IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年3月23日(土)

11R

2019年3月23日(土) | 3回中山1日 | 15:45発走

第67回日経賞(GII)

芝・右 2500m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

「1週前にジョッキーの騎乗でCWで長目からシッカリやりました。今日は輸送を控えているのでテンションを上げないようにと思っていましたが、これだけの時計が出ましたからね。何も言うことはありませんね。中山は初めてですが問題ないと思うし、距離も大丈夫。不安なく臨めると思うので改めて期待したいですね」(高橋義忠調教師)。 ◎3か月振りの日経新春杯(京都・GII・56キロ・芝2400メートル)は発馬で出負け。序盤は離れた後方に位置していたが、向正面に入ると外からマクリ気味に進出を開始し、3角では先頭。そのまま後続を引き離して4角を回るが、最後はさすがに一杯となりグローリーヴェイズから0.9秒差の9着。度外視できる一戦で改めて見直したい一頭。
「立て直しを図る意味で昨秋から休養させましたが、このレースを目標に早目に帰厩させました。3歳時と比べて馬体に実が入り、力強さが出てきましたね。この距離は合っていると思うし、仕上がりもいいのでここは楽しみな一戦ですね」(津曲調教助手)。 ◎叩き2戦目の神戸新聞杯(阪神・GII・芝2400メートル)は出たなりで中団から。直線は最内に入れたが、仕掛けてからの伸びは案外。流れ込んだだけといった感じで、ワグネリアンから1.2秒差の8着。距離・コースに問題はないが、青葉賞(東京・GII)以外のレース内容が今イチ。立て直した効果で馬体の成長が見られるようなら軽視はできないが…。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。年齢的に上がり目は一息ですが変わりなくきています。ただ今回も相手が強いし、どこまでやれるかでしょうね」(和田勇介調教師)。 ◎京都記念(GII・芝2200メートル)は終始シンガリのまま見せ場も作れず。ダンビュライトから2.1秒差の12着。一連の成績からは狙える根拠は見当たらず、見送りが妥当。
「前走後はここを目標に調整をしてきました。体調が悪かった昨年と今年とではデキが較べものになりません。大外枠で思った競馬ができなかった有馬記念でも大きく負けてはいませんからね。GIIで今のデキなら…と思っています」(金成調教師)。 ◎アメリカJCC(GII・芝2200メートル)はいつも通り後方でジックリ脚を溜める。向正面で内に入れようとしたが馬群がバラけないため、中々入れず。直線は内を突いて伸びてきたが、前も止まらずシャケトラから0.6秒差の5着。昨年のこのレースがガンコの3着。展開などがうまく噛み合うようなら上位食い込みは可能な一頭。
「前走の京都記念は積極的な競馬で見せ場は十分ありましたね。その後は放牧を挟んでここを目標に調整をしてきました。1週前に長目からシッカリ負荷をかけたので、今日はラストを伸ばす程度。初めての距離になりますが、今は体調が凄くいいですからね。ここもリズム良く運べるようなら差はないと見ています」(斎藤誠調教師)。 ◎叩き2走目の京都記念(GII・芝2200メートル)は出負け。2角までは後方にいたが、向正面に入るとマクリ気味に進出。逃げたタイムフライヤーの2番手まで上がる。その後もハミを噛み続けたため直線の伸びを欠いてダンビュライトから0.2秒差の6着も大きく負けなかった点は評価できる。2500メートルは微妙だが、全てがうまく噛み合うようなら。
「前走はコース取りの差が出ましたね。それでもシッカリ脚を使えたし、京都の坂にも対応できた点は収穫でした。その後は放牧を挟み、ここを目標に帰厩。調教はあまり動かない馬ですが、乗り込み量さえ足りていれば問題のないタイプ。右回りでも問題ないし、心身共に成長が見られる今ならここも楽しみですね」(田代調教助手)。 ◎昇級初戦&重賞となった日経新春杯(京都・GII・55キロ・芝2400メートル)は出たなりで後方から。勝負所でも動かずに脚を温存。直線で大外に持ち出すと最速の末脚(36秒7)で鋭く伸び、勝ったグローリーヴェイズに半馬身差の2着と健闘。ハンデ戦とはいえ、重賞でもやれることを証明。今回は別定戦だが、メンバー一つでは上位争いも可能な存在。
