IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年3月31日(日)

11R

2019年3月31日(日) | 2回阪神4日 | 15:40発走

第63回大阪杯(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:12000、4800、3000、1800、1200万円 | レコードが出たレース

「前走後は在厩しての調整。1週前にコースで長目から馬ナリをやってありますが、今日は坂路で。余力があったので気分良く走らせましたが、いい動きをしてくれたし、1度使った上積みは十分感じられました。馬場に関しては多少渋っても苦にしないのでその点は問題ありません。今まで積み上げてきたことを生かして、自分の走りができるようならここでもチャンスはあると思います」(大江調教助手)。 ◎京都記念(GII・芝2200メートル)は序盤は後方から。3角〜4角にかけて進出を開始したが少しモタ付き気味。4角で大外に持ち出し、直線に入ると残り1ハロンでエンジンが掛かり、勝ったダンビュライトからクビ+クビ差の3着。10キロ増の514キロは自己最高。多少重かったことが勝負所の反応に響いたのかも。絞れていれば見直しが必要だろう。
「前走後は天皇賞秋を予定していましたが、疲れが抜け切らなかったため放牧に。一回り成長した体になって2月上旬に帰厩しました。先々週、先週と2週続けてジョッキーの騎乗で追い切りましたが、馬体減りもなく順調に調整ができています。今日はラスト重点でしたが、いい雰囲気に仕上がったと思います。どこからでも競馬ができるし、前向きな気性なので久々も問題ありません。今回は初の古馬との対戦になりますが、同世代の4歳馬が活躍しているので、この馬もそれに続くことができれば…と思っています」(大江調教助手)。 ◎予定していた天皇賞秋を疲れが抜け切らないため自重。今回は半年振りになるが、ポン駆けは利くタイプ。休養前の神戸新聞杯(阪神・GII・芝2400メートル)は10キロ増でも太目感ナシ。向正面で行きたがるが宥めつつ追走。半マイルから徐々に動き始め、直線は渋太く伸びてエタリオウに半馬身差勝利。ダービー馬の意地にかけても好レースを。
「前走は馬場が緩かったこともあって走り辛そうだったし、他馬より(1キロ)重い斤量を背負っていたことを考えれば頑張ってくれたと思います。間隔が詰まっているので、1週前は軽めですが、今日は理想的な追い切りができたと思います。舞台設定は良くも悪くもありませんが、1度使った上積みは大きいと思いますね。今回は同じ斤量で戦えるし、パンパンの良馬場で競馬ができればチャンスはあると思っています」(池江調教師)。 ◎約4か月振りの金鯱賞(中京・GII・芝2000メートル・稍重)はマズマズの仕上がり。好位に付けて運び、4角では前を行くムイトオブリガードに並びかけたが、最後の一伸びを欠いてダノンプレミアムから0.9秒差の5着。それでも叩いて良くなる余地を残した体付きから上積みは十分見込めるハズ。得意の阪神でもあり、警戒は必要だろう。
「前走後は短期放牧に出しましたが、いい雰囲気で帰厩しました。1週前に長目から併せ馬をしましたが、格下相手とはいえ、楽に先着。動きに素軽さが出てきました。今週の一追いで態勢は整ったと思います。前走は5着でしたが休み明けを考えればいい走りができていたと思うし、成長の跡も見受けられました。コーナー4つの2000メートルでGI(皐月賞)を勝っているように、今回はベストといえる条件。コース形体も似ていますからね。相手は強くなりますが、自分の競馬ができれば好勝負できるのでは…と思っています」(田代調教助手)。 ◎4か月振りの中山記念(GII・芝1800メートル)は逃げたマルターズアポジーの3番手と絶好のポジション。4角では前を射程圏内に入れて勝ちパターンかと思われたが、いざ追い出されるとジリジリとしか伸びず、ウインブライトから0.2秒差の5着。いかにも久々が応えたといったレース振り。叩き2戦目&2戦2勝の2000メートル。改めて見直す手。
「前走は稍重馬場を考えれば内容自体は悪くなかったと思います。着順はとも角、初の2000メートルにも対応できましたからね。2週に渡っていい動きをしてくれたし、脚元の方も問題はなく状態に関しては申し分ありません。左回りに良績がある馬ですが、2走前は太目、前走は馬場が応えたモノ。決して右回りがダメとは思っていません。相手は揃いますが、良馬場でどこまでやれるかを見てみたいですね」(角田調教師)。 ◎金鯱賞(中京・GII・芝2000メートル・稍重)は10キロ減と馬体が絞れる。逃げたタニノフランケルの3番手に付けていたが、ペースが上がった3角過ぎに手が動き始める。直線は馬場の中ほどから伸びたが、上位馬には伸び負けた形でダノンプレミアムから1.1秒差の7着。右回りはOKも理想は長距離。GIの2000メートルではどこまでだろう。
