2019年3月24日(日)

11R

2019年3月24日(日) | 2回中京6日 | 15:40発走

第49回高松宮記念(GI)

芝・左 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 | レコードが出たレース

「久々の前走は戦闘モードに入っていなかったですね。使った後に多少反動が見られましたが、うまくケアできたので問題ありません。1週前にジョッキーに感触を確かめて貰ってあるので、今日はラスト重点でしたがこれは予定通りです。馬は元気だし、いい状態で臨めそうです。今回がラストランになるかもしれないので、後は菜七子騎手にこの馬の持ち味を出してもらえれば…と思っています」(高木調教師)。 ◎5か月振りのオーシャンS(中山・GIII・芝1200メートル)は発馬で出負け。後方のままといったレース内容でモズスーパーフレアから1.8秒差の15着。今年11歳。さすがに衰えは隠せない印象で見送りが賢明。
「前走は1400メートルの分、追走が楽でしたね。結果は8着でも着順ほど負けていませんから。1週前にコースである程度やってあるので、今日は坂路でラスト重点でしたが、動きは良かったと思います。今回はGIで更に相手は強くなりますが、前走内容が悪くなかったし、ここも自分の競馬でロスのない立ち回りをして持ち前の渋太さを発揮できるようなら…と思っています」(中山調教助手)。 ◎阪急杯(阪神・GIII・芝1400メートル)は逃げたダイアナヘイローの2番手。直線坂上辺りまで頑張っていたが、最後は力尽きてスマートオーディンから0.6秒差の8着。『敗因は不明です』と森一馬騎手談だが、距離は1200メートルがベスト。8歳で大幅な変わり身は望み薄でも使い込んで良くなる馬。馬場・枠順などが噛み合うようなら出番があっても…。
「前走はスピードに乗るところの4角で接触するアクシデントが応えましたね。そこまでいい感じで運べていただけに悔いが残る一戦でした。この中間はケアをしつつの調整でしたが、ダメージがなかったのは幸いでした。1週前にジョッキーが騎乗して坂路で自己ベストをマーク。最後までシッカリ動けていたし、1度使った上積みはあると思います。今週の追い切りも良かったし、中京で重賞を勝ったように左回りに替わる点はプラス材料。パワーがあるので馬場が渋っても問題ありません。相手は強くなりますが、ここでも通用する力はありますからね。スムーズな競馬ができれば楽しみです」(田代調教助手)。 ◎2か月振りの阪急杯(阪神・GIII・芝1400メートル)は8枠16番と大外枠。それでも発馬を決めて好位で折り合っていたが、直線に入るとタイムトリップと接触。『トモが流れてしまい、そこからトモに力が入らなくなりました』と福永騎手。その後遺症は心配だが、中京はファルコンSを勝った相性のいいコース。立て直した成果が出るようなら一発も。
「前走はブリンカーが利き過ぎた上に、出して行ったことで引っ掛かりましたからね。息が入らず制御不能になってしまいました。この中間はいつもの調教パターンではなく長目から追うように切り替えました。1週前に長目からやってあるので、今日はラスト重点でしたがこれで十分です。前走着けたブリンカーを外しても馬が行く気になっているので、今回は外す予定です。チークピーシズを付けるかどうかは思案中ですが、ハナに拘る馬ではないし、好位からでも競馬はできますからね。相手は揃いますが、衰えは見られないので枠順や展開などがうまく噛み合うようなら…と思っています」(上原調教師)。 ◎3か月振りのシルクロードS(京都・GIII・58キロ・芝1200メートル)は推しまくってハナ。前半3ハロン33秒3。2番手を引き離しての逃げを打ったが気分良く行きすぎたか、最後はアップアップ。ダノンスマッシュから1.3秒差の15着。一昨年の覇者でスピードに衰えは見られないが、近走があまりにも止まり過ぎで割引は必要かもしれない。
