IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年12月22日(土)

11R

2018年12月22日(土) | 5回阪神7日 | 15:45発走

第13回阪神カップ(GII)

芝・右 1400m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 |

「前走は連闘で中山遠征ということで、この中間は疲れを取ることに専念してきました。今日の追い切りの感じは悪くなかったので、状態は維持できています。乗り難しい面はありますが、この時季は走る馬。少し時計を要する良馬場が理想ですが、ここもスムーズなレースができれば…と思っています」(森田調教師)。 ◎連闘で臨んだラピスラズリS(中山・OP・芝1200メートル)は10キロ減と馬体が絞れる。中団のインに付けてスムーズに折り合う。残り1ハロン辺りで馬場の中ほどに持ち出し、ゴール前で逃げ粘っていたモズスーパーフレアをクビ差交わして勝利。1ハロンの距離延長はむしろプラスで、ここも軽くは扱えないかもしれない。
「休み明けの前走でしたが、前に厳しかった流れを考えれば頑張った方だと思います。1度使った上積みが大きいし、馬体の張りも良くなってきました。今回は定量に替わるし、右回りも問題ありませんからね。重賞のここでも差のない競馬はできると見ています」(田代調教助手)。 ◎半年振りのオーロC(東京・OP・芝1400メートル)は4キロ増と太目感はなかったが、テンションは高め。中途半端な位置取りになってしまい、ペースも乱れていたために力みが見られた。結果はロワアブソリューから0.5秒差の5着だったが、不完全燃焼といった格好。1度使って力みが取れた今回は見直す必要はありそうだ。
「前走は好位でスムーズなレースができたし、最後もシッカリ伸びてくれましたね。久々にこの馬らしさが窺えたレースでした。今日の追い切りはリラックスできて力まずに走れていた点は良かったと思います。今回も前走の様にスンナリ運べる様なら楽しみですね」(大根田調教師)。 ◎2か月半振りの京阪杯は逃げたワンスインナムーンも2番手。直線も渋太く粘り通してダノンスマッシュから0.3秒差の3着と好走。どちらかと言うと夏場に良績が多い馬だが、調子がいいからこその好走と受け止めることもできる。ベストは1200メートルだが、デキの良さを生かせばこの距離も問題ナシ。無視は危険かもしれない。
「最近は馬場が少しでも緩いと走らなくなっていますね。状態面は徐々に上がってきているので、パンパンの良馬場で競馬ができれば見直せてもいいのでは…と思っています」(昆調教師)。 ◎スワンSは五分の発馬を切り、押っ付けて中団の後ろから。行きっぷりが悪く、直線に入ってからの反応も今イチといった感じでロードクエストから1.4秒差のシンガリ負け。7歳という年齢的なモノがあるにしても負け過ぎの感は否めず。ここも一変とまでは考えにくく、様子見が妥当だろう。
「ここにきて安定した走りをしてくれる様になったし、追い切りの動きからも状態の良さが窺えます。今回はGIIで相手は揃いますが、今のデキの良さを生かせれば、ここでも差のないレースができるのでは…と思っています」(藤沢和雄調教師)。 ◎オーロC(東京・OP・57キロ・芝1400メートル)は中団の後ろをロスなく追走。勝負所から進出を開始し、4角では先団の後ろにまで上がる。そのまま直線も最内を突いて伸びてきたが、ロワアブソリューから0.2秒差の3着。条件戦だが阪神のこの舞台で勝ち鞍がある。重賞でも遜色ない力は持っており、一概に軽視は危険かも。
「ここ2戦は1200メートルでこの馬には忙し過ぎましたね。今回は京王杯スプリングCをレコード勝ちした1400メートル。1ハロンの延長は大きなプラスになると思います。放牧明けでも仕上がりはいいし、今日の動きも良かったですからね。ここは改めて仕切り直したい一戦です」(津曲調教助手)。 ◎スプリンターズS(稍重)は出が一息でシンガリからの競馬。1200メートルということもあって追走に手一杯。4角では故障した馬の煽りも受け、見せ場らしい見せ場も作れず。勝ったファインニードルから0.9秒差の13着。京王杯スプリングCをレコード勝ちした様に1400メートルの方がベスト。阪神もマイル戦だが2戦して2、1着と得意にしており要注意。
「前走は久々に加え、58キロを背負って僅差の4着と力のあるところを見せてくれました。相変らず調教の動きはいいし、一昨年勝った時と同じ位のデキにありますからね。この距離はベストだし、ここも立ち回り一つでチャンスがあると思うので楽しみにしています」(須貝調教師)。 ◎約6か月半振りとなったラピスラズリS(中山・OP・芝1200メートル)は2キロ減と仕上がりは良好。出たなりで中団を進み、勝ったダイメイフジと併走。4角でダイメイフジが内を突いたの対して、同馬は外に。コース取りの差が出た感じで、0.2秒差の4着。一昨年のこのレースの覇者でもあり、叩き2戦目の変わり身に期待したいところ。
「前走は外々を回らされたこともあって厳しかったですね。追い切りの動きは良かったし、状態は更に上向いています。今回はGIIで相手は強くなりますが、立ち回り一つでやれてもいいのでは…と思っています。距離も現状はこの位がベストですからね」(大竹調教師)。 ◎京阪杯(京都・芝1200メートル)は後方2番手。直線もこれといった伸びは見られず、ダノンスマッシュから0.8秒差の14着。今回がOP入り2戦目になるが、現状はクラス慣れが必要といった感があり、ここは様子見が妥当かもしれない。
