IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年1月27日(日)

11R

2019年1月27日(日) | 1回東京2日 | 15:45発走

第33回根岸ステークス(GIII)

ダート・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

「今日は坂路でシッカリと負荷をかけました。動きは良かったですよ。脚質の関係で展開に左右される面はありますが、最後は確実に脚を使ってくれますからね。相手を問わず堅実に走ってくれるし、距離を問わずに確実に伸びてくれる馬。中山の1800メートルより、東京の1400メートルの方がより鋭い脚を使えると思います。後は前半のペースにどこまで対応できるかですね」(野中調教師)。 ◎師走S(中山・OP・ダート1800メートル)は発馬で接触する不利があって後方から。4角で一気に大外に持ち出し、最速の末脚(36秒4)で鋭く伸びたが、勝ったテーオーエナジーから0.4秒差の3着(2着のチュウワウィザードにはハナ差)。重賞は手の届く位置にきており、初の1400メートルでも得意の左回りなら展開が嵌れば突き抜けても…。
「先週シッカリ負荷をかけてあるので、今週はジョッキーが乗った感触に任せる形を取りました。ジョッキーもその点を考えて騎乗してくれました。休み明けの武蔵野Sの内容から東京は問題ないし、重賞でもやれる力を持っています。今回は1400メートルですが、より適性があるマイルのフェブラリーSに行けるよう、頑張って欲しいと思っています」(松田国英調教師)。 ◎ギャラクシーS(阪神・OP・ダート1400メートル・稍重)は好位のインで流れに乗る。直線は狭い所を割って伸び、逃げ切ったゴールドクイーンにハナ差まで迫った所がゴール。当該舞台は麦秋S(準OP)を勝っており問題ナシ。武蔵野S4着から重賞でもやれることは立証済み。ハンデ一つでは怖い存在になりそうだ。
「前走後は放牧を挟み、帰厩後はここを目標に調整をしてきました。以前と違って使った後の回復が早く、この中間はシッカリ調教を積むことができました。3週連続で岩田騎手が騎乗してコンタクトを取ってくれたことも大きいと思います。今日もCWで速い時計が出たように、状態は言うことありません。東京は相性がいいコースだし、1300メートルのレコードも持っていますからね。ここで結果を出してフェブラリーSに向かいたいと思っています」(松田国英調教師)。 ◎叩き2戦目の霜月S(東京・OP・56キロ・ダート1400メートル)はポツンと離れた中団の前。ジックリ脚を溜めて直線に向かう。最後は内目を突いて鋭く伸び、4〜5頭が横一線の混戦を制して勝利。重賞でやれるかは未知だが、この舞台は得意。ハンデ次第では侮れない一頭になりそうだ。
「ここ2走が外枠と、枠順に加えて距離もあったと思いますが、GI馬としては少し物足りない内容だったかもしれませんね。この馬の母親がダートの1400メートルで活躍したことから、この馬も適性があるのでは…と思っていました。丁度この時期に適当な番組があったので、ここを使うことにしました。砂を被った時はどうなのか、斤量面はどうかなどやってみなければ分からないというのが正直なところです。それでもここでいい走りができればフェブラリーSに…、ということもありますからね。まずはここで頑張って欲しいと思っています」(平田調教師)。 ◎阪神C(GII・芝1400メートル・稍重)は中団の外。直線は手応えの割には渋太く伸びて、ダイアナヘイローから0.8秒差の6着。今回は初ダートがどう出るか…その点がカギになりそうだが、脚質的に前に行くタイプではなく、砂を被った際はやや不安が残る。力は認めても、全幅の信頼となると何とも微妙。
「年が明けて転入しました。暮れに予定をしていたので、一旦は仕上げてありましたからね。こちらではそれ程やる必要はありません。それでも走れる状態にはありますから。交流重賞でも走った実績がある馬。中央でも格負けするとは思っていません」(加藤和宏調教師)。 ◎中央に転入。前走の兵庫ゴールドトロフィー(JpnIII・ダート右回り1400メートル)は公正保持のため除外。その前のJBCスプリント(京都・GI・ダート1200メートル)はグレイスフルリーフから0.9秒差の10着。明けて8歳を考えると上積みは考えにくく、ここは様子見が妥当だろう。