「休養明けの前2走は体重が増えて良くなっていたし、いい脚を見せてくれたようにジックリ休ませたことがいい方に出た感じですね。前走後は短期放牧を挟みましたが、帰厩後はここを目標に順調に調整ができています。2週に渡って坂路でいい動きをしてくれたし、9歳でも衰えは全く感じません。最後は必ず脚を使ってくれるので、この馬向きの流れになるようなら…と思っています」(西浦調教師)。 ◎叩き2戦目のシルクロードS(京都・GIII・57キロ・芝1200メートル)は大外枠に関係なく、例によって後方から。勝負所から大外を通って進出を開始し、直線もそのまま大外に持ち出すと鋭く伸びてダノンスマッシュから0.2秒差の3着と好走。9歳になっての2戦が3、3着と衰えを感じさせない戦い振り。GIで甘くはないが、見限るのは危険かも。
「前走は57.5キロを背負い、大外枠から強気の競馬。それに少し太かったこともあって5着でしたが、見せ場は十分作れたと思います。その後は短期放牧を挟み、いつもより早目に帰厩してここを目標に調整してきました。1週前にビシッと追い切ってあるので、今日はラスト重点でしたが動きは良かったと思います。昨年の中京で重賞(CBC賞)を勝っているので、いいイメージでレースに臨めるし、時計勝負も歓迎。後はCBC賞の時のように差し脚を生かせる流れになってくれればいいですね」(角田調教師)。 ◎2か月振りのシルクロードS(京都・GIII・57.5キロ・芝1200メートル)は8枠17番と大外枠で前にカベを作れず行きたがっていたが、どうにか折り合って中団の後ろ。勝負所から徐々に進出を開始し、直線も良く伸びてきたがダノンスマッシュから0.4秒差の5着。枠順・ハンデを考えれば健闘の部類。CBC賞を勝った舞台&定量戦なら見直す手も。
「前走が久々の1200メートルにしては上手に対応してくれたと思います。距離を短縮したことで最後まで集中して走れたようです。前走からレース間隔があまり開いてないので、今日は馬ナリでしたがこれで十分でしょう。あまり速い決着になるより、雨が降って他馬が走り辛くなるような馬場になってくれれば…と思っています」(田中剛調教師)。 ◎オーシャンS(中山・GIII・芝1200メートル)は好位の外。直線は一旦3番手に上がったが、前を行く2頭に離されると後ろから来た馬にも交わされてモズスーパーフレアから1秒差の5着。久々の1200メートルで掲示板を確保したとはいえ、今回はGIで相手は強化。様子見が妥当だろう。
「1週前にジョッキー騎乗である程度負荷をかけましたが、素晴らしい動きでしたね。7歳になりますがあれだけの時計を出せるのだから大したものだと思います。悔いのない仕上げをしたいので、今日も最後までシッカリ追い切りました。集中力・動き共に言うことはありません。昨年のこのレースは勝ったと思ったけど、ゴール寸前で差されて2着。2年連続2着と悔しい思いをしていますからね。今年で4回目の挑戦になりますが、年齢的にも今年がラストチャンスだと思っているので、何とか結果を出したいと思っています」(梅田調教師)。 ◎3か月半振りの阪急杯(阪神・GIII・芝1400メートル)は好枠を意識して押して3番手に付ける。直線も最内に進路を取り、良く伸びたが勝ったスマートオーディンの末脚に屈して1馬身差の2着。それでも前哨戦としては好内容といえる戦いぶり。このレースは過去3年挑戦して8、2、2着。7歳&4度目の挑戦で夢が実現する可能性も。
「前走は勝った馬が強かったですね。それでも外を回すと気を抜くクセを出さずに走れたことは収穫だったと思います。今日は気持ちを乗せる程度と思っていましたがこの時計。速過ぎたかもしれませんが、引っ張り切りでしたからね。間違いなく前走時より良くなっていると思います。どんな競馬でもできる馬。力の要る馬場は得意ですが、滑る馬場や道悪は爪の形からあまり良くないかもしれません。枠順や色々な条件がうまく噛み合って欲しいと思いますが、いい状態で臨める今年は楽しみにしています」(杉浦調教師)。 ◎オーシャンS(中山・GIII・芝1200メートル)は勝ったモズスーパーフレアの離れた3番手。4角で2番手に上り、直線も良く伸びたが前が止まらず、1馬身4分の1差の2着。昨年と同じローテーでの参戦。昨年はファインニードルの3着だったが、今年も衰えが見られないことから上位争いの一角にマークしておきたい。
