IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年10月26日(土)

11R

2019年10月26日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走

第62回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5900、2400、1500、890、590万円 | レコードが出たレース

昨年の覇者。この距離では大崩れしないのが最大の強み。このところ凡走が続いているが、状態面では決して見劣っていない。問題は成長性。戦う相手がどんどん力を付けていることと比べると、こちらは良い状態をキープしているだけで成長がみられない。適鞍のここで手を替えてどう変化してくるかが見物だ。
成長途上の3歳牝馬。この秋2走目。前走のスプリンターズSは、いきなりの短距離戦にも拘わらず、能力以上の走りをしてくれた。確実に成長している。今回は自身が最も得意とする条件。スピード性能に磨きが掛かった今、より良いポジションで競馬ができるようになっていれば、古馬の牡馬相手でも最高の結果を導けるだろう。
グアンチャーレと同じ7歳馬。このところダートや短距離を使うなど、長所を活かそうと試行錯誤されているご様子。現状は結果を残せていないが、成果をもたらすきっかけにはなるだろう。芝1400m戦は4年前に1度だけ経験。当時は逃げて11着に敗戦している。ピンパータイプで、こういう条件でこそ気にしておくべき馬。
クラブ馬らしく良い条件を選んで使われ、しっかりと賞金を積み上げてきた。昨年11月にオープン入りしてから結果を残せてないものの、1400mから1600mに適性を見いだせたことは大きな収穫。別定の今回は条件的に厳しく好走は難しいかも知れないが、この条件を使われつづければそのうち馬券に絡む機会が生まれるはず。
全盛期は17-18年3月。それ以降は地道に賞金を稼ぎ馬主孝行な馬。しかし競馬ファンは一切恩恵にあずかれていない。全盛期にみせていたスピード性能は翳り、お得の道悪馬場でも結果を残せていない。近走の履歴から強調する点は全く見いだせない。強いて上げるなら、京都コースの相性の良さか。
短距離気質のダイワメジャー産駒。最近は1600mを積極起用され結果を残している。阪神牝馬S(芝1600m)では連対を果たした。本質は1400m。馬場が軽く時計がでる状態でこそ持ち味を発揮する。秋初戦の前走は1600mだったが持ち前のスピードセンスと先行有利な馬場を味方につけて本番へステップを確かなものにした。
2015年にシンザン記念を勝利して以降、4年間好走と凡走を繰り返しながら4年ぶりのGIチャレンジとなった前走の安田記念。逃げて押し切る競馬を試みるも4着まで。1400m戦は過去に2度経験。昨年の同レースで3着している。時計がかかる馬場が味方をしたか。多頭数だった白秋Sでは見せ場を作れずに敗れている。
前走の函館記念は見事な逃げ切りがち。今回は距離を二段階も縮めてきた。もちろんこの距離は未経験。マイラー質のスピードをもっていても脚力自体はそれほど高くない。1400m戦はマイル戦以上に脚力を要する分、持続的な流れの中で最後の一押しが効かせられるかどうかがポイントとなりそう。
素材は言うまでもなく重賞クラス。結果を残せない最大の要因は気難しさにある。主戦の福永騎手も非常に悩ましいところだろう。前走はデキ落ち気味で気性以外の問題もあった。そこは外厩でしっかりと回復させてきていると思われる。もっとも、気性難だけは別問題。特殊な馬具を駆使してで上手くコントロールできるかどうか…。
昨年の安田記念を勝利。同年秋のスワンステークスで連対を果たして以降、掲示板にすら上れていない。馬体の増減が激しいことから、年齢とともに、体の調整が難しくなっているのかも知れない。1400mは1600mよりも力を発揮できる舞台。また、連対した昨年よりも斤量が1kgも減る。叩いての今回はまさに走り頃と言える。
昨年12月にオープンに昇級し、それ以降勝ち鞍はないが、京都芝1200mで3着に好走した履歴をもつ。スピード非凡のディープ産駒。1200mばかりを使われているものの、スタイル的にはスピード必須の1200mよりも、多少余裕を作れる1400mのほうがこの馬の脚を生かしやすいかも知れない。今回の乗り替わりは興味深い。
1600mで身体を作られてきて、昨年春の京王杯SC(東京芝1400m)で重賞を初制覇。それもレコードのおまけ付き。そこを勝利したことで条件が厳しくなり、また、持ち前のスピードを生かしづらいシチュエーションが続いたことで、人気を大きく裏切る結果が続いている。仕切り直しの今回も条件が良くなるとは言いがたい。
厩舎の稼ぎ頭になるべき馬。血が良く、父と母の適性レンジからずっと1400mを使われ結果を残している。前走は1番人気で敗戦。“ささり対策 として使われている左側チークピースの効果が生きなかった。今回は右回りの1400m戦。左回りのささり癖を上手く利用できれば期待値以上の走りが実現できると見ているが。
2歳時と3歳春の好走歴を引きずったまま5歳に。馬券に絡む回数は少なくなったものの、レース内容自体は決して悪くなっていない。見せ場が作れないのは鞍上の意識の持ち方もある。今回は、自身が最も得意としている条件。叩いて3戦目。もう一段階デキが上向いていれば見せ場は作れそうだ。
ダービーを境に池江厩舎に転厩。蹄が悪くトレーニングを積みにくい時期もあった。能力上は、3走前の阪急杯が本来の姿。しかし自分から競馬を作れない弱みがあり、後手に回らざるを得ない。この中間、外厩で脚質転換を図った育成ができていれば、阪急杯以上の走りを実現できてもおかしくない。ただし蹄の良化は絶対条件。
忘れられているかもしれないが、歴としたGIホース。生涯芝を使われるのはこれで4回目。過去3戦すべて重賞で、見せ場すら作れていない。精神面を早々に完成させてハイレベルなGIを勝たせてしまったことで、心身ともに、さらにその上を目指せない状態に陥ってしまった。今回も同様の状況。大きな変化は見込めない。
4歳牡馬。今回は半年の休み明けでスミヨン騎手を従えて臨んできた。1400m戦は5戦4勝、2着が1回と、ほぼパーフェクトといえる実績。適鞍とは言いがたい2走前の重賞では、潜在能力の高さを披露。のびしろが広がった。次走のリステッドでは順当に勝ち上がり、短距離の時計勝負にも対応できるところを示した。
GI以外の競走で、ひさびさに斤量58kgの縛りが解かれる。すでに6歳でも、1200m戦ならまだ十分GIでも好走できる能力を維持している。一方、1400m重賞では好走の履歴がなし。1200m戦で持ち前のスピードを発揮して先行し粘り込むパターンが、パフォーマンスを最も発揮できる条件であることは間違いない。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。