「前走は追ってからシッカリ伸びてくれたし、漸くこの馬本来の走りが見られましたね。その後は放牧を挟んで、このレースを目標に調整をしてきました。1週前に坂路で51秒6、攻め馬駆けするこの馬にしてもいい動きだったと思います。今週も51秒台と動いているし、体調に関しては何も言うことはありません。心身共にいい頃に戻った感があるし、差す競馬も板に付いてきましたからね。今の状態なら今回も勝負レースになるのでは…と思っています」(石坂調教師)。 ◎韓国遠征から帰国後の初戦となったJBCスプリント(京都・GI・ダート1200メートル)は好発を切ったが、ペースが速く後ろから。直線は大外に持ち出すとバテずに伸びて、グレイスフルリープから0.5秒差の4着。3年前の当該レースを勝ち、続くフェブラリーS(GI)を勝った馬。まだ衰えは見られず、ここも警戒は必要だろう。
「追い切りは単走でサラッとでしたが、動き自体は良かったと思います。この距離は多少忙しい感じはありますが、1度使った上積みは見込めるし、走り慣れたダートに替わる点はプラスに出ると思います。改めて見直したいですね」(水野調教師)。 ◎転入緒戦となったニューイヤーS(中山・OP・芝1600メートル)は出が一息で後方から。最後まで後方のままで、見せ場も作れないままドーヴァーから1.8秒差の13着。今回、良績があるダートに替わる点はプラスだが、力関係を考えると中央の重賞では荷が重い感は否定できない。
「使った後も馬体減りは見られず、いい雰囲気をキープできています。追い切りは間隔が開いていないのでサラッとですが、これで十分でしょう。今回は距離が延びるし、直線も長くなりますが、外目に出せばいい脚を使う馬なので、むしろ合っているのでは…と思っています。オールダートという点もプラスに出ると思います。以前は強敵相手に善戦した馬なので、ここでどんなレースをしてくれるのか楽しみにしています」(中村調教師)。 ◎門松S(京都・準OP・ダート1200メートル)は中団から。勝負所から内目に入れてコースロスを防ぎ、直線は馬群を縫うようにして伸びる。前で粘っていたスズカコーズラインを4分の3馬身交わして勝利。これでOP入りを果たす。今回、昇級初戦は形だけでも重賞で相手は強化。ハンデはとも角、コース面などを含めても様子見が賢明かも。
「前走から中1週なので追い切りはサラッと。それでもいい時計が出ましたね。2走前の競馬の内容からすれば、ここでもそれ程差はないと思うし、距離の延長も問題ありませんからね。重賞のここでどれだけやれるか楽しみにしています」(沖調教師)。 ◎ジャニアリーSは中団から伸びて勝ったホウショウナウから0.3秒差の3着。その前のオータムリーフSではコパノキッキングから0.1秒差の3着と差のないレースをしている。そこから判断すれば、ココでもやれていい位の力の持ち主であることは確か。無視までは危険かもしれない。
「寒くなるにつれて体調がアップしてきました。もしかすると今までで1番体調がいいかもしれませんね。近走は結果が出ていませんが、間隔を詰めて使えるし、この距離はベストなので、もう一押しを期待したいですね」(藤沢和雄調教師)。 ◎ジャニュアリーS(中山・OP・ダート1200メートル)は好位集団の後ろ。最後はもうひと踏ん張りが利かず、勝ったホウショウナウから0.7秒差の7着。どちらかというと東京の方が得意で距離延長もプラスに出そう。勝ち負けはとも角、前進は見込めそうだ。
「前走後は放牧を挟みましたが、今日の追い切りはいつも通りの形で、ラストまでシッカリ走れていました。落ち着きがあるし、いい状態で臨めそうですね。今はどこからでも競馬ができるし、馬込みも苦にしませんからね。距離延長は気になりません。ここにきて精神的にも大人になってきましたからね。今回は初めての左回りになりますが問題ありません。今回の内容次第ですが、先々が楽しみになるようなレースをして欲しいと思っています」(村山調教師)。 ◎初の重賞挑戦となったカペラS(中山・GIII・ダート1200メートル)は出遅れをしてシンガリから。ほぼ致命傷かと思えたが、直線は大外に持ち出すと最速の末脚(34秒9)でゴボウ抜き。逃げ粘るサイタスリーレッドを4分の3馬身交わして勝利。3走前と今回と出負けをしても勝てる力を持っている馬。距離は2戦して2、4着。初の左回りをこなせば。