「前走後はリフレッシュを図る意味で放牧に出しました。それまでの秋4戦はハードなレース続きでしたが、よく頑張ってくれましたからね。今年の始動は当初からここと決めていました。帰厩した当時は一生懸命走り過ぎるところがありましたが、日を追う毎にリラックス。1週前にCWでシッカリ負荷をかけてありますが、GIということで日曜日、今日とシッカリやりました。昨秋のいい頃のデキになってきています。体付きもシャープになってきたし、毛ヅヤも日毎に良くなっています。今回も前々で自分の競馬をして、この馬の持ち味を出し切れれば…と思っています」(辻野調教助手)。 ◎有馬記念(GI・芝2500メートル・稍重)は出が一息だったが、1周目の4コーナーでハナに立つと後続を徐々に引き離して行く。2周目4角でもリードを保ち、坂下まで先頭に立っていたが、そこから後続に来られ、ブラストワンピースから0.6秒差の5着。鉄砲は利くタイプで久々はOK。後は自分の競馬をしてどこまで粘れるかだろう。
「前走後はいつも通り放牧に出しましたが、早目に帰厩したことで色々な面のケアをすることができたし、疲れもなかったので早くに時計を出すこともできました。体は1週前で550キロ。有馬記念当時よりさらに増えて、多少太い感じがありましたが、追い切りに騎乗した池添騎手は『前走時と同じで良かったです』と言ってくれましたから。追い切りは、時計が速かった割に息がすぐに入って凄く良かったし、この後輸送もあるので体の方も丁度良くなると思います。ようやく自分が思い描いた体付きになってきたことは何よりだと思います。阪神のこの舞台はトリッキーなコース形体ですが、ゲートを含めて反応面などしっかり練習してきましたからね。今年最初のレース。グランプリホースの名に恥じないスタートが切れればと思っています」(大竹調教師)。 ◎2か月振りの有馬記念(中山・GI・芝2500メートル・稍重)は4キロ増と好仕上がり。中団の外目に付けて逃げたキセキをいつでも捕まえられる態勢。4角手前から手応え十分にスパートを開始。坂下で抜け出すと急追してきたレイデオロをクビ差凌いで待望のGI初制覇。馬場に恵まれた面はあるが、力のあることを証明した一戦。ここも勿論要注目。
「前走後はいつものパターン通り山元トレセンに放牧に出しました。体がフックラして帰厩したことで調整がし易かったですね。コース追いで長目からやりましたが、最後の伸びはさすがといえるモノでしたし、ここまでは順調に調整ができています。日曜日に坂路で自己ベストをマーク。テンションの方も上がらず、精神面の成長も窺えます。天皇賞がもう少しだったし、強敵相手の香港でも力を見せてくれたように充実してきていますからね。この距離はピッタリだし、相手は揃いますが休み明けでも力を出せるタイプ。ここでもチャンスはあると見ています」(浅見調教助手)。 ◎香港C(シャティン競馬場・GI・芝2000メートル・9頭立て)は逃げ切ったグロリアスフォーエバーの4番手を追走。終始自分の位置を守っただけといったレース振りで4馬身4分の3差の4着。前に有利な流れになったことがこの着順になったのかも。札幌記念1着、天皇賞秋2着と力を付けた今ならチャンスは十分ありそうだ。
「前走は休み明けに加えて雨が降って渋り気味の馬場でしたからね。脚を取られるシーンが何箇所かあったし、仕掛けてからの反応もやや鈍かったことを考えれば、前哨戦としては悪くない内容だったと思います。使った後すぐに疲れが取れて乗り出しが早かったのは何よりです。使って良くなるタイプらしく、動きは良くなっています。以前に見られた、他馬を抜こうとしなかったり、フワッとしたりする面が解消。真面目に走るようになって本格化してきました。今日は反応を確かめる程度でしたが、いい動きだったし、今ならGIでもやれるレベルまで力を付けていると思います。良馬場で競馬ができれば可能性はあると思うので楽しみにしています」(辻野調教助手)。 ◎3か月振りの金鯱賞(中京・GII・芝2000メートル・稍重)は中団から。3角から徐々に動き始め、4角は内を突いて前との差を縮める。直線は勝ったダノンプレミアムの後ろまで迫ったが、1馬身4分の1差届かずの3着。それでもGI馬と戦えることを証明し収穫はあった。良馬場を前提に2戦目の上積みが見込める今回は要注目。
