2019年4月27日(土)

11R

2019年4月27日(土) | 2回東京3日 | 15:45発走

第26回テレビ東京杯青葉賞(GII)

芝・左 2400m | 天気:小雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

水仙賞(中山・500万下・芝2200メートル)は中団の後ろ。4角の反応は今イチだったが、2着馬が来るとそこからもう一伸びして勝利。先週追い切って今週は馬ナリ調整。集中力が出てきて距離延長も問題ありません、と関係者。前走後に「まだ本気で走っていない。道中はフラフラ、直線は物見。それでも勝つのだから能力は高い」とM.デムーロ騎手。重賞で相手は強化されるが、見せ場以上も。
大寒桜賞(中京・芝2200メートル)を余裕を持って逃げ切り2勝目をマーク。調教の時点から左回りの方が動きは良く、距離延長もプラス、と関係者。何が何でもハナに行くという馬が見当たらない組み合わせで、横山典騎手が再度主導権を奪ってマイペースで行くようなら逃げ残りの目があっても。
京成杯(中山・GIII・芝2000メートル)は伸び負けた格好でラストドラフトから1馬身4分の1差の2着。前走後は一息入れて馬体の成長を促し、調教の動きに迫力が出てきた。新馬を勝った東京に替わるのも、距離延長もプラス材料で楽しみ、と関係者。「真面目で乗り易い馬。徐々に加速していけるこの距離も合います」とC.ルメール騎手。前走騎乗したO.マーフィー騎手の、本領発揮は2400メートル以上とのコメントから、ここは善戦以上を期待したいところ。
5か月振りの毎日杯(GIII・芝1800メートル)はランスオブプラーナの12着。追い切りの動きが良く、休み明けを1度使った上積みは見込めそうだが、同じく重賞で相手が揃っていることも確か。距離延長は好材料だがどこまでやれるか、と関係者。格上挑戦&重賞の今回は様子見が賢明。
フローラルウォーク賞(中京・500万下・芝1600メートル)は出負けをしたが最速の末脚でゴボウ抜き。新馬・特別と2連勝。放牧を挟みながらも、距離延長は問題ないと見て参戦を決めた、と関係者。「聞いていたテンションの高さも許容範囲内で操縦し易かったし、距離延長に関しても折り合いは問題なさそうなので」と戸崎騎手。重賞でも好レースになって何ら不思議はないだろう。
新馬を勝って以来、4か月振りのレースとなった毎日杯(阪神・GIII・芝1800メートル)は16キロ増でも太目感ナシ。逃げ切ったランスオブプラーナの3番手に付け、 直線は最内を突いてクビ差まで迫った所がゴール。久々&重賞で即メドを立てた。追い切りは目立たない馬で実戦向きのタイプ。折り合いの不安がない分、距離は持ちそう。追い切りの雰囲気が凄く良かったしここも楽しみ、と関係者。マカヒキの全弟で距離もOKとなれば上位争いの一角に。
アルメリア賞(阪神・500万下・芝1800メートル・7頭立て)は発馬で大きく出負け(立ち上がる)したが、最速の末脚でランスオブプラーナの2着。長く脚を使えるタイプで東京コースは合っていそう。距離は問題ないし、落ち着いて五分のスタートが切れれば、と関係者。ここ2走が最速の末脚を駆使しているように決め脚は中々。GIIだけに出負けして上位争いができる程甘くはないが、上手にゲートを切れるようなら。
デビュー3戦目の未勝利(東京・芝2400メートル)を勝利。3か月開いたが、順調に乗り込んで最終追い切りも悪くない動き。長くいい脚を使うタイプなのでこの舞台は合うし、馬に覇気がある点もいい、と関係者。母メジロドーベル最後の産駒。同じ舞台で未勝利を卒業した強みを生かして善戦を期待したいが…。
2か月振りのゆきやなぎ賞(阪神・500万下・芝2400メートル・5頭立て)は離れた3番手。3角で差を詰め始め、残り1ハロンで先頭に立つと2着のアールコンセンサスに2馬身半差を付けて2勝目をマーク。今週の調教の動きが良かったし距離も長い方がいいタイプで、どれだけやれるか楽しみ、と関係者。前走は少頭数が味方した感も強く、昇級初戦&重賞で即通用するかとなると疑問は否めない。
デビュー5戦目の未勝利(阪神・芝2400メートル)を勝利。調教よりも実戦タイプで、使いながら馬がしっかりしてきた。距離を延ばしたことが奏功し、直線が長い東京コースも合いそうだ。相手は強くなりますがどこまでやれるか楽しみ、と関係者。距離&コースは合っていても、イキナリGIIで上位争いできるかは疑問だろう。
約5か月振りの山吹賞(中山・500万下・芝2200メートル)を勝って2勝目をマーク。母にディアデラノビアを持つ良血だ。この中間はテンションを上げないように調整。追い切りの動きは良かったし、落ち着いてレースに臨めれば、と関係者。前走で20キロ増えた馬体を極端に減らさなければ、ここでも侮れない一頭に。
デビュー8戦目の未勝利(中山・芝1800メートル)は4角で先頭に立つと、最内から伸びてきたブラッドストーンをアタマ差退けて初勝利 (3着には4馬身)。追い切りの動きから状態は良く、距離延長はプラス、と関係者。母にホエールキャプチャを持つ良血で、セレクトセールでは1億7千万で取引された馬。まだ1勝馬だが、軽視は危険かも。
山吹賞(中山・500万下・芝2200メートル)はカウディーリョのクビ差2着。出負けしながらも4コーナーでは先頭に立ち最後に競り負けた。ここにきて馬が本当に良くなっているし何とか権利を獲って欲しい、と関係者。500万に昇級して4、3、2着と着順アップも今回はGII。上位争いまでとなると疑問符は付くだろう。
昇級初戦の山吹賞(中山・500万下・芝2200メートル)はカウディーリョの1馬身半差3着。追い切りは良い動き。初の東京コースも、中京で未勝利を勝ったように左回りは合っている。いい脚を長く使えるタイプなので東京も合うはず、と関係者。ここまで6戦して4着が唯一の馬券対象外と堅実タイプ。相手なりの特性を生かせば馬券圏内も。
ゆりかもめ賞(東京・500万下・芝2400メートル)はサトノジェネシスの2着。小柄な馬だが徐々に成長してトモに力が付いてきた。追い切りの動きが良かったし久々でも仕上がりはいいので何とか権利を獲って欲しい、と関係者。デビュー戦から2000メートル中心に長めの距離を使ってきた馬。前走で当該舞台を経験している点を生かし切れるようなら。
弥生賞(GII・芝2000メートル・重)は中団から。勝負所の反応は今イチで直線の伸びももう一つ。勝ったメイショウテンゲンから0.7秒差の6着。前走は馬場にノメっていたことも敗因。放牧を挟んでここを目標に乗り込んできた。一頃より馬がしっかりして、距離が延びるのも広い東京に替わるのもいい、と関係者。前走は「馬場が悪過ぎました」と武豊騎手談から、良馬場で競馬ができれば巻き返しがあっても不思議ではない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。