増でも太目という感はナシ。最初の一完歩が遅く後方から。直線はジリジリと伸びてきたが、弾けるまではいかず、デアレガーロから0.8秒差の9着。もっと前で競馬をして良さが出る馬。出負けが応えた感があり、この一戦だけで軽く扱うことは早計といえそうだ。
「前走は輸送が影響したのか、テンションが上がってしまいましたからね。あの一戦は度外視してもいいと思います。GI2着の実績がある馬だし、能力通りの競馬ができれば巻き返しは可能だと思います」(猿橋調教助手)。 ◎5か月振りの中山牝馬S(GIII・55キロ・芝1800メートル)は6キロ減。パドックでイレ込みが激しく、レースでも気の悪さを見せていた。それが影響したのか、フロンテアクイーンから1.5秒差の14着(シンガリ)。『気性の激しい馬で輸送がかなり応えた感じ』と川田騎手談。秋華賞2着の実績馬。滞在、または近場の競馬場に良績。阪神で巻き返し。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。いい状態をキープできているし、今日の追い切りも予定通りに消化。阪神との相性も悪くないし、今のデキなら重賞でも楽しみですね」(岡田調教師)。 ◎3か月振りのうずしおS(阪神・準OP・牝・芝1600メートル)は後方を折り合って追走。手応え良く直線に向き、前がスッと開いたところを鋭く伸びて2着のクイーンズベストに半馬身差を付けて勝利。今回は昇級初戦&重賞。速い時計の裏付けがないこと、1着か着外かの極端な成績で安定感に欠けるタイプ。常識的には様子見が妥当も、馬場が渋るなどすれば。
「前走はいい脚を使って牡馬相手にシッカリ走って2着。2走前のターコイズSは大味な競馬になってしまいましたが、同じ右回りでも阪神の外回りならレースをし易いと思います。1週前に坂路で好時計をマークしているので、今日は強め程度ですが、動き自体は良かったですからね。今回も次の目標に向けて好レースを期待したいですね(田代調教助手)。 ◎東京新聞杯(GIII・芝1600メートル)は中団の前。直線は坂上から一追い毎に伸びて勝ったインディチャンプから半馬身差の2着。重賞2戦目で早々とメド。良績は左回りに集中しているが、阪神は1戦(未勝利)して3着なら大きく割引く必要はないかも。力を付けているし、牝馬限定戦ならチャンスがあってもおかしくないだろう。
「前走は楽な展開とはいえませんでしたが、僅差の6着を考えれば良く頑張ったと思います。今日の追い切りで立派に見えた体も丁度良くなると思います。後は1ハロンの延長がどう出るかですが、マイルなら楽に行けると思う、とはいってもその点は何ともいえません。結果次第で今後の選択肢が増えてくると思うので、まずはメドの立つ走りを期待したいですね」(大根田調教師)。 ◎2か月振りの阪急杯(GIII・芝1400メートル)はスッと先手を奪い、平均ペースの逃げを打つ。外枠で前半に多少脚を使ったことも影響したか、直線は今イチ粘りを欠いてスマートオーディンから0.5秒差の6着。マイルは過去3戦して「1、1、0、1」ならペース次第で問題ないハズ。牝馬同士の一戦でもあり、見直しは必要かもしれない。
「暖かくなるにつれて馬の状態もアップしてきました。相手は揃いますが、前走が牡馬を相手に頑張ってくれたし、阪神の外回りという舞台も合っていますからね。後は道中うまく脚を溜めることができればここも楽しみですね」(高橋亮調教師)。 ◎叩き2戦目の京都金杯(GIII・54キロ・芝1600メートル)は例によって後方から。勝負所から徐々に進出を開始し、直線は外目に出すと良く伸びてパクスアメリカーナから0.2秒差の3着と好走。休み明けからこのレースは昨年とほぼ同じローテー。昨年は6着だったが、力を付けて今なら着順アップも十分考えられる。ここも警戒は必要だろう。
「前走から中1週と間隔が詰まっているので、追い切りは本馬場で強め程度でしたがこれで十分です。近走は結果が出ていませんが、能力はここに入っても見劣らない馬。今回は牝馬同士の一戦になるし、メドの立つ走りを期待したいですね」(猿橋調教助手)。 ◎六甲S(阪神・OP・芝1600メートル・L)は12キロ減の480キロ。ファンタジーSを勝った時が476キロだから、元に戻ったモノと考えられなくはないが、先行して早々と一杯になったところを見ると多少なりとも影響はあったハズ。近走は今イチだが馬体の回復が見られるようなら、牝馬同士の一戦。見限りは早計かもしれない。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。追い切りの動きが良かったし、いい状態で出走できそうです。前走は重賞で3着でしたが、あの位は走れる馬。今回は1ハロン延長がポイントになりそうですが、どこまでやれるか楽しみにしています」(牧田調教師)。 ◎京都牝馬S(GIII・牝・芝1400メートル)は逃げたオールポッシブルの2番手。直線は内目を突いて渋太く粘り、デアレガーロから0.1秒差の3着と健闘。準OPの身でこれだけやれたことは立派。走破時計も大幅に短縮しており、フロック視するのは早計かもしれない。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。