「いつもは行きっぷりがいい馬なのに、前走はゲートを出てから促して行く感じでしたね。それでいて3角過ぎには自分から止めていましたから…。ここ2戦の内容は今一つですが、飼い食いや歩様は悪くありません。追い切った後に馬体に張りが出てきたし、馬体が良かった頃の感じに戻ってきました。状態は上向きなので、今回は押っ付けずに馬任せで運べるようなら…と思っています」(森田調教師)。 ◎叩き2戦目のオーシャンS(中山・GIII・芝1200メートル)はモズスーパーフレアの2番手に付けたが、4角で2着のナックビーナスに交わされると、直線はジリジリと後退。シルクロードSに次いで2戦連続シンガリ負けを喫する。スプリンターズS2着の実績は認めても、ここ2走があまりにも負け過ぎ。どこまで立て直せるかがカギ。
「中間障害練習を取り入れたことで昨秋より体の使い方が良くなってきた感じ。前走は着順はとも角、最後までシッカリ走らせてくれたことで、内容自体は良かったと思います。この中間はビシビシ追い切ったし、1週前は遅れたとはいえ、CWで77秒台なら悪くないと思います。今日は坂路で相手なりの併せ馬でしたが、動き・状態は良くなっていると思います。差しの利く馬場になっていますが、この馬も以前は差す競馬ができていましたからね。乗り方は乗り役さんに一任するだけ。体のこなし方さえ戻れば見直せるのでは…と思っています」(昆調教師)。 ◎2か月振りの阪急杯(阪神・GIII・芝1400メートル)は痛恨の出負け。結局は後方のままで脚を使うシーンはなく、スマートオーディンから0.9秒差の13着。ゲートに難がある馬でアテにはできないが、嵌ればいい脚を使う馬。相手が強くなる今回は楽ではないが、発馬を決めて好位で流れに乗った競馬ができるようなら見せ場位は作れても。
「前走はスタートで寄られて先行できなかった上に、直線でも追えないシーンがありましたからね。それでも馬込みを捌いて3着なら評価できると思います。その後は順調に調整ができているし、1週前の坂路で併せ馬をしてビシッと追い切りました。元々調教は動く馬ですが、動き・時計共に良かったし、体調面は言うことがありません。左回りは重賞を勝っているし、GIで相手は揃うとはいっても抜けた存在が見当たりませんからね。前走の内容から初の1200メートルでも対応できると思うので、立ち回りと脚の使いどころ一つでチャンスがあるのでは…と思っています」(須貝調教師)。 ◎叩き2走目の阪急杯(阪神・GIII・芝1400メートル)は他馬と接触して中団のインからの競馬になる。直線も最内を突いて伸びてはきたが、3着までが一杯。今回は更に1ハロン短縮の1200メートル。追走に苦しむかもしれないが、前走の競馬が今回に繋がるようなら出番があっても良さそうだ。
「前走後は短期放牧に出し、帰厩後はここを目標に調整してきました。1週前に体重の重い助手が乗って坂路で49秒台。先週の時点でほぼ態勢は整った感じです。今日はジョッキー騎乗で馬ナリでしたが、気分良さそうに走れていましたからね。父親がそうだったようにトモの緩さや腰の甘さは残っていますが、昨年の今頃に比べれば大分シッカリしてきたと思います。その分、スピード決着にも対応できるようになったと思います。今回はGIで更に相手は強くなりますが、お父さんが4歳時(当時は3歳)になし得なかった夢をこの馬に託したいですね」(安田隆行調教師)。 ◎2か月振りのシルクロードS(京都・GIII・56.5キロ・芝1200メートル)は好位のイン。向正面で他馬と接触、直線はスペースがなく追い出しを待たされたが、1ハロン手前で進路ができるとアッサリ抜け出して2着のエスティタートに1馬身4分の1差を付けて重賞2連勝。ここにきて本格化した感があり、左回りもOK。GIのここは試金石の一戦。
「前走は内目の枠だったし、前が残る展開を考えるともう少し前目で競馬をして欲しかったですね。最後に脚を使っていただけに勿体ないレースでした。1週前にある程度やってありますが、今日は馬ナリとはいえ、最後までいい動きをみせてくれました。中京の芝で2勝しているように実績があるコースなので、コース自体に問題はありません。今回はGIで相手が揃っていますからね。枠順などを含めて色々な条件がうまく噛み合って能力を出し切れるようなら…と思っています」(高木調教師)。 ◎オーシャンS(中山・GIII・芝1200メートル)は中団の後ろ。直線は馬群を縫うように伸びてきたが、ハイペースの割に前が止まらず、モズスーパーフレアから0.8秒差の4着までが精一杯。この舞台で準OP勝ちがあるのでコースはOK。後は力関係がどうかだけ。
