2019年10月13日(日)

11R

2019年10月13日(日) | 4回京都4日 | 15:40発走

第24回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

約4か月振りのローズS(阪神・GII・牝・芝1800メートル)はほぼ仕上がる。好発を決めたものの、控えて中団。多少行きたがる面を見せたがすぐに折り合う。そこからは馬群の中でジッと我慢をして直線に。スローペースから上りの速いレースになったため、前を捉えるのに苦労したが、最後は粘るビーチサンバをクビ差捉えてレコード勝利。その反動が気になるが、以降の調教過程からは問題なさそう。ここも中心視。
ローズS(阪神・GII・牝・芝1800メートル)は好発を下げて先団の一角。4角では更に位置が後ろになったが、そこから盛り返すように伸びてきてダノンファンタジーのレコード勝利から0.5秒差の5着と掲示坂を確保。「距離を考えて」意識的に抑える競馬をしたようだが、「長かった」と池添騎手。その伝でいくと今回の2000メートルは微妙といえそうだが…。
約2か月半振りの夕月特別(阪神・牝・2勝クラス・芝1800メートル)は逃げたタンタラスの3番手。好位のインでスムーズに折り合い、直線は粘るタンタラスに難なく並びかけ、そこからアッサリ抜け出して3馬身差を付ける完勝。エルフィンS(L)2着、チューリップ賞6着は伊達ではないところを証明。軽視は危険で、ここも要警戒。
茨城新聞杯(中山・2勝クラス・芝2000メートル)は中団を追走。そのままインをロスなく立ち回り、4角は最内を突いたが進路が開かずに一旦はブレーキをかけたが、そこから盛り返すように伸びてヒシヴィクトリーから0.3秒差の4着。牡馬相手を考えれば内容は悪くなく、ここにきて力を付けていることも確か。勝ち負けはとも角、見せ場位なら作れても不思議はなさそうだ。
オークス(GI)は比較的速いペースになったが、先団4番手に付けて運ぶ。ほぼ同じ位置で運んだカレンブーケドールが勝ったラヴズオンリーユーのクビ差2着に対し、同馬はそこから更に2馬身半差の3着。少々物足りなさは残るが、速いペースを追いかけた影響があったことも確か。それでも力は示した一戦といえる。430キロ台の小柄な馬体も「春よりフックラ」とのこと。戦績はここなら上位といえる同馬。今夏の成長次第でチャンスは十分ありそうだ。
1勝クラスの特別を勝って臨んだ紫苑S(中山・GIII・牝・芝2000メートル)は好位集団の一角。直線は伸びず、バテずといった感じで流れ込み、勝ったパッシングスルーから0.6秒差の6着。減った体が戻った点はプラス材料だが、重賞ではやや荷が重い印象は否定できず、ここは様子見が妥当。
約4か月振りのローズS(阪神・GII・牝・芝1800メートル)は好仕上がり。序盤は後方に位置していたが、スローと見るや、勝負所から一気に進出を開始。4角では早くも先頭に立つという好判断。そのまま押し切るかに見えたが、一追い毎に伸びてきたダノンファンタジー(レコード勝利)にゴール寸前、クビ差交わされて惜しい2着。しかしレース振りに幅が出たことはプラス材料。1勝馬とはいえ、戦績は中々。今回も当然有力候補の一頭に。
約3か月半振りの紫苑S(中山・GIII・牝・芝2000メートル)は4キロ増とマズマズの仕上がり。発馬後に躓いたが二の脚で2番手に付ける。スローペースでも折り合いは付いて、理想的なレースができたと思えたが、抜け出したところをパッシングスルーとフェアリーポルカの2頭に交わされ、0.1秒差の3着。人気でマークされる立場が微妙に影響した感。叩いた効果とオークス2着の実績はここなら上位。内回りの2000メートルも器用さを生かすには十分。ここは有力候補の一頭に。
約4か月振りのローズS(阪神・GII・牝・芝1800メートル)は太目感なく仕上がっていた。押して先行し、先団のインにいたが、勝負所の手応えは今イチ。そこからジリジリと後退し、勝ったダノンファンタジー(レコード勝利)から1秒差の9着と敗退。騎乗した岩田康誠騎手も敗因が「……」といった様子では、本番での巻き返しは覚束ないだろう。
