2019年4月6日(土)

11R

2019年4月6日(土) | 3回中山5日 | 15:45発走

第37回ニュージーランドトロフィー(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

「デビューから在厩して使い続けたので、前走後は放牧に出してリフレッシュ。毛ヅヤがいいし、体調は上向いています。実戦にいっていいタイプだし、今回は重賞で相手は揃いますが、どこまでやれるかを見てみたいですね」(辻野調教助手)。 ◎デビュー3戦目の未勝利(中京・芝1600メートル)はスッと2番手に付ける。直線に入り、残り1ハロン手前で先頭に立つと、大外から鋭く伸びてきたサラミスの追撃を1馬身4分の1抑えて勝利。勝ち時計は水準級だが、今回は重賞。イキナリ通用するかとなると疑問は否めず、様子見が無難だろう。
「1週前にジョッキー騎乗で追い切りましたが、折り合いが付いてラストはいい伸び。思った通りの騎乗でした。鞍上も好感触を得たようでしたね。今日はもう少し反応して欲しい感はありましたが、動き自体は良かったと思います。阪神のマイルより中山のマイルの方が合うと思うので、変わり身を期待したいですね」(尾関調教師)。 ◎3か月振りのチューリップ賞(阪神・GII・牝・芝1600メートル)はスッキリ仕上がる。逃げたオーパキャマラードの2番手を楽な手応えで追走していたが、直線に入るとパッタリ止まってダノンファンタジーから0.9秒差の8着。久々にしても不満の残る内容で、牡馬混合の今回は更に厳しくなるかも。
「休み明けを1度使ったことで状態はアップ。元々がゲートは速い方だし、練習でもスムーズに出てくれましたからね。牡馬相手になりますが、デイリー杯2歳Sで2着と走っているし、ここは改めて巻き返しを期待したいですね」(池添兼雄調教師)。 ◎3か月振りのチューリップ賞(阪神・GII・牝・芝1600メートル)は馬体重増減無しと好仕上がり。発馬で煽ったが二の脚で好位に。4角手前から外目を通って早目に押し上げていったが、残り1ハロン辺りで失速。ダノンファンタジーから1.1秒差の9着。ゲートで煽ったことが最後に響いた感じの一戦。牡馬相手になるがデイリー杯2歳S2着から問題なく、要注意。
「前走後は短期放牧を挟み、帰厩後はここを目標に調整してきました。馬はリフレッシュされていい状態で帰ってきました。前走が出負けをして早目に動いてねじ伏せるという強い競馬。この舞台で勝っていますが、脚質的に展開に注文が付きますからね。それでも前走の勝ち方から重賞でも差はないと見ています」(池上昌和調教師)。 ◎500万下の平場(東京・芝1600メートル)は発馬で出負けをしてシンガリからの競馬。3角過ぎから徐々に進出を開始し、直線は大外に持ち出す。そこから最速の末脚(32秒9)で粘るミモザイエローをゴール前でクビ差交わして2勝目をマーク。いい瞬発力を持っており、OP相手でもやれそうな馬。展開などがうまく噛み合えば一発が期待できそうだ。
「1週前に速いところをやってあるので、今日は馬ナリでサラッとでしたが、動きは良かったと思います。以前に比べて気性面の成長が窺えるし、距離が延びる点も問題ないと思います。重賞で相手は強くなりますが、どこまでやれるか楽しみにしています」(本間調教師)。 ◎交流戦を勝っての昇級初戦となった500万下の平場(中山・芝1200メートル)は好発を一旦下げて好位のインから。初芝だったがロスのない立ち回りで直線は外目に持ち出す。そこから鋭く伸びて2着のキタイをアタマ差差し切って勝利。13番人気の低評価を嘲笑うかのような勝ち方だった。今回が試金石の一戦といえそうだが、完全無視までは危険かも…。
「前走から中1週と間隔が詰まっているので、追い切りは馬ナリでサラッと。未勝利を勝ったばかりで、重賞挑戦と条件は楽ではありませんが、前走の走破時計が速かったですからね。秘めたポテンシャルは高いと思うので、このメンバーを相手にどれだけやれるか楽しみはありますね」(鈴木伸尋調教師)。 ◎7戦目の未勝利(中京・芝1600メートル)は離れた4番手。前がハイラップで逃げたため、折り合いもスムーズ。直線に入って先頭に立つと、鋭く追い上げてきたファムファタルに1馬身半差を付けて勝利。勝ち時計の1分33秒7は優秀。今回のGIIは相手が相手で即通用とはいかないかもしれないが、自己条件ならアッサリがあっても良さそうだ。
「前走は緩い馬場もあったでしょうが、それにしてもあれ程負けるとは…。恐らく2泊したことがあまり良くなかったのかも。幸い疲れは見られないし、テンションも上がっていません。中山のこの舞台で2着があるし、当日輸送の今回は改めて見直したいですね」(斎藤誠調教師)。 ◎500万特別を勝って臨んだフィリーズレビュー(阪神・GII・牝・芝1400メートル)は4キロ減でも問題ナシ。外枠ということもあって押して中団の外に付けたが、外々を回らされるロス。それが応えたか、直線に入るとバタバタになり、ノーワンとプールヴィル(同着)から1.5秒差の17着。馬体維持なら牡馬相手、距離&中山もOKで見限りは危険かも。
