競馬 - トヨタ賞中京記念 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年7月21日(日)

11R

2019年7月21日(日) | 3回中京8日 | 15:35発走

第67回トヨタ賞中京記念(GIII)

芝・左 1600m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

CBC賞は好位の内から伸びきれず6着。逃げるか、揉まれない2〜3番手が理想で、内枠で包まれては苦しかった。中京は4戦3勝。距離延長ですんなり流れに乗れればおもしろい。
G1・安田記念に挑戦した前走は15着。中団で直線に向いたが伸びがなかった。これで2戦連続2桁着順だが、3走前のG3・阪急杯は5着。G3に戻りハンデ54キロなら一変も。
六甲Sは中団を追走。直線は内からまずまず伸びたものの、他馬がこれを上回り12着に敗退した。重賞では力不足の感が否めないが、中京は過去2、3、3着と崩れていない。
前走・東京新聞杯は14着に敗退。2歳時のマイル戦2勝は緩い流れで、古馬混合になった昨秋からの3戦は苦戦が続く。実力的には互角以上だけに、立て直した効果があれば。
NHKマイルCは10着だったが、直線前半、そして坂を上がってからと2度の不利があった。前々走は中京のファルコンSで2着。ハンデ52キロ止まりなら、重賞初制覇のチャンスだ。
前走のNHKマイルCは2番手から直線半ばで先頭も、終いがもたず14着に終わった。昨年の朝日杯FSで2着の実績馬。前走も悪い内容ではなく、52キロなら展開次第で楽しみがある。
ヴィクトリアMは中団から上がり最速を記録するも、わずかに及ばず2着。牡馬相手は2走前・ダービー卿CTで僅差2着。当時から0.5キロ増ならその末脚が鈍ることはなさそうだ。
一変を見せたパラダイスS(2着)はスローで逃げ、上がりは11.1-11.1-11.7。同型次第だが、ゆったり入って4角から一気に加速するような走りができれば、再度の激走もあるか。
パラダイスSは約半年ぶりの実戦で、好位から伸びきれず9着。ひと叩きで上積みがどこまであるか。ここ2年の3勝はすべて1400m戦だが、脚さえ溜まれば1600mも対応できる。
ハナを切った米子S(4着)は勝ち馬にこそ楽に交わされたが、残り50mまでは2番手。オープン入り後14、15着から一変した。貯金を作って4コーナーを回れれば一発の期待も。
前走・安田記念は序盤後方から3角では好位。直線も伸びかけたが、最後は止まって12着。落鉄の影響もあったか。ムラだが夏〜秋の好走が多いタイプ。スムーズなら一変もある。
前走の朱雀Sは最後に先行勢の脚が止まったところを大外から豪快に差し切り、約1年半ぶりの勝利。相手関係に加え距離延長がカギも、中京はこの距離も含め2戦して3、2着だ。
58キロを背負った米子Sは中団で追い出しを遅らせたが、追われても伸びず10着に敗退した。4走前、56.5キロの京都金杯はじりじり伸びて5着に入っており、ハンデ56キロなら。
前走・NHKマイルCは後方から先頭に立とうかという場面も作り3着。2走前のアーリントンCは上がり最速で2着だった。中京は新馬戦を快勝。古馬相手でも53キロを味方に好勝負だ。
G1初出走のヴィクトリアMは、後方の内から6着とまずまずの結果。昨年の本競走は7着も、3走前の京都金杯はしぶとく伸び3着に入った。6歳牝馬でも昨年以上が期待できる。
前走・1月のカーバンクルSは58キロを背負って10着だった。1200mを3戦したが、もともとはマイル前後で活躍。ダービー卿CT2年連続2着もあり、この距離に戻って巻き返しなるか。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。