オークス(GI)は出負けをして後方3番手から。腹を括って直線勝負に徹し、直線は大外に進路を取り、ジリジリながらも良く伸びて勝ったラヴズオンリーユーから0.7秒差の7着。勝ち鞍は2勝のみだが、重賞では桜花賞9着以外は大崩れはしていない。もう一押しが欲しい感は否定できないが、夏場の成長次第では見せ場位は作れても良さそうだ。
約3か月半振りの紫苑S(中山・GIII・牝・芝2000メートル)は16キロ増でもこれは成長分。前を行くカレンブーケドール、パッシングスルーの直後、4番手から虎視眈々。直線はこの2頭の内を突き、3頭の叩き合いに持ち込み、一旦は抜けたかに見えたが、パッシングスルーにハナ差及ばずの2着。同馬も牡馬相手の若駒S(L)3着、フローラS(GII・5着)とそれなりの実績を持っていた馬。決してまぐれではなく、今回も軽く扱うことは危険。要注目の一頭に上げておく。
ラジオNIKKEI賞(GIII・54キロ・芝1800メートル・不良)は中団を追走していたが、3〜4角にかけて外から他馬が来ると手応えが怪しくなる。「馬場を気にしていた」こともあり、直線に入るとジリジリ後退。勝ったブレイキングドーンから1.8秒差の13着と敗退。今回は牝馬同士になるとはいえ、ここまでの戦績から激変は考えにくく、様子見が賢明かもしれない。
2戦2勝し、3連勝をかけて臨んだ白井特別(中山・2勝クラス・芝1800メートル)は逃げたミヤビパーフェクトの2番手に付ける。4角入口で一旦は2着のロフティフレーズに抜け出されたが、慌てること無く、最後はクビ差捉えて3連勝を達成。「凄い馬」とM.デムーロ騎手が言うようにまだ底を見せていない魅力がある。超一線級とは今回が初めてだが、3勝全てが違う競馬場でのモノで京都も問題はないハズ。人気にもよるが、穴の魅力を持つ一頭だ。
約4か月振りのローズS (阪神・GII・牝・芝1800メートル)は6キロ増と仕上がり良好もイレ込みが目に付いた。中団に付けてスムーズに運んだが、いざ追い出すと思った程弾けず、勝ったダノンファンタジー(レコード勝利)から0.2秒差の4着。距離が長かったのか、イレ込みなのかは不明だが、本番は更に1ハロン延びて2000メートル。プラス材料とはいえないだろう。
フラワーC(中山・GIII)を勝って臨んだオークス(GI)は逃げたジョディーの2番手に付ける。4角では早々と先頭に立ったが、ある程度ペースが流れたため、最後は一杯。勝ったラヴズオンリーユーから1.7秒差の9着。「距離が多少長かったのかも」とは陣営談。それを考えると今回の2000メートル・内回りはプラスに出る可能性は大。鞍上に乗り慣れたC.ルメール騎手を迎える点も◎。一応の注意は払っておきたい。
1勝クラスを勝って臨んだ紫苑S(中山・GIII・牝・芝2000メートル)はカレンブーケドールをマークするかのように直後の3番手に付ける。スローペースでも折り合いはピタリと付いて、手応えも十分。直線は内から来たフェアリーポルカ、外のカレンブーケドールとの叩き合いとなり、ハナ+半馬身差凌いで勝利。秋華賞の権利を獲得。春はシンザン記念(GIII・4着)、フローラS(GII・4着)の実績があった馬。決してフロックではない。ここも警戒は必要だろう。
昇級初戦となったシンガポールターフクラブ賞(中京・2勝クラス・芝2000メートル・重)は離れた3番手に控え、4角では手応え十分。直線に入り、軽く仕掛けられるとアッと言う間に抜け出し、2着のコーカスに4馬身差を付けて完勝。「勝った馬が強かった」とは川田騎手。前日の3勝クラスの勝ち時計が稍重で2分00秒1に対し、同馬は重で同タイム。今夏の成長次第では侮れない存在になりそうだ。
1勝クラスの平場(新潟・牝・芝2000メートル)は好位の一角から。直線に入っても手応えは十分で、追い出しのタイミングを待つ余裕。最後はティグラーシャをクビ差交わして2勝目をゲット。春の東京・スイートピーS(L)でカレンブーケドールのクビ差2着がある同馬。ここに入ってもそれ程見劣るとは思えず。人気が無いようならむしろ穴で狙ってみる手も。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。