「前走は勝った馬とは内外のコース取りの差だったと思います。それも自らポジションを取りにいってのモノでしたからね。その後はいつも通り放牧に出して3月9日に帰厩しました。いい雰囲気で帰厩しましたよ。1週前にジョッキー騎乗でビシッとやりましたが、元々が仕上げに手間取らないタイプ。今週のこの一追いで態勢は整ったと見ています。ここまで順調に使えてきているし、内回りの2000メートルという舞台も合うと思います。相手は揃いますが、立ち回り一つでは…と思っています」(岡調教助手)。 ◎京都記念(GII・芝2200メートル)は先行する2頭の後ろをパフォーマプロミスと併走。残り3ハロン過ぎから仕掛け、直線は内のダンビュライトとの追い比べになったが、最後まで少しの差が詰まらず、ダンビュライトにクビ差及ばずの2着。チャレンジC3着、中山金杯2着とここ3戦は堅実。今回はGIで相手が強化。ここが試金石の一戦に。
「前走は馬場の影響を受けながらも内容自体は良かったと思います。前走から間隔が詰まっているし、体の方も仕上がっているので馬ナリでしたが、動きは良かったですよ。1度使った上積みは大きいと思いますね。距離はマイルCSを勝っているようにマイルがベストだと思いますが、1度使うと変わるタイプ。マイルで使う切れ味を最後にどう生かすかでしょうね。馬場も硬すぎず、緩すぎずとこの馬が走り易い馬場状態になってくれれば…と思っています」(池江調教師)。 ◎3か月振りの金鯱賞(中京・GII・芝2000メートル・稍重)はマズマズの仕上がり。中団の前に付けていたが、馬場が渋ったこともあって直線の伸びは今一つ。ダノンプレミアムから0.7秒差の4着だが、元々が叩き良化型。昨年はスワーヴリチャードの2着だが、1度叩いた効果は大きいハズ。ここも上位の一角だろう。
「前走後は放牧を挟み、3月15日に帰厩後はここを目標に調整をしてきました。1週前にコースで長目からシッカリ負荷をかけてあるので、今日は半マイルからいつも通り馬ナリの調整。距離は2000メートルに延びますが、折り合いに不安がない馬だし、操縦性も高い馬なのでこなせると思います。1度使った上積みは見込めるので、後は道中でうまく脚を温存することができれば…と思っています」(木村調教師)。 ◎約3か月振りの中山記念(GII・芝1800メートル)は12キロ増でも太いという感じはなかった。中団をスムーズに折り合って進み、勝負所から外目を進出してきたが、外々を回るロスも。それでも最速の末脚(33秒5)を駆使してウインブライトからクビ+アタマ差の3着。勝ち鞍は1800メートルまでで距離面がどうかだが、能力的には上位の一角。
「前走は休み明けで多少余裕残し。どうかと思いましたが、手応えの割によく勝ってくれました。その後は在厩しての調整ですが、ここを目標にジックリ乗り込めています。1週前に併せ馬をしましたが、相手が調教駆けする馬。最後は一杯一杯でしたが、この馬としては動きていたと思います。重賞を連勝しているとはいってもGIII。今回はGIで一線級が相手ですからね。それでも状態は前走以上だし、相手なりに走れるタイプなのでどこまでやれるか楽しみにしています」(音無調教師)。 ◎3か月振りの小倉大賞典(GIII・57キロ・芝1800メートル)は10キロ増でも太目感は全くナシ。出たなりで4番手に付け、4角で前との差を詰め始める。直線は粘るタニノフランケルをクビ差競り落として休養を挟んで重賞2連勝。馬体増は好材料でパワーアップしていることも確か。札幌記念(GII)5着から今の充実振りならGIでも案外やれるかも。
「前走は水分を含んだ馬場で時計を要したため、他馬が切れ味を削がれたことと前々で渋太さを生かせたことが勝因だったと思います。その後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。元々が調教駆けする馬ですが、先週、今週と2週に渡って好時計をマーク。動きも良かったですからね。瞬発力に欠けるので、脚を温存するというより、前走のように早目早目の競馬でバテない強みを生かす競馬ができるようなら…と思っています」(音無調教師)。 ◎京都記念(GII・芝2200メートル)は大逃げを打ったタイムフライヤーの2番手。道中は自分のペースをキープしたことが奏功。最後までシッカリ脚を使って2着のステイフーリッシュの急追をクビ差凌いで勝利。昨年のこのレースはスワーヴリチャードの6着だが、この1勝は自信になるハズ。GI制覇に向けて視界は晴れつつあるか。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。