IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年1月13日(日)

11R

2019年1月13日(日) | 1回京都4日 | 15:45発走

第66回日経新春杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

「前走後は短期放牧を挟んで、帰厩後はここを目標に調整をしてきました。ここまでは順調にきています。ハンデは許容範囲内なので、後は折り合いを付けて、うまく立ち回れるようなら…と思っています」(徳江調教助手)。 ◎叩き2戦目の中日新聞杯(55キロ・芝2000メートル)は18キロ増でも回復したモノと見てよさそう。離れた後方3番手を進み、直線はジリジリと差を詰めてギベオンから1.1秒差の7着。重賞は小倉大賞典5着が最高着順で、GIIでは荷が重いことは確か。距離も疑問で見送りが妥当か。
「菊花賞は不利な外枠を克服して5着と健闘してくれました。少し間隔が開いた分、1週前の追い切りは少しモタ付きましたが、あの一追いで変わったのかもしれません。今日はラスト重点とはいえ、ゴールを過ぎてからも少し伸ばしましたが、力を要する馬場でもシッカリ走れていましたからね。今の京都の馬場もそれほどよくないようですからね。輸送は問題ないし、コースも大丈夫。ここにきて馬体が成長しているし、ここは楽しみな一戦です」(尾関調教師)。 ◎3か月振りの菊花賞は2キロ増と好仕上がり。大外枠だったため、無理をせず後方を折り合って追走。ほぼ直線だけの競馬だったが、大外から最速の末脚(33秒9)で鋭く伸び、フィエールマンから0.5秒差の5着と善戦。コース・距離共にOKで、ハンデもそれほど重くはないハズ。鉄砲は利くタイプで、ここならいきなり上位争いになっても…。
「元々調教は動く馬ですが、それにしても今日は馬場を考えればよく動いたと思います。休み明けになりますが、いい仕上がりで臨めそうですよ。ただ今回は格上挑戦で重賞になりますからね。51キロの軽ハンデを生かしてどこまでやれるかでしょうね」(湯窪調教師)。 ◎小倉記念(51キロ)は逃げたマウントゴールドの3番手。直線入り口までは頑張っていたが、最後は粘りを欠いて、勝ったトリオンフのレコード勝利から0.8秒差の6着。1000万所属を考えれば、よく頑張ったといえるが、今回もハンデ戦とはいえGII。上位までは疑問。
「菊花賞は外々を回らせる格好になってしまいましたからね。この距離は条件特別とはいえ、強い勝ち方をしたことがある馬。今日は長目からシッカリ負荷をかけることができたし、馬場を考えれば時計的にも十分動いていると思います。古馬相手の重賞になりますが、メンコを2枚重ねるなど馬具の工夫などもするので、併せて楽しみにしています」(西園調教師)。 ◎菊花賞は好位集団の外目。行きたがる面を見せていたが、その後は概ねスムーズ。4角で3番手に上がるが、直線で2着のエタリオウに交わされるとズルズルと後退。フィエールマンから1.7秒差の12着。同馬もスローペースで泣いたクチ。当該距離は2戦2勝と得意。コースもOK。ハンデ面も恵まれそうな今回は巻き返しがあってもよさそうだ。
「休み明け2戦目でキッチリ勝ってくれましたね。その後は少し脚元に疲れが出たので、在厩しての調整。中間も緩めること無く乗り込んできたので、今は問題ありません。いい状態をキープできています。今回は昇級初戦+重賞になりますが、入厩当初から期待をしていた一頭だし、ハンデ戦ですからね。決して荷が重いとは思っていないので楽しみにしています」(木村調教師)。 ◎オリオンS(阪神・準OP・57.5キロ・芝2400メートル)は離し逃げを打ったチカノワールの2番手。3角から前との差を詰め始め、4角では射程圏。直線は持ったままで抜け出したが、アルメリアブルームの急追をハナ差凌いで勝利。長期休養前は菊花賞でサトノダイヤモンドの0.7秒差6着がある馬。今回は昇級初戦+重賞になるが、ハンデ一つでは…。
