IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年2月24日(日)

11R

2019年2月24日(日) | 2回中山2日 | 15:45発走

第93回中山記念(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

「前走後は昨年の中山記念(1着)の時と同じように在厩しての調整です。1年前に比べても馬体に厚味が出てきたし、もう一段階成長していることは確かですね。今回も錚々たるメンバーが揃いましたが、中山のこの舞台を得意にしている馬ですからね。更にパワーアップしているし、充実著しい今なら強いGI馬も出ていますが、十分チャンスはあると思います。どんな競馬を見せてくれるのか楽しみにしています(畠山調教師)。 ◎中山金杯(GIII・58キロ・芝2000メートル)は中団から。向正面でステイフーリッシュ、タイムフライヤーのマクリをよそにマイペースを維持。スムーズに外に出し、直線は馬場の中程から叩き合いの末にステイフーリッシュ以下を半馬身降して勝利。これで中山は「4、2、0、1」と相性抜群。今回はGIIでメンバーは揃うが、軽くは扱えないかも。
「前走は発馬で出負けをして自分の競馬ができませんでしたからね。殆ど走っていなかったのでダメージは全くありません。連闘になるので追い切りは軽めですが、状態はキープできています。別定戦で56キロになる点はいいですが、今回はメンバーが強力ですからね。発馬を決め、自分の競馬をしてどこまで粘れるかでしょうね」(堀井調教師)。 ◎2か月半振りの小倉大賞典(GIII・57.5キロ・芝1800メートル)は痛恨の出遅れ。それにしても離れたシンガリからバテた馬を一頭交わしただけという不甲斐ない結果に終わる。連闘で臨む意欲は認めても、相手は更に強化。別定戦とはいえ、上位争いまでは厳しいだろう。
「前走は最後の3冠レースということで、休み明けでも何とかそこに合わせていきましたからね。馬もできていなかった感じだったし、展開面も含め、様々な不安が悪い方に出てしまいました。前走の経験を踏まえ、レースに合わせて調整するのではなく、馬に合せる調整をしてきました。その後は放牧に出してジックリとリフレッシュを図り、1月24日に帰厩しました。1週前にCWで併せ馬をしましたが、ダイナミックでいい動きをしてくれました。今回は前走と違って中身がシッカリできていますからね。いいメンバーが揃いましたが、次に繋がるレースをして欲しいと思っています」(松永幹夫調教師)。 ◎右トモの球節が腫れてローズSを回避。ブッツケで臨んだ秋華賞だったが18キロ増と立派な体付き。中団の外をいい感じで追走していたが、勝負所の反応が今イチ。4角では逆手前のために外に膨らみ加減となり、直線は流れ込んだ格好でアーモンドアイから0.8秒差の9着。初の古馬相手&初の中山だが立て直した効果が出るようなら見せ場位は…。
「休み明けを1度使った分の上積みは見込めますが、年齢的に大幅な変わり身となると…。中1週なので追い切りはこれで十分ですが、今回は強力なメンバーが相手。正直、どこまでやれるかでしょう」(堀井調教師)。 ◎3か月余りの休み明けになった洛陽S(京都・準OP・芝1600メートル・L)は10キロ減。発馬で出負けをして後方から。直線もこれといった伸びは見られず、勝ったグァンチャーレから1.3秒差の11着。中山、距離共に条件的には悪くないが、明けて10歳に加え、強敵揃いのGII。見送りが妥当だろう。
「前走後はリフレッシュ放牧に出して、1月12日に帰厩。ここまでジックリ乗り込んできました。遠征の疲れも抜けて、順調に調整ができています。1週前のCWでジョッキー騎乗で凄く速い時計が出ましたが、馬はケロッとしていました。心肺機能が普通の馬とはまるで違いますね。今週はサラッとやりましたがこれで十分です。今で520キロ程ありますが、輸送で減るので丁度いい数字になると思います。中山は決して合うと思っていませんが、勝った実績がありますからね。いいメンバーが揃いましたが、好レースになるのでは…と思っています」(橋田調教師)。 ◎香港C(GI・シャティン・右回り芝2000メートル)は勝ったグロリアスフォーエバーがハナを切り、1200メートル通過が1分14秒62というスローペースに持ち込み後続を完封。ディアドラ自身、上り最速タイの脚を使って1馬身差の2着とはいえ、大健闘といえる内容。中山は紫苑S(GIII)勝ち含め連対10割。鉄砲もOKでここも有力候補の一頭。
