IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年3月16日(土)

11R

2019年3月16日(土) | 2回中山7日 | 15:45発走

第33回フラワーカップ(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

「ジョッキーがハミを取り過ぎると言っていましたが、1週前に騎乗した追い切りでいい動きを見せてくれましたからね。今日は馬ナリでしたが、折り合いが付いていたのは好材料です。実戦にいけば折り合いが付くし、前走が余力十分にあの勝ち方。今回は重賞挑戦になりますが、どこまでやれるか腕試しをしてみるつもりです」(飯田祐史調教師)。 ◎デビュー戦(京都・芝2000メートル)は仕上がり良好。発馬で出負けをしたが、二の脚で先団に付ける。3角過ぎから前に接近し、4角では2番手。直線は外にモタれ加減だったが、矯正しつつ伸びて2着のダイアナブライトに1馬身半差を付けて快勝。牝馬にしては馬格(470キロ)があり、立ち回りも上手。キャリアの浅さを出さなければ面白い。
「前走は休み明けの分、最後の伸びを欠きましたね。1週前に強めに追った動きが良かったので、今日は馬ナリでしたがこれで十分です。牝馬ながら叩いて良くなるタイプ。休み明けを一叩きした上積みが見られるし、後はトリッキーな中山に対応できるようなら…ですね」(斎藤誠調教師)。 ◎3か月振りの“フリージア賞 (東京・500万下・芝2000メートル)は4番手に付ける。勝ったアトミックフォースをマークするように運んでいたが、直線に入っていざ追い出すと伸びはジリジリ。0.3秒差の3着に終わる。久々と高速決着(1分59秒9)が影響したのかも…。叩いた変わり身が見込める今回は、軽くは扱えない一頭になりそうだ。
「前走は久々&重賞を考えると4着でも悪くないと思います。追い切りの動きは良かったし、ここにきて体質の強化も見られますからね。仕上がりはいいので、ここでもチャンスはあると思っています」(金成調教師)。 ◎3か月振りのフェアリーS(中山・GIII・牝・芝1600メートル)は出負けをして後方から。勝負所で勝ったフィリアプーラに外に張られたのは痛かったが、最後にもう一伸びして0.2秒差の4着。差す競馬で結果を出した点は収穫。休み休みのローテーだが、これが順調に使えるようになれば楽しみな素材といえそうだ。
「1週前にある程度やってあるので、今日は息を整える程度でしたが動きは良かったですよ。前走は余力十分に好時計で逃げ切り勝ちをしましたが、ハナに拘らなくても競馬はできる馬ですからね。出たなりでポジションが取れる馬だし、能力も高い馬。ここも期待は大きいですね」(津曲調教助手)。 ◎3か月半振りの菜の花賞(中山・500万下・牝・芝1600メートル)は2キロ減と仕上がり良好。ダッシュ良くハナに立つと、平均に速いラップを踏んで後続の追撃を許さず、2着のタンタラスに3馬身差を付けて完勝。『この走りなら重賞でも…』と能力を評価したC.ルメール騎手。ここも有力候補の一頭として取り上げたい。
「1勝馬ですがいい根性をしている馬だし、能力も秘めています。先週もある程度やってありますが、この中間はテンションを上げないように調整をしてきました。ここまでは思い通りの調整ができたし、距離も問題ありません。牝馬同士の重賞ならそれ程差はないと思うので楽しみにしています」(戸田調教師)。 ◎500万下の平場(東京・芝1600メートル)は離れた3番手を追走。直線は一旦抜け出したが、大外から来たヴィッテルスバッハにゴール前でクビ差交わされて2着。今日は勝った馬の決め手(32秒9)に屈した感じで、仕方のない結果。自己条件なら即勝ち負けできそうだが、今回は重賞。力関係がポイントになりそうだ。
「既走馬相手のデビュー戦でどうかと思いましたが、芝の実戦で良さが出ましたね。その後は在厩してここを目標にジックリと調整をしてきました。大きく変わった感じはありませんが、入念に乗り込んできたし、現状の力でどこまでやれるかを見てみたいですね」(萩原調教師)。 ◎既走馬相手となった未勝利(東京・牝・芝1800メートル)は中団のイン。馬込みに入っても怯むこと無くレースができていたことは大きい。直線は馬群を捌きつつ伸びてきて、2着のカナロアガールに1馬身4分の1差を付けて勝利。経験馬を相手に勝ったことは評価していいだろう。1戦のキャリアで重賞挑戦と条件は厳しいが、楽しみな一頭といえそうだ。