「体の方はできているので、今日は馬ナリでサラッと。今回は格上挑戦&重賞になりますが、京都の外回りの方がレースをし易いと思います。49キロの軽ハンデを生かして頑張って欲しいですね」(川又調教助手)。 ◎昇級初戦のオリオンS(阪神・準OP・51キロ・芝2400メートル)は逃げたチカノワールの離れた4番手。勝負所で包まれ気味になり、位置を下げざるを得なかったことは痛かったが、直線はジリジリ盛り返してシュペルミエールから0.5秒差の3着。今回は格上挑戦&重賞、ハンデは軽くなるが上位争いまでとなると厳しいだろう。
「前走後は短期放牧を挟んでここに。硬さが見られた体に柔らかさが出てきた点はよかったと思います。1週前に坂路である程度やりましたが、今日もジョッキーが騎乗し、坂路で単走。好感触を得た様子でした。大分いい頃のデキに戻ってきたし、高速決着ではなく消耗戦の形になるようなら出番があっても…と思っています」(中村調教助手)。 ◎ジャパンCは好位から。4角までは頑張っていたが、直線に入るとジリジリと後退。アーモンドアイから3.7秒差の12着。この馬には時計が速過ぎたといえる内容。昨年のこのレース(52キロ)がパフォーマプロミスの0.2秒差3着。日経賞勝ちを含め、2400〜2500メートルの距離を得意としている同馬。前々でリズムよく走れるようなら食い込みは可能。
「前走後は短期放牧を挟んで、帰厩後はここを目標に調整をしてきました。放牧先でも緩めずに乗っていたし、1週前にある程度やってあるので、今日はラスト重点でしたが、動きは良かったと思います。京都の馬場は合うと思うし、どんなレースでもできる馬。乗り慣れたジョッキーの騎乗になるし、強敵相手に戦った前走の経験が今回に生かされるようなら…と思っています」(杉山調教師)。 ◎ジャパンCは発馬で出負けをして中団から。近走がハナを切るレースをしていたため、追い出しての伸びは見られず。レコード勝ちしたアーモンドアイから1.7秒差の8着。昨年春から力を付けてきていることは確かだが、何故か京都との相性は今イチ。力は劣らないが、ハンデ&コース面がどう影響するかが今回のカギになりそうだ。
「1週前にシッカリやってありますが、今週も坂路でビシッと追い切りました。ここにきて気合が乗ってきたし、歩様に硬さも見られずいい雰囲気でレースに臨めそうですよ。前走はこの馬向きの流れとはいえませんでしたが、それでも最後は脚を使っていましたからね。ここも流れに乗った競馬ができれば…と思っています」(西橋調教師)。 ◎チャレンジC(阪神・芝2000メートル)は後方2番手から。道中もこれといった動きはなく、直線も流れ込んだだけといった内容でエアウィンザーから1.2秒差の9着。良績の大半がマイル戦で1800メートルまでが限界かという馬。ハンデ云々以前にこの距離は長いといわざるを得ない。
「追い切りの動きは悪くなかったし、ここまでは予定通りの調整ができています。前走は初の右回りでしたが、問題なくこなしてくれたし、トップハンデで勝ったように準OPでは力が違いましたね。今回はOP&重賞になりますが、能力は通用すると思っているので、後はゲートを決めて流れに乗った競馬ができれば…と思っています」(田代調教助手)。 ◎グレイトフルS(中山・準OP・57キロ・芝2500メートル)は少し離れた好位から。初めての右回りだったが全く問題はなく、折り合いもスムーズ。直線で外目に出すと最速の末脚(35秒9)で2着のフェイズベロシティに3馬身差を付けて完勝。今回は昇級初戦+重賞になるが、ハンデ戦に加えて距離もOK。能力の高い馬で侮れない存在になりそう。
「前走は強敵相手にあのハイペースを先行策という厳しい展開でしたからね。幸いレースのダメージはなかったし、その後は在厩して調整をしてきました。元々が使いつつ良くなるタイプで、叩き3走目の今回は大分復調している感じがあります。前走で強敵相手に戦った経験が今回に生きるようなら、ここは楽しみな一戦になりそうですね」(宮本調教師)。 ◎ジャパンCは離し逃げを打ったキセキ(ペースはスロー)の2番手を、勝ったアーモンドアイと併走の形。4角までは食い下がっていたが、直線に入ると敢え無く脱落。アーモンドアイのレコードから4.2秒差の13着。昨年春後半からメキメキ力を付け、宝塚記念3着もある。