IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年11月23日(土)

11R

2019年11月23日(土) | 5回京都7日 | 15:40発走

第6回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3300、1300、830、500、330万円 |

母トウカイオスカーは、重賞未勝利もオークスやヴィクトリアマイルにも出走した経歴を持ち準OPを2勝した良馬。長く良い脚を使うイメージは本馬も同じ。前走は出入りの激しい忙しい競馬で、勝負所でも窮屈になり抜け出すタイミングを失った印象。荒馬場には対応できていた。スムーズに立ち回れていればといったところか。
前走は3度目の輸送。まだ子供っぽさを残していて、体も硬くて伸びがない。それでいて重賞で3着に好走したのだから素質は相当高い。前走は五分のスタートから中団で脚を溜める競馬。鞍上が上手く乗ったとはいえ、忙しい展開で良い手応えのまま追走できていた。最後は切れ負けしたが、条件が変わればもっとパフォーマンスを上げられる。
芦毛で小柄。牝馬のような容姿は、パワーよりも切れで勝負するタイプ。10番人気で大駆けし高配当をもたらした新馬戦は、好発を切って先行し、道中はしっかりと折り合う大人びた走り。直線は、ラチ沿いから一瞬の隙をついて抜けだし、ゴール前もグッと伸びた。前走は荒れ馬場と展開に苦しんだ様子。デキは良かった。
過去2戦とも芝2000mで稍重での競馬。初戦よりも前走の方が気が良くなっていて、腰つきも逞しさを増していた。そのためスタートが安定し二の脚もより速くなっていた。千代田牧場のエピファネイア産駒。近親にダートオープン馬のスマハマがいるように、奥の深さを感じさせる。雨が降ってタフな馬場になればチャンスは拡大する。
近親にアーモンドアイがいるノヴェリスト産駒。中5週で臨んだ前走は+12kgの大幅増だった。青鹿毛で血統も育成も優れているため見栄えは素晴らしいが、腹目に余裕があり明らかに太め残り。今回は中1週。間隔が詰まっているため今週の追い切りは軽め。それでももう一追い欲しかった。
母ミスパスカリはマウントロブソンやポポカテペトルら、多くの重賞好走馬を輩出。近親はクロフネ。芦毛に出る傾向があるのは母系の影響が強いせいだろう。ディープ産駒にしては硬く出るのも母系のダート性質のせい。レコード勝ちの前走は洋芝のタフな馬場。勝負所の手応えからも、時計が掛かる馬場はかなり上手い。
約3カ月ぶりの競馬となった前走は馬体重+14kgと大幅に増加。スタートは五分でも速い二の足ですっと先手を奪いスローの流れに持ち込んだ。しかし、終始他馬からプレッシャーを掛けられたせいで早々に脱落。直線に向くころには、全く手応えが無かった。まだ腰も不安定で、しっかりと走れる形が整うまでもう少し時間が掛かるだろう。
国内におけるキーファーズの2歳オープン勝ちは本馬が初。質の高い馬を多く所有している割に、重賞の壁を越えることが出来ていない。こちらにはその期待が寄せられている。前走は単勝1.1倍の支持に応えて楽勝。ほぼノーステッキ。内にササルところを矯正しつつだったが、グングン加速して後続を完封。まだ一つギアを隠し持っていそう。
阪神でデビューし初勝利が中京。3戦目が東京。そして今回は京都。もうすでに環境が変わっても戸惑わない精神力を身につけている。パドックでも落ち着き払ったものだ。毛色は栗でも表情は祖母スマイルトゥモローにそっくり。しかしその祖母とは違い、府中コースでの上がり勝負は不利。下り坂を活かせる京都ならまた結果は違ってきそうだ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。