2019年5月5日(日)

11R

2019年5月5日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第24回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

休み明けを叩いた皐月賞(GI)は3番手をスムーズに追走していたが、直線に入ると早々と後退し、サートゥルナーリアの16着。『ラストは一杯に』と藤岡祐介騎手のコメントから敗因は距離といえそうだ。折り合いに難のある馬だが、マイルのGI・朝日杯FSで2着したように条件面は好転。ペースが速くなれば見せ場以上の場面も。
桜花賞は大外から思い切った逃げの手に出る。4角では勝ったグランアレグリアに交わされたが、そこから渋太く粘って0.6秒差の6着は評価できる。とはいえ、今回は初の関東圏への輸送に加え、牡馬の強豪が相手。小柄な牝馬で馬体維持は勿論だが、牡馬の一線級を相手にどこまでやれるかということもある。今回は様子見が妥当かも…。
2か月振りのきさらぎ賞(GIII)は逃げたランスオブプラーナの2番手。折り合いに課題のある馬だが、スローペースでも我慢は利いていた。直線は手応え十分に抜け出し、タガノディアマンテに2馬身差を付けて快勝。レース後『更に距離が延びると大変ですが…』との川田騎手談から1ハロン短縮は折り合い面も含めて吉と出るハズ。
初のマイル戦になったアーリントンC(GIII)は好発を決め、スローペースに落としてまんまと逃げ切る。『控えて良さが出るタイプではないので、思い切ってハナに』(浜中騎手)が奏功した格好。東京は初だが新潟に勝ち鞍があり左回りはOK。とはいえ、GIの今回は相手強化と同型の存在が気になるところ。上位争いまでは厳しいかも。
約2か月半振りの毎日杯(GIII)はゲートは出たが行く気もなく、例によって後方から。直線は大外に出して差を詰めてきたが、いつもほど弾けずランスオブプラーナの5着。直線は内にモタれ加減だったところを見ると距離が微妙に長かったか。良績あるマイルに替わる点はプラスだが、追い込み一手の脚質から展開の助けは必要だろう。
ファルコンS(GIII)は14キロ減でも細くは映らず。直線坂上で先頭に立ったところをハッピーアワーに交わされて2着も初芝で結果を出したことは何よりの収穫。東京はダート戦だが勝ち鞍があり、輸送も経験済み。距離の延長がどうかも、目下絶好調のD.レーン騎手の手綱捌きでうまく末脚を温存できるようなら見せ場以上があるかも。
約3か月半振りの桜花賞(GI)は行きたがるのを宥めつつ好位から。スローペース&被せられるのを避けるために4角では早々と先頭。そのまま後続を完封して快勝。朝日杯FSは体が立派だったことと直線で内にモタれたことが敗因。桜花賞もやや内にモタれたが、今回は良績ある左回り。アドマイヤマーズを含めまとめて面倒を見るかも。
3か月振りのアーリントンC(GIII)は好位を追走していたが、徐々に位置が後ろに。直線は外から追い上げにかかるが、内外から挟まれて後退する不利。勢いが付いた時だけにこの不利は痛かったし、度外視できる一戦。エンジンの掛かりが遅い馬で広い東京に替わる点は歓迎か。初の左回りと長距離輸送をこなせば見せ場は作れそうだ。
ニュージーランドT(GII)は出遅れて後方から。勝負所から早目に動いたが最後は一杯となりワイドファラオから0.7秒差の9着。『発馬を決めて先行できていれば粘れたハズ』と松岡騎手のレース後談話だが、脚質が定まっていない上に速い時計の裏付けもないといった現状。相手強化のここでは劣勢は否めず見送りが賢明だろう。
3か月振りのアーリントンC(GIII)は出遅れてシンガリ近くからの競馬。直線は外目に出し、残り1ハロンから素晴らしい末脚でイベリスのクビ差2着。直線で進路を探すのに手間取らなければ勝っていたかも…。距離短縮が吉と出た上に追い込む競馬で結果を出したことは大きな収穫。1度叩いた上積みが見込める今回はGIでも要注意だ。
2か月振りのアーリントンC(GIII)は離れた好位。終始インを通るロスのない立ち回りでイベリスの0.2秒差7着と着順ほど負けてはいないが、今回は一気に相手が強化。スッと先行できる素軽さが同馬の武器とはいえ、走破タイムで見劣ることは確か。左回りも初めてになる今回は様子見が妥当といえるだろう。
未勝利を勝ったばかりで4か月振りのレースとなったニュージーランドT(GII)は12キロ増でも太くはなく成長分か。好枠を利してハナを奪い、スローペースに落としての逃げを打つ。展開に恵まれた面は否定できないが、ラスト2ハロンを11秒前半でまとめた点は評価できる。控えても競馬ができるタイプでフロック視は危険かも。
皐月賞は発馬で躓いたが、二の脚で中団に付け、折り合いもスムーズ。直線に入って仕掛けられたが反応は鈍く、サートゥルナーリアから1.6秒差の13着。レース後に武豊騎手が『距離が長かったということ』との談。京王杯2歳S(1400メートル)1着、朝日杯FS4着から距離短縮は間違いなくプラス。東京もOKで見直しが必要だろう。
約2か月半振りのファルコンS(GIII)は後方から。直線で外に出すと最速の末脚(34秒0)で前を行くグルーヴィットを交わし、重賞初制覇。デイリー杯2歳Sとシンザン記念(共にマイル戦)が3、5着。距離を短縮したファルコンSで1着になったことからマイルは微妙に長いのかも…。左回りはOKだが、過度の期待はどうだろう。
ニュージーランドT(GII)はダッシュが付かず離れたシンガリ。直線は大外に持ち出し、最速の末脚でワイドファラオの0.2秒差3着。スローペースで前残りの中、一頭だけ際立った伸び。当該舞台は上り32秒9で差し切り勝ちがありOK。ゲートに課題を残すが『切れ味は凄いし、東京の方がいい』と戸崎騎手。展開一つで出番も。
2か月振りのアーリントンC(GIII)は課題のゲートを決めたが初のマイル戦ということもあり行く気はなく後方から。直線は大外に持ち出し鋭く伸びたが、イベリスから時計差なしの3着。東京は500万勝ちがありOK。4戦中3戦で最速の上りをマークしているように決め脚は鋭いが、初の一線級相手で即上位争いというワケには…。
約2か月振りの皐月賞は好位のイン。勝負所から徐々に進出を開始し、直線は前の組を懸命に追いかけたが中々差は詰まらず、サートゥルナーリアから0.4秒差の4着。2歳時はマイル戦を4戦全勝。距離が延びるに従って着順が落ちているように距離に限界がありそう。東京はOKでマイルに替わる今回、改めて仕切り直しだ。
約3か月振りの毎日杯(GIII)は出たなりで中団。直線勝負の形だったが最速の末脚(33秒9)でランスオブプラーナの0.2秒差4着。新潟2歳S(GIII)を勝っていることから左回りに替わる点はプラスに出そうだが、毎日杯に出走した組のその後の成績が今イチ。力関係を考えるとGIのここでは上位争いまでとなると厳しい感は否めず。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。