2019年8月31日(土)

11R

2019年8月31日(土) | 2回札幌5日 | 15:25発走

第54回札幌2歳ステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | 2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3100、1200、780、470、310万円 |

デビュー戦(函館・芝1800メートル)は中団から。道中の折り合いもスムーズで、4角では逃げ粘っていたコスミックエナジーの2番手に上がる。そこから追い出されると難なくコスミックエナジーを交わし、1馬身4分の1差を付けて快勝。「ここではモノが違った」と池添騎手。勝ち時計の1分49秒8も速く、同厩舎のゴルコンダとの対戦が楽しみなレースといえそうだ。
コスモス賞(札幌・OP・芝1500メートル・稍重)は3番手の外からの競馬。勝負所での手応えが今イチだったが、直線で大外に持ち出すとジリジリと差を詰めてきて勝ったルーチェデラヴィタから0.2秒差の4着。ここまで4戦全てが芝1800メートル。まだ見限りは早計で、キャリアを生かせば食い込む余地は十分ありそうだ。
デビュー戦(福島・芝1800メートル・不良)は逃げたトロワシャルムの2番手に付ける。スローペースで淡々とした流れになり、結局は行った行ったの競馬になり、最後は2着のトロワシャルムを4分の3馬身交わして勝利。展開の利が大きかった感があり、今回が試金石の一戦になるが、余裕のある体付きから上積みは見込めそう。馬場が渋るようなら出番があっても…。
クローバー賞(札幌・OP・芝1500メートル)は勝ったオータムレッドの前。道中はスムーズさを欠いたが、渋太く脚を使い、オータムレッドから4分の3馬身差の2着に踏ん張る。今回は初芝だったがこの内容ならメドは立ったと見て良さそう。勝ち馬に蓋をされた不利を考慮すれば「あまり力差は感じない」との陣営談も理解できる。ここも注意は必要な一頭といえるだろう。
デビュー戦(札幌・芝1800メートル)は出遅れて序盤はシンガリから。3角手前から一気に動き始め、4角では2番手の外まで進出。そこから力強く抜け出して2着のマイネルブラシウスをクビ差抑えて勝利。着差以上に余裕がある勝ち方だったが、牡馬にしては小柄な体(444キロ)。もう一回り、二回り成長すればかなり走ってきそう。ただゴルコンダ以外の馬達との比較なら好勝負になってもいいだろう。
デビュー2戦目の未勝利(函館・芝1800メートル)は中団の後ろから。3〜4角にかけて徐々に進出を開始し、4角では楽な手応えで先頭に立つ。そこから難なく抜け出して2着のウインドジャマーに1馬身4分の1差をつけて勝利。422キロと小柄な馬で大きな変わり身となると疑問符は付くが、鞍上は能力を評価しており、抑えは必要かもしれない。
デビュー戦(札幌・芝1500メートル)は後方のイン。多少余裕のある造りだったが、経済コースを走れたことで難なく前との差を詰められる。直線は馬群を割って伸び、2着のインプルソにクビ差競り勝ち。なかなか勝負根性がある馬。体付きからまだ変わり身が期待できそう。相手は強くなるがそれなりにやれる雰囲気がある。
デビュー3戦目の未勝利(新潟・芝1600メートル)は逃げたステラドーロの2番手。最後はステラドーロとの叩き合いになったが、これをゴール寸前でハナ差競り落として初勝利を上げる。勝ち時計の1分35秒6はほぼ水準級。ただ馬体から大幅な変わり身となると…。キャリア面と距離が延びて良さが出てきた点に期待したいが…。
デビュー戦(福島・芝1800メートル)は少し離れた先団から。勝負所から動き始め、4角では早々と先頭。そこからは危なげなく抜け出して快勝。2着のココロノトウダイに1馬身差を付ける。「能力が高く、今のところ特に注文はない」と江田照男騎手。勝ち時計そのものは水準レベルだが、ジョッキーは能力を評価しており、軽視は危険かもしれない。
デビュー2戦目の未勝利(札幌・芝1800メートル)は16キロ減と馬体が絞れた。スッとハナに立つと平均に速いラップを踏んでの逃げを打ち、直線は後続を離す一方。結局、2着のプントファイヤーに大差を付けてレコード勝ち。翌日の1勝クラス特別を勝ったウォーターパルフェの勝ち時計を0秒1上回る1分48秒3。一桁、二桁違う勝ち方からここでは能力の違いは断然。
デビュー戦(函館・芝1800メートル)は逃げたカガジャドールの2番手を併走。1200メートル通過が1分19秒0という超スローペースだったが、促されつつの追走。直線に入っても手応えは今イチだったが、残り1ハロンを過ぎてエンジンが掛かると鋭く伸びて2着のプントファイヤーに1馬身半差を付けて勝利。勝ち時計は地味だが、能力を感じる走り。「今日は素質だけで勝ったようなモノ」とは武豊騎手。変わり身が望めそうな一頭で時計だけで軽視するのは危険かも。
デビュー戦(札幌・芝1800メートル)は仕上がり良好。スタートは一息だったが、スッとハナに。そのままスローペースに持ち込み、2着のメリディアンローグの追撃を半馬身凌いで勝利。まだ物見などをしていて、勝ち時計の1分52秒3は悪くなく、ここもマークは必要といえそう。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。