IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年5月26日(日)

12R

2019年5月26日(日) | 2回東京12日 | 17:00発走

第133回目黒記念(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

日経新春杯(GII・56キロ)は出たなりで中団から。勝負所の反応が今イチで、直線の伸びもサッパリ。勝ったグローリーヴェイズから2.3秒差の11着。「敗因はわからない」と内田騎手。昨年のこのレースを54キロで勝ち、アルゼンチン共和国杯でも4着と善戦したようにこの舞台はピッタリ。今年は56キロだが立て直した効果が出るようなら…。
日経賞(GII・芝2500メートル・稍重)は出負けをして後方から。これといった見せ場もなく、後方のままで勝ったメイショウテッコンから2.6秒差の11着。一昨年5月のOP特別5着以来、12戦して掲示板は1度もナシ。明けて9歳になり上積みも望み薄。50キロの軽ハンデでも狙える材料は見たらず、ここは見送りが妥当。
阪神大賞典(GII・芝3000メートル・稍重)は離れた5番手から。勝負所から前との差を詰め始め、直線はジリジリと差を詰めたがシャケトラから1.4秒差の4着まで。昨年のこのレースが54キロで5着。大崩れはしない反面、詰めに甘さがある馬。今年も同じ54キロでの参戦になるが、突き抜けるまでとなると疑問。掲示板なら。
大阪杯(GI・芝2000メートル)は後方から差を詰めたのみとはいえ、勝ったアルアインから0.6秒差の8着なら悪くない。元々が左巧者で東京はアルゼンチン共和国杯(55キロで)2着を含め4戦3勝とパーフエクト連対。このレースを目標に調整してきたローテーにも好感が持てるし、ハンデ56キロも許容範囲。要注目の一頭だ。
約2か月半振りの早春S(準OP・55キロ・芝2400メートル)を先行抜け出しで勝利。予定していたメトロポリタンSが天候不順で中止となり、実質4か月振りのレース。今回は昇級初戦&重賞と楽ではないが、10戦して掲示板を外したのが1回のみと堅実タイプ。鉄砲が利く馬で久々は問題ナシ。後は54キロのハンデを武器にどこまで。
約3か月振りの大阪杯(GI・芝2000メートル)は4キロ減と好仕上がり。無理をせずに後方から折り合いを付けて追走。勝負所から外目に出し、進出を開始したが4角で大外に振られる不利。直線はジリジリと差を詰めてきたが、アルアインから0.3秒差の6着。東京はダービー5着含め3戦2勝。距離は◎で課題は59キロだけだ。
半年振りの日経賞(GII・芝2500メートル・稍重)は18キロ増でも太くは映らず。逃げ切ったメイショウテッコンの3番手に付けていたが、最後の伸びを欠いて0.7秒差の5着。久々が応えたのかも…。東京は青葉賞(GII)勝ちがありOK。57キロのハンデは楽とはいえないが、叩き2戦目の上積みが見込める今回は前進可能だ。
天皇賞春(GI・芝3200メートル)は序盤こそ好位のインに付けていたが、2周目の勝負所では中団までポジションを下げる。そこからジワジワと差を詰めて、勝ったフィエールマンから1.8秒差の6着。昨年のこのレースが56キロでウインテンダネスの11着。徐々に力を付けていることは確かで、昨年と同斤量でも前進は望めそう。
約2か月半振りの阪神大賞典(GII・芝3000メートル・稍重)は後方から差を詰めてシャケトラから1.6秒差の5着。「緩い馬場が合わなかった感じ」と岩田康誠騎手。予定していたメトロポリタンSが中止となり2か月振りになるが、休み明けはマズマズ。札幌2歳S1着、ステイヤーズS(GII)2着があり、55キロのハンデを生かせば。
叩き2戦目の新潟大賞典(GIII・55キロ・芝2000メートル)は中団から。「エンジンが掛かった時に内から来た馬にぶつけられたのが痛かった」と北村友一騎手が悔しがったようにこの不利もあって、勝ったメールドグラースから0.2秒差の4着。日経新春杯を55キロで2着しており、東京コースも得意。今回も55キロなら展開一つで食い込みも。
約3か月振りの日本海S(準OP・芝2200メートル)は前半は後方に位置していたが、3角手前から早目に進出。直線は逃げ粘るケイティクレバーを交わして難なく押し切る(ルックトゥワイスが3着)。青葉賞4着、菊花賞3着、目黒記念4着から準OPでは断然力上位。昨年と同じ55キロだが、今回は長期休養明けの分、割引は必要かも。
昇級初戦となったサンシャインS(中山・準OP・55キロ・芝2500メートル)は好発からハナを切り、スローペースに落としての逃げ。道中も絡まれること無く、直線入り口で仕掛けられるとスッと反応。2着のタイセイトレイルに2馬身差を付けて勝利。今回は昇級初戦&重賞でハンデも54キロと思ったほど恵まれず、上位争いまでは疑問か。
福島民報杯(OP特別・芝2000メートル・L)は逃げたアグネスリバティの2番手。ペースが上がった勝負所から後退し始め、勝ったレッドローゼスから3.1秒差の13着。重賞は、京都2歳Sでグレイルの3着が1度あるのみで以降は掲示板もなく、重賞ではやや荷が重い感じといったレース続き。東京&距離も初。54キロでも見送る手。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。