「前走はもう少しゆっくり行きたかったけど、前半3ハロンが32秒3。追いかけた馬が後方まで下がりましたからね。このスピードがこの馬の持ち味なのだと思います。その後は疲れをシッカリ取ってから始動。レース間隔が詰まっているので、単走でサラッとでいいと思いましたが、無理をせずにこの時計。むしろ時計を遅くする方が良くないのかも…。以前中京を使った時は1400メートルだったし、当時と今とでは馬が全く違いますからね。コース替わりについては気にすることはないと思います。走法から多少馬場が悪くなる程度なら問題ないと思います。後はジョッキーに一任ですね」(音無調教師)。 ◎オーシャンS(中山・GIII・芝1200メートル)はゲートの出自体は普通。そこからハナ争いを制して前半3ハロンを32秒3というハイペースで飛ばし、3角では後続を引き離す。上り3ハロンを34秒6でまとめたのでは2着のナックビーナスもなす術はなく、完勝。中京(左回り)5着は1400メートル。GI&中京で過信はどうかも距離は◎。
「前走の32キロ増はシッカリ調教を積んでのモノでしたが、やはり数字が示す通り太かったと思います。それでも勝ったのはスムーズに折り合えたからだと思います。その後は放牧に出してリフレッシュ。3月12日に帰厩しました。その時の体重が500キロ。土曜日と今日の追い切りでほぼ仕上がったと思いますが、前走と同じか少し増えての出走になるかもしれません。今回はぺースが速くなるので折り合いは大丈夫でしょうが、1200メートルは少し忙しいし、相手も強くなりますからね。左回りに結果が出ていない点も気懸かり。そんな状況下で今回はどこまでやれるか…でしょうね」(大竹調教師)。 ◎3か月振りの京都牝馬S(GIII・牝・芝1400メートル)は32キロ増とややフックラし過ぎた体付き。ゲートを五分に出て中団から。直線は内を突くかに見えたが、外目に切り替えて良く伸び、2着のリナーテに半馬身差を付けて重賞初制覇。当該距離は4戦2勝と◎だが、課題は左回りと時計勝負になった時の対処。それさえクリアできれば可能性も。
「疲れは見られなかったので連闘で中山に持って行った前走は、前が止まらない流れでしたが、最後はいい脚で追い上げてくれましたね。気難しい面がある馬なので、折り合いに苦労しない1200メートルの方が合うのかもしれません。連闘明けで中2週になるので、この中間は疲労回復に専念。日曜日に軽目をやり、今日は一杯に追い切りましたが動きが良かったし、馬は元気一杯です。今回はGIで相手は強くなりますが、この時季は体調がいいですからね。理想とする好位からの競馬をしてどこまでやれるか…、楽しみはありますけどね」(森田調教師)。 ◎連闘で臨んだオーシャンS(中山・GIII・芝1200メートル)は中団のイン。直線も内に潜り込み、渋太く脚を使ってモズスーパーフレアから0.6秒差の3着と健闘。時計的には自分の持ち時計だけ走ったということだが、重賞でもやれることを証明。ただ今回はGIで相手は更に強化。正直、どこまで食い込めるかといった感は否めないかも…。
「前走は体が減っていたので、この中間は馬体を戻すことに専念してきました。飼い葉をシッカリ食べているので、もう馬体は戻っています。最近はスタートが一息。あまり後ろからの競馬では厳しいと思うので、せめて中団辺りに付けたいですね。この距離にも良績がある馬。前走がボコボコの馬場を気にしていたので、良馬場で競馬ができるようなら楽しみですね」(森田調教師)。 ◎叩き2走目となったオーシャンS(中山・GIII・芝1200メートル)は14キロ減が応えたのか、あるいは馬場が緩かったことが影響したのか、勝負所の反応は今イチ。直線に入り追い出してからの伸びも案外で、モズスーパーフレアから1.4秒差の10着。昨秋のスプリンターズS4着馬。中間の立て直しがカギになるが、この一戦だけで見限るのは早計かも。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。