「今回は久々のレースということもあっていつもより早目に栗東に帰厩させて乗り込んできました。並ぶと抜かせない根性は相変わらずですが、ここまで順調に調整ができたし、今日の追い切りも最後まで集中して走れていましたからね。仕上がりはいいですが、休み明けという点と小回りの中山に対応できるかがポイントになりそうです。それでもこの馬の能力で克服して欲しいと思っています」(友道調教師)。 ◎菊花賞(GI・芝3000メートル)は中団でジックリ脚を溜める。2周目の3〜4角で前を射程内に入れ、直線は外目に持ち出す。残り1ハロン手前で先頭に立ち、押し切るかに見えたが、ゴール寸前内から来たフィエールマンにハナ差掬われ惜しい2着。中山は初も右回り自体に問題はなく、ポン駆けもOK。いきなりでも上位争いになっていいだろう。
「追い切りの動きは良かったですね。休み明けを1度使ったことで前向きさが出てきたこともプラス材料です。距離は問題ないので、いつも通り自分の競馬をしてどこまで頑張れるかでしょうね」(西園調教師)。 ◎5か月振り&初ダートとなったアルデバランS(京都・OP・1900メートル)はハナを切れず、先行4番手。勝負所の手応えは今イチでジリジリと後退。直線はバタバタになり、勝ったアングライフェンから3秒差の15着。芝替わりはプラスだが、重賞では荷が重いことも確か。見送りが妥当。
「前走後も特に変わりなくきています。スタミナ豊富でコントロールが利き、かつ折り合いの不安がないので長丁場は安心して見ていられますからね。中山は初めてですが問題はないと思うし、格好を付けてくれるのでは…と思っています」(池江調教師)。 ◎ダイヤモンドS(東京・GIII・54キロ・芝3400メートル)は逃げたサンデームーティエの3番手に付ける。4角で2番手に上り、直線もジリジリと伸びてきたが、サンデームーティエを捉えるまでには至らず、ユーキャンスマイルから0.6秒差の3着。前2走は長丁場を使っているが、距離は関係なし。瞬発力勝負では分が悪いが、力を要する馬場なら。
「前走は相手が強かったですね。この中間も変わりなく順調に調整ができています。右回りは問題ないし、今回は距離が延びますが、むしろ長い方が合っているのでは…と思うので、改めて見直したいですね」(田中淳司調教師)。 ◎3か月振りの中山記念(GII・芝1800メートル)は後方から。直線はそれなりに脚を使っているが、他馬も同様。結局伸び負けた形でウインブライトから0.9秒差の8着。相手が強かったとしか言いようがなかった。『距離は2000メートル以上あった方がいい』とミナリク騎手。条件的には悪くないが、今回も相手が揃った感。上位争いまでは疑問。
「遠征から帰国してからは放牧に。疲れを取って放牧先から帰厩しました。1週前にある程度やってあるので、今日はラスト重点でしたがマズマズの動きでした。このレースは昨年2着。今年は何とか雪辱を…と思っています」(宮内調教助手)。 ◎メルボルンC(豪州・フレミントン競馬場・GI・芝右回り3200メートル)は中団に付けて運んでいたが、4角を回りこれから追い出そうという時に進路を妨害され、騎乗していた川田騎手が立ち上がる程の不利。結果はクロスカウンターの14着だったが、スムーズなら着順は変わったハズ。当該レースは昨年、ガンコの2着。要注目の一頭。
「有馬記念は流れに乗ったレースはできていましたが、最後は自分で止めているような感じでしたね。遠征から帰国後の初戦という面も多少影響があったかもしれません。1週前の追い切りの動きも良かったですが、今日も一杯にやりました。馬体に柔らか味があって動きも良かったと思います。ここで結果を出して、天皇賞に向かえれば…と思っています」(宮本調教師)。 ◎2か月半振りの有馬記念(GI・中山2500メートル・稍重)は好仕上がり。好枠を利して先団に付けたが、4角を回った辺りで手応えが怪しくなる。結果はブラストワンピースから1.6秒差の15着と大敗。フランス遠征(凱旋門賞17着)の疲れが抜け切っていなかったのか、立て直した効果が出るようなら。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。