「交流競走を連勝しての挑戦になりますが、真面目な性格でレースにいくと力を出し切るタイプ。ただ今回は初めての芝で、しかも重賞ですからね。どこまでやれるかでしょう」(菊沢調教師)。 ◎約2か月振りのたんぽぽ賞(佐賀・中央500万下・九州産馬・右回りダート1400メートル・不良)は先行3番手。4角では先頭に立ち、そのまま後続を振り切って2着のダンツブライトに1馬身差を付けて勝利。ここまで5戦して2勝が共にダート。今回は一般馬相手の芝&GII。見送りが妥当だろう。
「追い切りの動きは悪くありませんでしたね。マイルの距離は合いそうな感じがあるので、格上挑戦&重賞と条件は楽ではありませんが、ここを使うことに。現状の力でどこまで戦えるかですが、楽しみはありますね」(高橋亮調教師)。 ◎2か月振りの若葉S(阪神・OP・芝2000メートル・L・稍重)は勝ったヴェロックスをマークする格好。4角手前から動き始め、自力で捉えにかかろうとしたが、反対に突き離されて1秒差の6着。それでも未勝利を勝ったばかりを考えれば悪い内容ではなかった。今回は初のマイルで高速決着になった時がどうかといった感は否めず、ここは様子見か。
「追い切りの動きは良かったと思います。今回は久々の芝がどう出るかですが、ここにきて馬は成長していますからね。マイルの距離は問題ないので、今の状態でどこまでやれるかを見てみたいですね」(戸田調教師)。 ◎500万下の平場(中山・ダート1800メートル・稍重)は発馬を決めてスッとハナを奪う。道中もハイラップを踏んで逃げ、2着のキャメロンと2頭で後続を引き離す。そのまま2頭で最後まで競り合い、最後は半馬身振り切って2勝目をマーク。2勝が共にダートで芝は1回走って着外。その点を考えると芝の今回は厳しいかもしれない。
「前走は出負けをした上に道中は口を割って折り合いを欠いてしまいましたからね。今回はその対策としてクロス鼻革からコンビ鼻革に替えることに。この中間はいい調整ができているし、気性面の成長も見られます。ゲートの駐立も練習したので、初めてのマイルに対応できれば」(古賀慎明調教師)。 ◎2か月半振りのきさらぎ賞(京都・GIII・芝1800メートル)は12キロ増とやや立派な作り。発馬で出負けをして中団の後ろから。かなり行きたがって抑えるのに一苦労といった感じ。4角を回って追い出しを開始したが、サッパリ反応せずにダノンチェイサーから1.2秒差の7着(8頭立て)と敗退。太目と折り合いを欠いたことが敗因。見限りは早計か。
「前走からレース間隔は詰まっていますが、順調に調整はできています。今日の追い切り時計はやや不満が残りますが、状態はキープできていますからね。最近はハミを噛むようになっているので、マイルがいい方に出てくれないかと思ってここに。変わり身を期待したいですね」(音無調教師)。 ◎2か月半振りの若葉S(阪神・OP・芝2000メートル・稍重)は仕上がり良好。4番手のインに付けていたが、仕掛けてからの反応が鈍く、直線の伸びもサッパリ。勝ったヴェロックスから1.7秒差の8着。速い時計&上りでは厳しい印象。馬場が渋ってパワーを要する馬場にでもなれば俄然、浮上も。
「連闘になりますが、前走のダメージが少なかったので問題ありません。この舞台で2戦続けて好走しているし、OPでも差のないレースをした実績もある馬ですからね。今回はブリンカーを着ける予定なので、その効果が出るようなら重賞のここでも楽しみです」(谷代調教助手)。 ◎黄梅賞(中山・500万下・芝1600メートル)は序盤は後方から運んでいたが、勝負所で行きたがったため、無理に抑えず馬任せに好位にまで進出。直線入り口で前に取り付くが、早目に動いたことが最後に響いて一伸びを欠き、レノーアから0.1秒差の3着(4着には5馬身)。重賞はGIIとGIIIで3着が1回ずつ、OP特別でも2着があり力差は僅か。道中折り合えれば。
「前走は好メンバーを相手にいい競馬で勝つことができました。今日の追い切りは楽に動けていたし、デビュー時から20キロほど体が増えて成長してきましたからね。以前より折り合いが付くようになっているので、マイルにも対応は可能だと思います。今回は重賞で相手は揃いますが、どこまでやれるか楽しみにしています」(鹿戸調教師)。 ◎約3か月振りの500万下の平場(阪神・芝1400メートル)はマズマズの仕上がり。逃げたヒラソールの3番手に付け、直線に入って追い出しを開始。残り100メートル辺りで先頭に立ち、急追してきたアイラブテーラーをアタマ差凌いで2勝目をマーク。今回は昇級初戦&重賞で相手は強化。即上位争いできるかとなるとやや疑問も。
「今日の追い切りは仕掛けてからの反応が良かったですからね。休み明けの前走を1度使ったことで前向きさが出てきたし、状態は確実に上向いています。マイルは初めてですが、対応は可能だと思うのでここは楽しみにしています」(丹内騎手)。 ◎2か月半振りのスプリングS(GII・芝1800メートル)は先行4番手に付けたが、4角を回る時点で早くも一杯加減。ジリジリと後退してエメラルファイトから1.4秒差の14着。久々と淀みなく流れたことが敗因かも。ホープフルS(GI)4着がある馬で能力は十分。今回は初のマイルがどう出るかだが、前々でリズム良く走れるようなら侮れない存在に。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。