「前走後は放牧に出し、帰厩後はここを目標に調整してきました。追い切りの動きは良かったし、スプリンターズSの時と同じ位のデキで臨めそうです。馬体がフックラしていることは何よりだし、距離の1400メートルも勝っているので大丈夫。あまり速い時計の決着だとどうかですが、少しでも時計を要する様なら楽しみ」(中山調教助手)。 ◎スプリンターズS(稍重)は先行策。3、4番手のインを進み、直線も最内を突いて伸びてきたが、ゴール前で狭くなる不利。追い出しを待たされ、進路を切り替えて盛り返したが、ファインニードルからクビ+半馬身差の3着。近走は輸送しても体が減らなくなっており、7歳にして益々壮ん。阪神&距離も問題はなく、スムーズに運べれば可能性も十分。
「前走後は体調が整わずに間隔は開きましたが、ここを目標に順調に調整ができたので、満足のいく仕上がりで臨めます。精神面の成長が窺えるし、重賞でも差のない競馬をしてきましたからね。今日の追い切りの動きも良かったし、力のある馬。ここでも楽しみにしています」(藤沢和雄調教師)。 ◎安田記念は出負けをして後方から。直線入り口でも後方にいたが、大外に持ち出すと最速(33秒3)の末脚で前との差を詰め、モズアスコットから0.2秒差の4着。阪神は朝日杯FS(GI)1着がありOK。距離も京王杯スプリングC3着があり問題ナシ。休み明けは特に問題はないタイプ。今回、いきなり好走があっても不思議はないだろう。
「前走は枠順に加え、展開もこの馬には向かなかったですね。その後はここを目標に調整。中間は順調そのものです。1週前の追い切りの動きが良かったし、今日の動きも力強くて、大きなストライドで走れていました。中間から着けたブリンカーも利いている様です。今回がラストランになるので、何とか有終の美を飾らせてあげることができれば…と思っています」(尾関調教師)。 ◎4か月振りのスプリンターズS(稍重)は五分の発馬を切ったが、押しても行けず後方から。勝負所から動き始めるが、4角で故障した馬の煽りを受けて減速。外を回る羽目になるロスが大きかった。そこからは伸びを欠いてファインニードルから0.7秒差の10着。当該舞台は阪急杯で3着がありOK。展開がハマる様ならまだ見限れない一頭。
「休み明けを使いつつ徐々に状態は上がってきています。今日の併せ馬の動きも良かったですからね。近走はもう一つ結果が出ていませんが、今回あたりで何とかキッカケを掴むことができないものか…と思っているんですけどね」(本田調教師)。 ◎マイルCSは出たなりで中団から。いつもより位置取りは後ろだったが、4角で他馬に寄られる不利があり、そこで万事休す。ジリジリと後退してステルヴィオから1.3秒差のシンガリ負けを喫する。距離は問題ないが、近走内容から強調材料に乏しく見送りが妥当だろう。
「前走は大外枠が影響したのかもしれませんね。以前に比べて大分立ち回りに器用さが出てきているので、1400メートルにも対応できると思います。長目から追った今日の動きが良かったし、この秋3戦目の今回こそ好結果を出して欲しいですね」(平田調教師)。 ◎叩き2戦目のマイルCSは大外枠だったが、意識的に早目の競馬。逃げたアエロリットの4番手に付ける。4角でもまだ位置を保っていたが、直線に入ると伸びを欠いてステルヴィオから0.5秒差の11着。12キロ増の478キロは自己最高を考えるとやや余裕残しだったかも。1400メートルは初だが、阪神は◎。馬体が絞れてくるようなら見直しが必要。
「先週自己ベストをマークした様に状態はいいですね。今日はポリでの追い切りでしたが、ラストの伸びは良かったと思います。この距離は実績がありますが、今回は内回りという点がどうなのかがポイントになりそうですね。ただペースはそれ程遅くはならないと思うので、展開がハマる様なら…ですね」(藤岡調教師)。 ◎富士S(東京OP・芝1600メートル)は後方で脚を温存。直線はやや外目に持ち出し、最速(33秒2)の末脚で鋭く伸びて、勝ったロジクライから2馬身差の2着。距離OKで阪神替わりも特に問題ナシ。ゲートが速くないので後ろからの競馬になるが、展開がハマる様なら食い込みがあっても。
「今日の追い切りの動きは本当に良かったと思います。前走は狭くなって一旦下げてしまったために流れに乗れず、脚を余す結果になってしまいました。スピードがあるので1400メートルは合うと思うし、競馬が上手な馬ですからね。ここは改めて見直したい一戦です」(西園調教師)。 ◎マイルCSは押して先行。3角手前で狭くなる場面があって下げる不利。その後も手応えよく追走していたが、4角でゴチャ付いて立て直すロス。そこから再び盛り返したが、勝ったステルヴィオから0.3秒差の6着。不完全燃焼といえる一戦で度外視して良さそうだ。1400メートルは初距離、流れに対応できるかどうかがカギだが、力はある馬で要注意。
「今日の追い切りは追われてからシッカリ伸びた様に、理想的な追い切りができたと思います。重賞ではもうワンパンチが利けば…といった感じですが、距離延長はプラスに出ると思います。今回もメンバーは揃っていますが、ここで結果を出せれば先々が楽しみになると思うので、何とか頑張って欲しいですね」(安達調教師)。 ◎京阪杯は外枠ということもあり、無理をせずに中団の外目から。直線も思ったほど弾けなかったが、ジリジリと差を詰めてダノンスマッシュから0.6秒差の7着。初の1200メートルで追走に手こずったことは確か。1ハロンの距離延長はプラスで、ある程度前目の位置で競馬ができる様なら見せ場以上があっても不思議ではないだろう。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。