IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年12月28日(土)

11R

2019年12月28日(土) | 5回中山9日 | 15:30発走

第36回ホープフルステークス(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

2戦目で未勝利を脱出し臨んだ札幌2歳Sで勝利。馬体重410kg台と小柄ゆえ非力さを感じさせる。しかし時計が掛かる状況となると躍動。札幌2歳Sでは、最終コーナーで大きな不利を受けたにもかかわらず、大外から力強く進出し、前を行く人気馬たちをあっさり交わして勝ちきった。ゴールドシップ産駒らしくスタミナ性能は相当高そうだ。
新馬戦のパドック。他馬とは明らかに雰囲気が違う。馬体重は456kg。ディープ産駒において理想的な体躯の持ち主。東京スポーツ杯2歳Sでは淀みのないペースにおいて、終いまでバテることなく末脚を繰り出し驚異のレコードで走破。これは古馬3勝クラスに匹敵する時計だ。追えば一瞬でトップスピードまで加速できる脚力は、小回りの中距離戦でこそアドバンテージとなる。
ディープインパクト×母父ファルブラヴの産駒。そこからイメージできる通り、距離適性は短距離からマイルあたり。体の使い方からも距離が延びて良いタイプとは言えないだろう。前走は勝負所で動き出しを待たされるロスがあった。その分脚を溜めることができたわけだが、直線に向いてもはじける脚がなく、前との差を詰めることができずに流れ込んだだけ。まずは適鞍を模索したい。
500kgの体躯を最大限に活かした走りは晩年の父を彷彿とさせる。新馬戦は、好発切ってテンからロスなく折り合いをつけて進み、直線に向いて溜めた脚を一気に爆発させると、余力をもって先頭に立ち、後続の追撃を許さずに粘り込んだ。「距離は短くなるよりいい(野中騎手)」とコメントを残しているように、短距離血統でも中距離適性の高さを示した。
菊花賞馬ワールドプレミアや皐月賞2着のワールドエースの半弟。こちらはドリームジャーニー産駒でも490kgの大型に仕上がった。新馬戦は重馬場にも労せず先行し、4コーナー過ぎからダイナミックに抜け出して、そのまま押し切り快勝。前走は多数の素質馬を相手に、直線の上がり勝負で競り勝った。パワーはもちろん、素晴らしい勝負根性も備え持っている。
姉はフラワーC勝ちのオメガハートランド(父アグネスタキオン)。こちらは父がヴィクトワールピサで、その形がはっきりと現れ、中距離適性の高さを伺わせる。勝ち上がった前走はスローの流れに行きたがりながらも2番手で折り合い追走。直線に向いて早めに先頭に躍り出ると、ラチ沿いではあったが、力強く脚を伸ばした。まだ改善の余地は残されている。
東京で2戦2勝。ともに鞍上はルメール騎手で単勝1倍台の断然人気にしっかりと答えて勝ち上がってきた。まだ精神的に幼く、パドックでもレースでも力みがみられるが、それでいて上がり3ハロン33秒前半の末脚を使ってくる。追い出してから抜け出すスピードが相当速い。もっとリラックスして走れるようになれば、タフな競馬になっても楽に対応できるはずだ。
青森産。オーシャンブルーの初年度産駒。父に似て小柄で非力。前走は見習い騎手を起用し勝ち上がり。パドックの周回はまだゴトゴトしていて躍動感がない。そういう性質から、時計勝負に脆い半面、タフな馬場ではジリジリと浮上し粘り込む競馬ができる。しかし現状はそれ以上の武器がなく、GIのここで好走するのは難しいだろう。
ロードカナロア産駒の良血馬。450kgと中型でも、筋肉がしっかりと身に付き、前後のバランスも悪くない。まだ気性が幼く気を遣うところがあるようだが、レースにいくと素直に鞍上の指示に応える知性をもっている。道中の折り合いにも不安がない。問題はスピード性能。前走は絶好のポジションから勝ち馬を捉えに行くも伸びずに失速。良馬場で0.6秒も離されている。
480kgの中型で中距離体形。肉付きも程よく柔らかみもある。前々走の札幌2歳Sは、先行して3コーナー過ぎから早めに押し上げる競馬。直線に向いて早々に息が上がって失速した。前走はレコードの馬場に対応できず、後方から直線少し脚を伸ばしただけ。スピード性能が劣る分、現状はダートのほうが良いかもしれない。
祖母に名牝シーザリオをもつ良血馬。10頭立ての新馬戦は、折り合いをつけにくい状況にもスッと対応し、しっかりと鞍上の指示に応えて快勝。次走では、パドックで馬っ気を出す場面もあり、多少不安にさせられるところはあったものの、レースではすぐに壁を作って折り合い脚を溜め、直線に向いて早々に抜け出すと、後続をみるみる突き放しゴール板を力強く駆け抜けた。
勝ち上がった2戦目もまだ腰つきに頼りなさを残していたが、初戦よりもハミ受けが良くなり追走が安定。その分直線に向いてから余裕をもって進路を確保できた。追い出しからトップスピードに達するまでにやや時間を要したものの、後続が迫ってくるとまたぐっとひと伸びし突き放す。勝負根性はある。
名牝アパパネの3頭目の産駒。兄には新潟記念(G3)2着のジナンボーがいる。その兄の同時期と比較すると運動系統が優れていて、早い段階でオープン勝ちしてもおかしくない状態にまで作り込まれている。しかし同じノーザンファーム生産の2歳馬たちと比べると、あまりにも大人しく、闘争心が現れていない点にはいささか不安を覚える。いい意味でもっと煩さが欲しい。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。