「前走は前が止まらなかった上に内有利な馬場。この馬には不向きな馬場でしたからね。決して悲観する内容ではなかったと思います。短期放牧を挟んでここを目標に調整をしてきました。1週前に併せ馬をしましたが、幾らか重かったので、今日も併せ馬を。脚イロは相手の方が良かったように見えましたが、時計的に動いているし、これでいいんじゃないかなと思います。ベストはマイルかもしれませんが東京は走るし、1400メートルにも良績はありますからね。相手は揃うけど、好レースを期待しています」(音無調教師)。 ◎チャンピオンズC(中京・GI・ダート1800メートル)は出負けをして後方から。最後もこの馬なりに脚を使っているが、スローペースが影響し、勝ったルヴァンスレーヴから1.1秒差の6着。昨年のこのレースがノンコノユメの2着。得意の東京でゲートさえ普通に出れば上位争いは可能だろう。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はここを目標に調整をしてきました。1週前の追い切りで好時計をマークしたように、状態は悪くありません。今日はラスト重点ですが、これで十分でしょう。条件面、舞台設定などは問題ありませんが、ゲートに課題があるし、展開などにも左右される馬ですからね。力は通用すると思いますが、アテにできないタイプ。走ってみないことには何ともいえないのが実情です」(安達調教師)。 ◎武蔵野S(東京・GIII・ダート1600メートル・稍重)は出負けをして後方から。勝負所で他馬と接触する不利はあったが、特に影響があったという程ではなかった。最後はジリジリと伸びて、サンライズノヴァから1秒差の10着。ゲートに課題は付きまとうが、嵌ればいい脚を使う馬。距離は問題なく、スムーズなレースができるようなら。
「ゲート再審査は一発で合格。転厩馬ですが調教に乗った印象からはさすがにOP馬という感じはありますね。脚元の方の心配ないし、年齢的な衰えも感じませんよ。追う毎に多少カリカリしてきましたが、いい体付きをしているし、いい雰囲気でレースに臨めそうです。近走は結果が出ていませんが、環境が変わったことが刺激になっていい方に出てくれるといいんですが…」(青木調教助手)。 ◎カペラS(中山・GIII・ダート1200メートル)は18キロ増と立派。先団に付けていたが、直線に入ると早々と脱落。コパノキッキングから1.5秒差の15着。今回は転厩して初の一戦ということもあり、1度は様子を見た方が賢明かもしれない。
「中山を使った疲れはなく、ここに向けて順調に調整ができました。状態は引き続いていいですね。今回は東京に替わるので、道中はジックリ脚を溜めて直線勝負に持ち込めば、決め手比べでは負けないと思うので、少なくとも前走以上の走りを期待したいですね」(佐藤賢二調教師)。 ◎JBCスプリントに続きカペラSと、GI、GIIIを共に3着の好走。能力はココでも十分やれることは証明済み。東京も距離延長も問題なく、ここでも十分上位を張れる。直線が長いコースに替わる点はプラスで要注目の一頭。
「前走は先手を取れなかったにしても、少し負け過ぎといった感じでしたね。やはり地方の重い馬場が合わなかったということなのかもしれませんね。その後は在厩しての調整。今回で休み明け4走目になるのであまり上積みは見込めませんが、いい状態をキープしています。今回はレコード勝ちしたプロキオンSと同じ左回りの1400メートル。メンバーは揃いますが、展開一つでチャンスはあると見ています」(青木調教助手)。 ◎兵庫ゴールドトロフィー(園田・JpnIII・ダート右回り1400メートル・稍重)はハナを主張したがサクセスエナジーが譲らなかったため、控えて2番手から。勝負所での手応えは今イチで、直線の粘りも案外。勝ったウインムートから0.9秒差の5着。やはりハナを切ってこそといった感は否定できないか。左回り・距離共にOKで先手を奪えるようなら。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。