「1週前にCWで長目から併せ馬をしてあるので、今日は坂路で馬ナリでしたが好時計をマーク。放牧効果で馬が大分成長してきましたね。前走は自ら競馬を作って快勝。あの内容なら中山に替わっても問題なさそうですね。展開に注文が付かないし、ここも楽しみにしています」(橋口調教師)。 ◎エリカ賞(阪神・500万下・芝2000メートル)は素早く先手を奪い、スローペースに落としての逃げ。後続のプレッシャーもなく、楽に逃げ切って2勝目をマーク。アルテミスS(GIII)3着の実績からここは勝って当然か。中山は初だがここまで4戦して3つの競馬場で好走しているなら問題はないハズ。大柄な馬で輸送もOK 。上位争いの一頭。
「先々週、先週とやってあるので、今日は馬ナリで感触を確かめる程度ですが、動きは良かったと思います。前走が積極的な競馬で好走してくれたし、東京以外の成績は今イチですが、落ち着きが出てきた今ならやれてもいいと思っています」(戸田調教師)。 ◎2か月振りのクイーンC(東京・GIII・牝・芝1600メートル)は仕掛けてハナを奪う。うまくスローペースに落として逃げたが、最後の最後にクロノジェネシスとビーチサンバに交わされてクビ+半馬身差の3着。今日は上位2頭が強かっただけで、メンバー一つで勝ち負けできる力はある馬。1ハロン延長も自分で主導権を握れるようなら克服は可能だ。
「転厩して日が浅く、詳細は分かりませんがいい馬であることは確かですね。1週前の追い切りは半マイルからでしたが、追い出してからシッカリ伸びてくれました。未勝利戦とはいえ、強敵を相手に善戦してきた馬。距離短縮がどうかという点とOP相手になりますが、牝馬同士の一戦なら恰好を付けてくれるのでは…と思っています」(伊藤大士調教師)。 ◎デビュー6戦目の未勝利(中山・芝2000メートル)は先行3番手。勝負所で2番手に上り、手応え良く直線に。早目に抜け出すと2着のサトノエルドールの追撃をクビ差凌いで初勝利を上げる。ここまで6戦して「1、3、1、1」と堅実な成績。相手なりに走るともいえるタイプで、混戦になるようなら出番があっても何ら不思議はないだろう。
「前走後にテンションが高くなったので放牧に出してリフレッシュ。調教では内にモタれますが実戦にいけば問題ありません。幼さは残っていますが、能力を感じる馬。今日の動きが良かったし、体重が増えているのも好材料。初の長距離輸送をクリアしてくれるようならここでも楽しみです」(友道調教師)。 ◎デビュー2戦目の“白菊賞 (京都・500万下・牝・芝1600メートル)は勝ったラヴズオンリーユーのすぐ前から。4角で前との差を詰め始め、直線で一旦は抜け出したが、ラヴズオンリーユーの決め手に屈しての2着。それでも2着は安泰。コーナーでスムーズに曲がれないなど若さはあるが、昇級初戦で2着と能力は示した。ここも完全無視までは…。
「前走は押し出される形でハナに行きましたが、自分のリズムで走れば牡馬が相手でもあれだけ頑張れることが分かりました。ここまで中山を2度経験していることも強味になるし、追い切りの動きも良かったですからね。重賞とはいえ、牝馬同士の一戦なら楽しみはありますね」(寺島調教師)。 ◎3か月振りのすみれ賞(阪神・OP・芝2200メートル・L)は仕上がり◎。スッとハナを切り、スローに落としてマイペースの逃げ。4角を回ってもまだ頑張っていたが、最後は瞬発力勝負になり、伸び負けた形でサトノルークスから0.3秒差の4着。スンナリ行ければかなり渋太い面があることを見せた一戦。ここも展開一つで出番があっても。
「デビュー戦は行きたがっていましたが、我慢が利いてしっかり伸びてくれました。牡馬相手に勝ったことも評価できると思います。1週前にある程度やってあるので、今日はテンションを上げないために単走で。レースセンスがいい馬だし、折り合いさえ付けば重賞でも牝馬同士なので楽しみにしています」(相沢調教師)。 ◎デビュー戦(東京・芝1800メートル)は仕上がり上々。ゲートを出た後は他馬の出方を窺いつつだったが、先行3番手に付ける。3角では2番手に上り、直線は内目に進路を。手応えは十分で、追い出しを待つ余裕。最後は余力十分に抜け出し、2着のトランスポーターに1馬身4分の1差を付けて快勝。昇級初戦&重賞&中山だが見せ場は作れるかも。
「1週前に坂路である程度やってありますが、今日も坂路でシッカリ追い切りました。マズマズの時計だったし、動きも良かったと思います。昇級してからはもう一つですが、状態自体は悪くありませんからね。今回は重賞で相手は揃いますが、牝馬同士の一戦。どこまでやれるかを見てみたいですね」(北出調教師)。 ◎叩き2戦目のつばき賞(京都・500万下・芝1800メートル)は中団の後ろ。直線に入ってもこれといった伸びは見られず、結局ワールドプレミアから1.4秒差の7着(8頭立て)。現状はクラス慣れが必要な状況で、ここは見送りが妥当。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。