「休み明けの障害戦を叩いた分の上積みはあると思いますが、今回は平地戦とはいえ強豪揃いのGIIですからね。良化度が今一つスローだし、苦戦は免れないでしょうね」(尾関調教師)。 ◎中京の障害未勝利で13着。再度平地戦に戻るが明けて9歳。平地に見切りを付けて障害入りしたことを考えると、GIIでもスーパーが付くほどメンバーが揃った今回。上位争いは相当厳しいと見て、見送りが妥当。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。体が一回り大きくなって帰厩しました。それに風格も備わってきた感じがあります。1週前に長目からシッカリやってあるので、目一杯やる必要はなくこれで十分です。多少余裕がある体もこの一追いで丁度良くなると思います。今回は休み明けだけに半信半疑といった感じはありますが、心身共に成長した今、このメンバーを相手にどんな競馬をしてくれるのか…、楽しみであることは確かですけどね」(木村調教師)。 ◎マイルCS(GI)は10キロ増も成長分。軽く仕掛けて好位のイン。直線に入って追い出した時の反応は今イチだったが、残り1ハロンでエンジンが掛かると、内から来たペルシアンナイトとの叩き合いに競り勝って待望のGIを制覇。当該舞台はスプリングS勝ちがありOK。コース&距離共に問題はなく、上位の一角に取り上げておきたい一頭。
「前走のジャパンCは距離が長かったことを考えれば良く頑張ってくれたと思います。GIIとはいえ、今回も錚々たるメンバーが揃っているので楽なレースはどうかと思いますが、この馬も力を付けているし、距離が短縮される点もプラス材料ですからね。今後が楽しみになるような走りをしてくれれば…と思っています」(田中淳司調教師)。 ◎ジャパンCは中団のイン。終始内々を回り、コースロスを防ぐ。直線も最内を突いてジリジリと差を詰め、勝ったアーモンドアイ(レコード勝利)から1.6秒差の7着と健闘。距離は1800メートルがほぼベストといえる現状だが、今回も好メンバーが揃った感は否めず。見せ場は作れても勝ち負けまでとなると疑問は避けられない。
「菊花賞はスローペースで競馬をし辛かったこともありましたが、距離が長かったのかもしれません。その後は放牧に出してしっかり休ませたことで、馬に落ち着きが出てドッシリしてきました。1週前にCWでシッカリ負荷をかけたし、今週の動きも上々。いい状態でレースに臨めると思います。中山はGIの皐月賞を勝っているように相性のいいコース。輸送も問題ありませんからね。瞬発力勝負というより、自分のリズムで運んだ方が能力を出せるタイプ。ここはメンバーが揃いましたが、好レースを期待したいですね」(田代調教助手)。 ◎菊花賞はテンション高め。それでもスタンド前では折り合いが付き、直線に向いた時も手応えはあるように見えたが、いざ追い出すと一瞬伸びかかったが最後はジリジリ。フィエールマンから0.8秒差の8着。距離が長かった感は否めず、1800メートル〜2000メートルがベストか。中山は2戦して皐月賞勝利、スプリングS2着と連対10割。改めて見直す手だ。
「昨秋の2戦の内容から更なる上積みはどうかと判断して、有馬記念を自重してここに目標を切り替えることに。その後はリフレッシュ放牧に出すことにしました。体付きにメリハリが出てきて、馬に走ろうという気持ちが前面に出てきて活気が戻った感じがありますね。1週前にジョッキー騎乗で強めの追い切りをしましたが、あれ以上やる必要がなかったし、ジョッキーの感触も悪くありませんでした。いい仕上がりでレースに臨めると思います。今回はドバイへの前哨戦になりますが、ステップレースだとは思っていません。今回は内回りの1800メートルと距離が詰まるので、ゲートが重要と思って練習もしてきましたからね。頭数が手頃だし、自分でレースを作ることもできる馬ですからね。いい形でスタートを切りたいと思っています」(庄野調教師)。 ◎叩き2戦目のジャパンCは落ち着きがあり、気配は上々。出負けをしたがこれもまだマシな方だった。離れた5番手を追走し、折り合いもマズマズ。直線はそれなりに伸びてきたが、アーモンドアイはとも角、2着のキセキに3馬身半差を付けられての3着。今回は中山の内回り1800メートルが最大のポイント。うまく立ち回れるようなら侮れないが…。
「前走は発馬直後に他馬と接触したため、掛かり気味に。それに58キロの斤量も応えていたと思います。その後は短期放牧を挟んでここを目標に調整をしてきました。状態面は悪くありませんが、さすがに今回はメンバーが揃いましたね。末脚を生かす競馬をしてどこまでやれるかでしょうね」(鹿戸調教師)。 ◎白富士S(東京・OP特別・芝2000メートル・L)は離れた好位の4番手。勝負所から前との差を詰め始め、3番手に上がったが、直線に入ると敢え無く後退。勝ったブラックスピネルから1.4秒差の8着。七夕賞(GIII)2着から重賞でもやれる力はあるが、レース振りに安定感がなく、今回も押さえまでの評価。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。