IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年3月2日(土)

11R

2019年3月2日(土) | 1回阪神3日 | 15:35発走

第26回チューリップ賞(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

「前走後は一旦放牧に出して2月の上旬に帰厩しました。1週前にもある程度やりましたが、ここまでは順調そのものです。今日はジョッキーの騎乗でやりましたが、スピードがある馬なので好時計をマーク。でもあくまでも本番を見据えての仕上げなので、あまりやり過ぎないように調整していますが、気性的にいきなり力は出せると見ています。後は競馬に行ってテンションをうまくコントロールできれば…ですね」(猿橋調教助手)。 ◎阪神JF(GI・芝1600メートル)はテンション高めだったが、いつもと変わらぬ程度。五分の発馬を切ったが、行く気もなく控えて後方から。直線は大外に持ち出し、2着のクロノジェネシスに抑え込まれそうになったが、うまくスルー。最後の叩き合いで半馬身出てGI制覇。そのクロノジェネシスがクイーンC勝ちならここも最有力候補だろう。
「前走はペースが速くて追走に手一杯といった感じでしたが、最後は良く伸びてくれました。幸い疲れは見られなかったので、ここに挑戦することにしました。坂のある阪神は初めてですが、どれだけの脚が使えるか…、ここは力試しの一戦になりそうです」(木原調教師)。 ◎デビュー5戦目の未勝利(京都・芝1600メートル)は中団の外目。直線に入ると一旦抜け出した馬を楽に交わして、2着のキングオブコージに1馬身4分の1差を付けて快勝。芝では崩れずに走るタイプ。相手は強化されるが、無抵抗で終わる感じがしない馬だ。
「前走は自ら動いて行くレースをして2着。勝った馬は強かったですが、内容的には悲観していません。ゲートを出るようになって、ある程度の位置で競馬ができるようになった点も収穫だと思います。2週に渡ってジョッキーに乗って貰って感触を掴んで貰いましたが、シッカリ動けていたし、力も付けている感じを受けました。阪神に替わる点はプラスだと思ってここを選択しましたからね。前走内容からここでもチャンスはあると思うので、是非本番への権利を獲って欲しいですね」(須貝調教師)。 ◎エルフィンS(京都・OP・牝・芝1600メートル・L)は好発から逃げたオーパキャマラードの3番手をノーブルスコアと併走。勝ったアクアミラビリスにはかなわなかったが、3着のノーブルスコアには半馬身先着して2着。持ち時計を約1秒短縮したことは評価できる。強豪馬の顔は見えるが上位争いできる可能性を秘めた馬。ここも要注目の一頭。
「追い切りは長目からやりましたが、最後までシッカリ動けていたように状態面はキープできています。芝はデビュー戦の1回のみで適性は分かりませんが、初戦の1200メートルは忙しかったことは確かです。距離が延びる今回、その点も含めてどれだけやれるかを見てみたいですね」(村山調教師)。 ◎7戦目の未勝利(京都・牝・ダート1400メートル・稍重)は逃げたミルメルシーの3番手。直線に入ると早目に先頭に立ったが、それでも最後まで踏ん張って2着のホームアゲインの猛追をアタマ差抑えて勝利。使いつつ良くなっているが、芝は1戦(小倉の1200メートル)して1分11秒4の10着。芝のスピード競馬に対応できるどうかがカギになりそう。
「前走は使い詰めの疲れが多少あったかもしれませんが、それでも見せ場を作ってくれましたからね。一線級相手でも通用するところは見せてくれたと思います。その後は放牧に出してリフレッシュ。疲れはスッカリ取れたし、体も一回り大きくなった感がありますね。元々が調教は動く馬ですが、1週前、今週と2週に渡っていい動きをしてくれました。まだ幼い面はありますが、折り合いなどの不安はない馬。今回も牝馬限定戦になるので巻き返して欲しいですね」(池添兼雄調教師)。 ◎阪神JF(GI・芝1600メートル)は逃げたベルスールの2番手を追走。直線で並びかけ、内にモタれながらも先頭に立ったが、最後は後続に交わされてダノンファンタジーから0.7秒差の6着。それでも先行勢の中では最先着と力のあるところは見せた一戦。ここも流れ一つで残り目は大いに考えられそうだ。
「前走は直線でスペースを探しながらのレース。それでいて勝ったダノンファンタジーからそれ程負けていませんからね。多少スムーズさを欠いたことを考えれば、悲観する内容ではなかったと思います。その後は在厩しての調整ですが、付くべき所に筋肉が付いてきたし、気持ちにも余裕が出てきた感がありますね。走りにも集中できている点は何よりだと思います。今日の追い切りは前の先導役が速いペースで行ったため、併せ馬になりませんでしたが、中間の乗り込み量が十分なので問題ないと思います。良化度が見込める今回、ここで結果を出して、次に繋げたいですね」(津曲調教助手)。 ◎阪神JF(GI・芝1600メートル)は好枠を引いたが抑えているうちに位置取りが後ろに。勝負所でも動くに動けず、正味直線だけの競馬。勝ったダノンファンタジーから0.3秒差の4着と脚を余した感じになってしまった。ゲート難があるので信頼度は薄いが能力はかなり。ここも有力候補の一頭として当然マークしておかなければいけないだろう。
