IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年6月30日(日)

11R

2019年6月30日(日) | 3回中京2日 | 15:35発走

第55回CBC賞(GIII)

芝・左 1200m | 天気:雨 | 馬場:不良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

2か月半振り&昇級初戦となった安土城S(京都・OP・54キロ・芝1400メートル・L)は好位から。「久々のせいもありましたが、スピードはOPでも通用すると思う」と城戸騎手談。結果は勝ったダイアトニックから1.9秒差の10着。今回は3戦3勝と相性抜群の中京だが、GIIIで相手強化。ハンデ差を見込んでも上位争いまでは疑問。
高松宮記念(GI)は後方から。勝負所でゴチャ付いたがその影響を受けずにスムーズな競馬ができた点が大きかった。終始インをロスなく立ち回り、直線も狭い内を突いてよく伸び、ミスターメロディから0.1秒差の3着と健闘。初のGIで結果を出せた点は収穫。短距離に路線を変更して5、3着。ここでも怖い一頭に。
叩き2戦目の高松宮記念(GI)は好発を決めたが控えて3番手。多少行きたがったが、その後は折り合って運ぶ。残り1ハロンで先頭を窺う勢いだったが、最後はミスターメロディから半馬身差の2着。ブリンカーを外した効果もあったようだ。今回はハンデ戦で斤量を背負うが、58キロまでなら許容範囲。ここも要注目の一頭。
高松宮記念(GI)は好位を進んでいたが3角手前で外から寄られて引っ張る不利があり万事休す。直線は流れ込んだだけといった感じで、勝ったミスターメロディから0.7秒差の9着。昨年のこのレースを54キロで勝利。前走は度外視できる一戦でGIIIなら十分やれる馬。ハンデは重くなるが、スムーズな競馬なら連覇の可能性も。
高松宮記念(GI)は好位の後ろ。インをロスなく運んだが、手応えの割に思った程伸びず、ミスターメロディから0.8秒差の10着。8歳という年齢の割には頑張っているが、大幅な変わり身となると疑問。1分8秒台の決着なら出番もありそうだが、時計勝負になるとやや分が悪そう。
韋駄天S(新潟・OP・50キロ・千直)は格上挑戦ということもあり、スピード負けといった感じで中団の後ろから。直線も伸びらしい伸びは見られず、流れ込んだだけといった内容で勝ったライオンボスから1.2秒差の12着。当該舞台で1000万下特別勝ちがあり、コース替わりはOKも今回はGIIIで更に相手が強化。軽ハンデでも見送りが妥当。
2か月半振りの春雷S(中山・OP・55キロ・芝1200メートル・L)は逃げたレジーナフォルテの2番手。直線は逃げ切りを目指したレジーナフォルテをゴール前でクビ差競り落として勝利。短距離に路線を切り替えてようやく初勝利。距離に慣れてきた点は収穫だが、今回は重賞。このハンデでどこまでやれるか…、試金石の一戦になりそう。
パラダイスS(東京・OP・52キロ・芝1400メートル・L)は中団から。直線は狙ったところが狭くなり、外に切り替える不利。それでもしぶとく伸びてショウナンライズから0.2秒差の3着。近2走がいい内容だが、ベストは1400メートルか。1200メートルは少々忙しい感は否めないが、少しでも時計を要するようなら出番があっても。
2か月振りの彦根S(京都・準OP・芝1200メートル)は仕上がり良好。初距離だったが逃げた2着のエンゲルヘンの3番手のインに付け、ロスのない立ち回り。直線で軽く仕掛けられると鋭く反応。2馬身半差を付けて完勝。今回は昇級初戦&重賞になるが「力を出し切れば重賞でも」と福永騎手。距離2走目+ハンデ戦となり穴で要警戒。
水無月S(阪神・3勝クラス・54キロ・芝1200メートル・稍重)は好位から。「馬場が悪いのはマイナス」と福永騎手談だったが、思ったより悪くならなかったことが良く、最後はしぶとく伸びてウインストラグルからクビ差の2着。コース替わりはOKだが、今回は格上挑戦。ハンデは軽くなっても、勝ち負けまでとなると厳しいだろう。
葵S(京都・未格付け重賞・芝1200メートル)は発馬直後に他馬と接触したため、後方からの競馬。いつもの競馬ができず、直線の伸びを欠いてディアンドルから0.8秒差の9着。フィリーズレビュー(GII)5着はあるが、高速決着になると疑問は否めず、開幕週は割引材料。ハンデの恩恵を見込んでも上位争いまでは厳しいか。
5か月振りの韋駄天S(新潟・OP・54キロ・千直)は16キロ増だが、これは戻ったもの。初の千直競馬ということもあり、思った程行けず後方から。それでも最後はジリジリと差を詰めてライオンボスから0.9秒差の8着。遠征した函館SS除外後の一戦で往復輸送が気になる点と、一連の成績を考えると狙える材料がなく見送りが正解。
デビュー戦以来の1200メートルとなった葵S(京都・未格付け重賞)は勝ったディアンドルの後ろから。道中の反応は今イチだったが、最後はしぶとく伸びて0.2秒差の3着。直線で進路を切り替える不利があったことを考えれば上々の内容。「この距離が1番合うと思う」と川田騎手談。3歳でハンデも重くはなく有力候補の一頭。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。