2019年11月9日(土)

11R

2019年11月9日(土) | 5回東京3日 | 15:30発走

第24回東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(GIII)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

デビューから2戦がダート。連勝し臨んだ芝の重賞で連対し、古馬と初対戦となった重賞を制覇。前走は難しい競馬となってしまい力通りの結果を導くことはできなかったが、内容は悪くなかった。今回は久々のダート戦。素晴らしい馬格の持ち主で、パワーと瞬発力を兼ね揃えたタイプ。府中のダート戦は間違いなく合っている。
父バンブーエールのレアキャラ。オープンまで上り詰め、その後は敗戦つづきではあるものの、馬の質を考えればよく走っている。体幹やトモの容量などをみれば、やはり450Kg台の馬で、重賞クラスには到底及ばない。雰囲気はたしかに1400〜1600mがベストといえるが、今の性能を考えると、100mだけ距離を伸ばせるローカルに回るのが妥当。
ゴドルフィンの馬らしく、かっちり決まっているタイプ。少しまだトモに緩みがあって、まだこれから良くなる余地を残している。春の時点では、3歳馬にしては完成度が高かった。初めて馬券圏外に敗れた前走の敗因は距離と馬場。高いスピードが要求され、自身よりもその性能に長けた馬たちに翻弄された。今回の条件では結果も違ってくる。
オープンに昇級して以降、なかなか勝ちきることができなかった。デビューからここまでダート1200〜1400mを中心に使われており、距離不足による詰めのあまさを露呈している。ところが前走で初めて1700mをつかってみたところ、これが嵌まり後の重賞好走馬を下して勝利。スタイルはマイラーとは言いがたく、スタミナもこのクラスでは見劣る。
ダートに転向して、3勝クラスをすっと勝ち上がりオープンを2連勝。距離は1400mから1800mと適性レンジが広く、時計勝負になればなるほど芝で慣らしたスピードを発揮して他馬をねじ伏せる。純粋な米系のスピード血統。切れないが、回転力強く、それがスピードの源となっている。芝でも走れるが、ダートのほうが力をスピードに変えやすい。
すらりとした脚長の綺麗な馬。走りのストライドも大きく、1600mよりも1800m以上に適性がある。1600mは未経験。4連勝してオープン入りを果たしているように、素晴らしい馬体をもっていて競走能力も高いのに、それを十分に活かせていない。今回はこの距離を使ってスピード性能を強化し、次走に繋げてもらいたい。
1600mを走らせるにしては体が詰まっていて、肩の動きを見ても硬め。1600mで勝ち鞍があるとはいえ、重賞となるとその微妙な適性の差が勝敗にかかわってくる。デキはいつも及第点といったところで、凄く良いということはない。この馬なりにいい状態にもってこられれば結果を残す。しかし今回は条件面で苦労するかもしれない。
長期休養を挟みつつも、コンスタントに好走し、しっかりと賞金を稼いでいる。テンの速さは随一。1400mにおけるスピード比べになると重賞でも通用するほどの高い競走能力をもっているが、1600mになると展開の助けが必要になる。馬体に衰えは無く調教も動いた。同型がいない今回は、マイペースに持ち込めるかが鍵となる。
3戦続けてダートに挑戦。雰囲気は確実にダート馬。芝ではスピード不足を露呈していて、ダートではパワー不足を露呈。常に好位から競馬ができる部分以外に、強調すべき材料を見いだせない。追い切りは坂路主体。今回もいつもどおり、しっかり時計を出し本数を重ねて作り込んできた。今の形では1400mぐらいが丁度いい。
いつも稽古がけする馬で、今週の追い切りでも坂路でトップ10入り。全体の評価では、ここに出走しているエアアルマスの次に優秀な追い切りとなった。同コースで行われる立夏Sを2年連続で制しているものの、本質的には良馬場における1400mがベスト。底力を要する1600mの重賞では、終いの持続力勝負で脱落してしまう。
乗り難しい馬で、ゲートがいつもワンテンポ遅れて出てしまう。それゆえ常に後方からの競馬となり脚を甘して負けていた。G1初制覇となった前走でも同様に出負け。地方馬とのスピードの違いで徐々に番手を上げられたのが勝利に繋がった。好位で競馬できればG1でも勝ち負けできる馬。中央ではそれが望めないのが辛いところ。
前走は1年ぶりの競馬。内にもたれ加減で、手前の替え方もスムーズでは無く、デキの善し悪し以前に、正しく走れる状態が作られていなかった。馬体の雰囲気は申し分なく、心身ともに充実した様子が見受けられた。今回は距離短縮で、スピードが要求される。難しい競馬になると思われるが、この経験を次走以降に繋げてもらいたい。
重厚な馬体を持て余すこと無く、いつもしっかりと動けている。東京1600mで脚を固め、このコース巧者として今年の夏にオープン入りを果たした。1800mだと1ハロン長く感じ、1400mだと微妙に短い。必ずしも1600mがぴったり合っていると言うこともない。それでも結果を残せているのは地力。放牧帰りでもうひとつ成長が見られれば。
ずっとブリンカーを着用をしているように少し気難しい面を持つが、その効果によって最低限の結果を生み出せている。3走前は不利を受けたことによってフルに力を発揮できなかった。一つ1200m戦を挟んで臨んだ前走は、鞍上の好騎乗の助けも受け、重賞でも通用するほどの内容で勝利。今まさに脂がのりきった状態だ。
3歳で重賞に挑むも高い壁に阻まれ、1400mで地道に体力強化を図ってきた。オープンに昇格してから長期離脱を余儀なくされ、復帰してからまだ結果が出せていない。雰囲気は決して悪くはない。しかし良かったころと比較すると、腹筋に締まりが無く、全体的にもっさりと映る。それでスピード対応できなくなっているのが現状。
フェブラリーSで3着の実績を持ち、同レースでも3着の実績を持つ。その実績からも、コース適性の高さは折り紙付き。ここ3戦は短距離戦で、重い斤量を背負わされる厳しい戦いが続いていて、勝ち馬に大きく離されてしまっている。今回は別定戦で斤量は他と同じ56Kg。パワー重視の馬場状態になれば、外からグングン伸びてくる姿がイメージできる。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。