距離・コースはOKで適度に時計を要する馬場にでもなれば出番があっていい。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。1週前にシッカリ負荷をかけてあるので、今日は単走で息を整える程度でしたが、ここまでは思い通りの調整ができたと思います。菊花賞はリズムよく運べませんでしたが、能力の高い馬。プラス体重での出走になると思いますが、重いのではなく成長分だと見て貰えれば…と思います。後は自分のリズムで走れるようなら…ですね」(高橋義忠調教師)。 ◎菊花賞は馬場先出し。テンションは普通。好位集団に付けて運んでいたが、道中はやや力みが見られた。結局は脚が溜まらず、直線に入ると失速。フィエールマンから1.9秒差の14着。距離は神戸新聞杯2着からOK。京都も問題なく、自分のリズムで走れるかどうかがカギ。ハンデがどうかも、前々でスムーズに運べれば巻き返しは十分可能だ。
「前走でジョッキーが抑え込んでレースをしてくれたことが、今回に結び付けばいいですね。折り合いに課題がある馬で、ここまで色々と工夫をしてきたので、一頃より大分力みが取れてきたような感じはあります。最初のコーナーを力むこと無く、スムーズに入れるようならこの距離も大丈夫なのでは…と思っています」(斉藤崇史調教師)。 ◎チャレンジC(阪神・OP・芝2000メートル)は後方で折り合い重視の競馬。道中も殆ど伸びらしい伸びは見られず、後方のままでエアウィンザーから1.8秒差の11着。今まで2000メートルまでしか経験はなく、2000メートルも3戦して条件戦を含めて4、12、5、11着。この距離はやはり長いといえるだろう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は入念に乗り込んできたので仕上がりはいいですね。今週の動きも悪くなかったし、後は自分の形に持ち込んで、リズム良く走れれば…ですね」(五十嵐調教師)。 ◎菊花賞は1枠1番と絶好の枠を引いたが、ジェネラーレウーノが速くてハナを奪えず。好位のインを進んでいたが、4角手前では早くも手応えが怪しくなってジリジリと後退。勝ったフィエールマンから3.5秒差の16着。本来がハナを奪ってこそのタイプ。距離に関しては未知だが、ハンデは軽そう。マイペースの逃げを打ってどこまで踏ん張れるかだ。
「前走は休み明けということもありましたが、ゲートで後手を踏み、自分の競馬ができませんでしたからね。1度叩いた割には良化がスローといった感じですが、よくなっていることは確か。昨年2着と好走しているレースなので、今年も頑張って欲しいと思っています」(昆調教師)。 ◎8か月振りのチャレンジC(阪神・芝2000メートル)は離れたシンガリのままエアウィンザーから1.8秒差のシンガリ負け。全く良いところなく終わった感じで、久々にしても負け過ぎの感。昨年のこのレース(56キロ)がパフォーマプロミスからクビ差の2着。叩き2戦目でどこまで立て直してくるかがポイントになりそうだが、力は十分足りる馬だ。
「前走は超が付くスローペースでしたが、発馬が一息で位置取りが悪かったことが応えましたね。それでもメンバー最速の上りで伸びてきたし、力は示せたと思っています。その後は放牧を挟みましたが、ここまでは順調に調整ができています。今日の追い切りは後ろから追いかける形でしたが、一頭だと全然動かない馬。動きはよかったし、休み明けとしてはいい状態で臨めると思います。京都替わりは問題ないので、ゲートに課題は残りますが、脚元の関係で一戦一戦が勝負の馬ですからね。今後に向けていいレースを…と思っています」(角田調教師)。 ◎3連勝と勢いのままに挑戦したアルゼンチン共和国杯(55キロ)は勝ったパフォーマプロミスをマークする格好。前半は後方、徐々に差を詰め始めて向正面では中団の後ろ。4角でも同様の位置だったが、一歩早目に動いたパフォーマプロミスを4分の3馬身捉えられず2着。東京に良績集中も右回り自体はOK。鉄砲も利く方でココも要注目の一頭。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。