「前走はいつもよりいい位置で競馬ができましたね。最後は上位馬に伸び負けましたが、この馬も最後は伸びていたし、レース内容としては悪くなかったと思います。1週前にある程度やってあるので、今日はラスト重点でしたが、動きは良かったと思います。OPでも安定して走れているし、坂も苦にしないと思います。今回は本番へのトライアルレース。何とか権利を獲って欲しいですね」(田代調教助手)。 ◎エルフィンS(京都・OP特別・牝・芝1600メートル)はスッと3番手に付け、折り合いも付いていた。直線に入ってからは思った程鋭い脚を使えなかったが、勝ったアクアミラビリスから0.3秒差の3着なら上々。その前の紅梅S(京都・OP特別・牝)でも3着と好走。今回は重賞になるが、上位争いの一角に留めておきたい一頭。
「前走から中1週なので追い切りはラスト重点でしたが、動きは良かったし、状態は維持できています。相手は強くなりますが、未勝利を勝った舞台だし、どこまでやれるか楽しみにしています」(音無調教師)。 ◎500万下の平場(京都・牝・芝1400メートル)はスッと3番手に付ける。直線に入ると一旦は先頭に立ったが、外から来た2頭が共に最速の末脚(34秒6)で来たため、一気に交わされて勝ったキュールエサクラから0.4秒差の3着。マイル自体は問題なく、1分35秒台の決着なら出番があってもいい馬だ。
「前走後はここを目標に仕上げてきました。体が逞しくなってきたし、成長を感じます。1週前に長目から馬ナリ。動きは良かったですが、今日も長目からシッカリやり、変わらずいい動きをしてくれました。スピードに加えてパワーも備えているので、坂がある阪神でも問題ありません。ゲートセンスがいい馬なので、行く馬がいなければハナに…とも考えています。今の充実振りなら重賞のここでも楽しみはありますよ」(本田調教師)。 ◎500万下の平場(京都・ダート1400メートル)を勝って臨んだエルフィンS(京都・牝OP(L)・芝1600メートル)はスッとハナを奪い、勝負所から後続を引き離しての逃げを打つがペースはスロー。残り100メートルで交わされるが、バタッと止まらず、渋太く粘ってアクアミラビリスから0.6秒差の4着。ただ重賞では上位は疑問で入着があれば上々か。
「先週、今週と2週に渡って長目からシッカリ負荷をかけましたが、今日は折り合いが付いていていい追い切りができたと思います。ジックリ脚を溜めて行ければ最後はいい瞬発力がありますからね」(尾関調教師)。 ◎つわぶき賞(中京・500万下・牝・芝1400メートル)は中団の後ろから。3〜4角にかけて進出を開始し、坂上から追い出す。最後までシッカリ脚を使って2着のアゴベイの急襲を4分の3馬身押えて2勝目を上げる。札幌2歳S5着があるように重賞でもソコソコやれる馬。強敵が揃うチューリップ賞だが、全くの無視は危険かもしれない。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に調整ができています。1週前に長目からやってありますが、今日はシュタルケ騎手に感触を掴んで貰うために一杯に追い切り、直線の伸びは良かったと思います。今回も相手は揃いますが、何とか権利を獲って欲しい…、そう思っています」(松田国英調教師)。 ◎アルテミスS(東京・GIII・芝1600メートル)は発馬で出負けをして離れたシンガリから。直線入り口でもまだ最後方だったが、直線で大外に持ち出すと一追い毎に差を詰め、勝ったシェーングランツから0.6秒差の6着。先行策を2走後、前走は真逆の競馬になったがそれなりの結果を出したことは収穫といえる。相手は強くなるが見せ場くらいは作れても。
「2走前は流れに乗れず終い、前走は直線で窮屈なところに入ってしまったために不完全燃焼と、ここ2走はスムーズさを欠くレースで力を出し切っていませんからね。その後はここを目標に順調に乗り込んできました。1週前の併せ馬ではスッと伸びて相手を突き放したし、今日の時計・動き共に良かったですからね。前2走は能力を出し切っていないし、スムーズなレースをして権利を獲れるようなら…と思っています」(石坂調教師)。 ◎シンザン記念(京都・GIII・芝1600メートル)は中団の前と位置取りとしては申し分ナシ。ところが直線に入ると前が開かず、脚を余したまま不完全燃焼の一戦。勝ったヴァルディゼールから1秒差の9着。この一戦は度外視して良く、血統からも巻き返しの余地は十分。牝馬同士の戦いならGIIIでも十分やれていい器だ。
「前走後は靭帯炎で放牧に出し、早目に帰厩してここに備えてきました。脚元を考慮して坂路主体にプール調教を交えての調整ですが、ここまでは特に問題はありません。今日の追い切りも思った以上に速い時計が出たし、仕上がり自体は悪くありません。ただビシビシと追い切っていないので、その点が実戦にいってどうかですが、能力的には通用していいもいい馬だと思います。何とか権利を獲って欲しいですね」(渡辺調教師)。 ◎デビュー2戦目の未勝利(京都・芝1600メートル)は出が一息だったが押して中団。直線は残り1ハロンで開いた内から鋭く伸びて、2着のミッキーパディーラに1馬身4分の1差を付けて勝利。今回は昇級初戦&重賞で楽なレースはどうかだが、いい切れ味を持っていることとレースセンスの良さは評価できる。一概に無視までは危険かも…。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。