IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年7月28日(日)

11R

2019年7月28日(日) | 2回新潟2日 | 15:45発走

第19回アイビスサマーダッシュ(GIII)

芝・直線 1000m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

高松宮記念(GI)はモズスーパーフレアに外から交わされて2番手。この時に『ハミが抜けた』(酒井騎手)こともあって集中力が切れたか。直線はジリジリと後退してミスターメロディから2秒差の18着。昨年のこのレースが2着。GI2着など実績的に上位といえる馬だが、ここ3戦全てがシンガリ負け。立て直しを図った効果次第ではアッサリがあっても。
鞍馬S(京都・OP・芝1200メートル)は仕上がり良好。逃げたイエローマリンバの2番手に付けたが、早々と手応えが鈍り、直線は流れ込む形でミラアイトーンから0.5秒差の8着。まだ本調子には戻り切っていない感じ。新潟のこの舞台は昨年のこのレース勝利を含めて3戦3勝と大の得意。立て直した効果がある様なら好勝負になっても何ら不思議はない。
韋駄天S(新潟・OP・54キロ・千直)は先手を主張したライオンボスと相前後する位置。残り1ハロンで競り落とされたが、最後まで踏ん張って4分の3馬身差2着と大健闘。これで千直競馬は2戦して3、2着。走破時計も悪くなく、この舞台はピッタリ。ただ今回は格上相手&重賞で相手強化は否めず。どこまで踏ん張れるか。
3か月振りのCBC賞(中京・GIII・56キロ・芝1200メートル・不良)は逃げたセイウンコウセイの2番手に付けたが「休み明けの分、力みが見られた。それが最後に応えた様です」と和田騎手。この舞台は初めてでコース適性は未知だが、走破時計から判断して見劣ることはないハズ。枠順などがうまく噛み合う様ならここでも見せ場以上は作れそうだ。
9か月振りのバーデンバーデンC(福島・OP・52キロ・芝1200メートル・重)は16キロ増と余裕。好位に付けたがムキになって走っていたため、最後は息が保たずカラクレナイから0.5秒差の11着。デビューから3連勝した同馬。舞台適性は未知だが能力は確か。1度叩いてガス抜きができたことで、馬体にも締まりが出た今回、軽視するのは早計かも。
鞍馬S(京都・OP・芝1200メートル)はシンガリから。直線で僅かに差を詰めたのみという平凡な内容でミラアイトーンから0.8秒差の11着。千直競馬は4戦して3着2回とマズマズ。ただ8歳という年齢から高速決着が予想される開幕週の馬場に対応できるかどうかは疑問符が付くことも確か。適度に時計を要したとしても上位争いまではどうか。
函館SS(GIII・芝1200メートル・稍重)は軽く気合いを付けると難なくハナに。後続のプレッシャーもなく、単騎逃げが叶う。そのまま脚イロは鈍らず、2着のアスターペガサスに0.2秒差を付けて初重賞制覇。有力どころが公正競馬確保のために除外されたこと、馬場が渋ったこと等、恵まれた面は否めないが洋芝適性があったのも確か。今回が試金石の一戦に。
格上挑戦となった韋駄天S(新潟・OP・55キロ・千直)は中団に付けたが、行きっぷりは今イチ。最後もこれといった脚は使えないままライオンボスから1秒差の10着。「いつもの走りじゃなかった」と丸田騎手。ここ一連の成績から判断すると本調子に戻り切っていなかったのかも…。得意の舞台だが重賞で相手強化。立て直した効果でどこまでだろう。
4か月振りの韋駄天S(新潟・OP・54キロ・千直)は好仕上がり。発馬で後手も二の脚で中団に付け、外ラチ沿いに進路を取る。直線は最速の末脚(31秒8)を駆使してよく伸び、ライオンボスから0.3秒差の3着。「アイビスSDに向けていいレースができた」と西田騎手。ここを目標にここまでの調整過程は順調。別定戦に替わるが得意の舞台で警戒は必要。
バーデンバーデンC(福島・OP・53キロ・芝1200メートル・重)は押して先団に付ける。直線は内にモタれ加減ながらジリジリと伸び、カラクレナイから0.2秒差の5着。「道悪も良くないし、向正面で落鉄もしていた」とレース後に内田騎手。この一戦は度外視しても良さそうだ。千直はOKで開幕週の馬場も歓迎。良馬場で施行されれば巻き返しは十分。
昇級初戦となった韋駄天S(新潟・OP・53キロ・千直)はカッパツハッチを抑えてハナを主張。ピッタリマークするカッパツハッチの方が手応えは良かったが、残り1ハロンで振り切ると4分の3馬身差を付けて2連勝。勝ち時計の53秒9はカルストンライトオーのレコードに0.2秒差とかなり優秀。舞台設定は申し分なく今回も外枠を引ければ重賞でも。
3か月振りのCBC賞(中京・GIII・56キロ・芝1200メートル・不良)は逃げたセイウンコウセイの2番手。直線に入ってもソコソコ粘っていたが、最後は脚イロが鈍り、レッドアンシェルから1秒差の9着。このレースは過去2回走って6、5着。GI3着がある馬。良ならもう少しやれても。ただ大幅な変わり身は…。
競走除外明けのバーデンバーデンC(福島・OP・54キロ・芝1200メートル・重)は中団の後ろ。4角で挟まれる不利はあったものの、直線の伸びは平凡で勝ったカラクレナイから1.1秒差の14着と大敗。千直は初めてに加え、ここ一連の成績にも見るべき内容が見当たらず、ここは見送りが妥当といえるだろう。
京王杯SC(GII・芝1400メートル)はハナを主張したが、使い詰めのせいかテンションが高く早々と後退。勝ったタワーオブロンドン(レコード勝利)から1.9秒差のシンガリ負け。「リフレッシュすれば違うと思う」と杉原騎手は語っていたが、OP入りしてから1度も掲示板がないことでも分かる様にクラスのカベは歴然。ここも見送りが正解だろう。
バーデンバーデンC(福島・OP・52キロ・芝1200メートル・重)は後方から差を詰めたのみの平凡な内容でカラクレナイから0.4秒差の9着。今年10歳の年齢から大幅な変わり身&上積みを望むのは酷といえそうだ。また別定戦の重賞に替わる点も割引材料。ここは静観するのが正解といえそうだ。
2か月振りのバーデンバーデンC(福島・OP・51キロ・芝1200メートル・重)は先行3番手に付けていたが、直線に入るとジリジリと後退。勝ったカラクレナイから1.5秒差の16着と大敗。OP入りしてからの3戦が9、17、16、16着。現状の成績ではクラス慣れが先決だが、千直に舞台が替わり、新味が出て持ち前のスピードを生かし切れる様なら変身も。
フィリピンT(中京・2勝クラス・芝1200メートル・重)は序盤は離れた3番手。勝負所から前との差を詰め始め、直線は内目を突いて伸び、サヤカチャンの追撃をクビ差退けて4勝目をマーク。今回は昇級初戦&重賞に加え、千直は初コース。ハンデ戦ならとも角、別定戦では正直、即通用とはいかないだろう。ここは様子見が妥当かもしれない。
韋駄天S(新潟・OP・54キロ・千直)は中団から。前半はペースに戸惑い気味も、最後は外ラチ沿いに寄せて行くとジリジリと脚を伸ばしてライオンボスから0.5秒差の4着と好走。「この舞台は合っているし、外目の枠も良かった」と柴田大知騎手。既に8歳と大幅な変わり身はどうかと思うが、再度外目の枠を引ける様なら見せ場を作れても良さそうだ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。