競馬 - 阪神ジュベナイルフィリーズ - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年12月9日(日)

11R

2018年12月9日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第70回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 |

「前走は落ち着いてレースに臨めたことが何よりでした。使った後もテンションが上がらず、落ち着いているのはいいと思います。休み明けを一度使った上積みも見込めますからね。日曜日にある程度やってあるので、今日は馬ナリでしたが、やっぱり時計は出ますね。今の落ち着きを維持できれば折り合いは付くと思うので、距離は我慢できると思います。素質はヒケを取らないと思うので、ここでも楽しみはありますね」(今野調教師)。 ◎3か月振りのファンタジーS(京都・GIII・芝1400メートル)は12キロ増だが太目感はナシ。中団のインに付け、行きたがるのを我慢させつつの追走。それでも最後はシッカリ脚を使ってダノンファンタジーから1馬身4分の3差2着。今回は1ハロン延長で折り合い面が課題になりそうだ。
「前走のダメージが少なかったし、いい意味で落ち着きもあります。中間の動き・息遣いも全く問題ありませんから。前走から中2週ということで追い切りは馬ナリでしたが、動きも悪くありません。前走が渋太いレースをしてくれたし、クセがないので乗り替わりは心配ありません。今回も自分のリズムで走れるようなら楽しみですね」(戸田調教師)。 ◎赤松賞(東京・500万下・牝・芝1600メートル)はダッシュ良くハナを切り、スローペースに持ち込んでの逃げ。直線入り口で3着のレディマクベスに並ばれたが、手応えは楽。そこから突き放しにかかり、猛追してきたマドラスチェックをハナ差退けて2勝目をマーク。2勝が共に逃げ切り。今回も同型との兼ね合いがポイントになりそうだ。
「前走後は一旦、放牧に出しましたが、帰厩後は飼い食いが良く、毛ヅヤもいいですね。1週前に坂路で好時計をマークしましたが、今日も馬ナリでしたがいい時計が出ました。今回は初の重賞でしかもGI。正直どこまでやれるかといった気持ちですが、小柄な割にストライドの大きな走りをするし、馬体もフックラしていい雰囲気ですからね。距離延長は問題ないと思うので、今後に向けてメドの立つ走りを期待したいですね」(庄野調教師)。 ◎約2か月半振りのりんどう賞(京都・500万下・牝・芝1400メートル)は好仕上がり。好位のインをロスなく立ち回り、前を行く先行した2頭が外に膨らんだため、労せず最内を突いて伸び、2着のローゼンクリーガーに1馬身4分の1差を付けて勝利。小柄な馬だがレースセンスは中々。ただ2着馬以外に目立つ馬はおらず。その点がどう出るかだろう。
「前走後は在厩しての調整。ここまで使ってきているので、もう速い時計はいりませんからね。今日は余裕を持って走れていたし、動きに軟らか味があっていい感じでした。いいフットワークをしているし、最後は確実の伸びてくれる馬。ディープインパクトらしい切れ味を持っていますからね。姉もいい馬ですが、妹であるこの馬も素晴らしいですからね。神経質な馬ではないので輸送は大丈夫。距離は長い方がいいと思いますが、まずはマイルのここをクリアして欲しいですね」(藤沢和雄調教師)。 ◎2か月振りのアルテミスSは6キロ減でも好仕上がり。発馬で出負けをして後方からの競馬。直線は大外に持ち出し、最速の末脚(33秒8)でまとめて差し切る。内で粘るビーチサンバに半馬身差を付けて2勝目。姉にソウルスターリングを持つ良血。馬格も470キロ台と立派でまだ伸びシロを持っていそう。GIのここでも軽くは扱えないだろう。
「前走は昇級初戦、しかも牡馬相手の重賞で一旦は抜けましたからね。結果は交わされて2着でしたが、渋太さは見せられたと思います。その後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前の追い切りでビシッとやってあるので、今日は息を整える程度。馬ナリでしたがいい動きだったと思います。この舞台はデビュー戦で3着と走っているので問題ありません。今回も発馬を決めて前走のようなレースができれば…と思っています」(池添兼雄調教師)。 ◎デイリー杯2歳S(京都・GII・芝1600メートル)は逃げ切ったアドマイヤマーズの2番手。スローペースから上りの競馬になったとはいえ、直線で一旦はアドマイヤマーズを交わしたが最後は差し返されて4分の3馬身差の2着(3着馬には2馬身半差を付ける)。芝・ダートを問わず走る馬で馬体も中々。牝馬同士の一戦ならGIでも軽くは扱えない。
「ダートを除外になって芝に使った前走でしたが、思っていた通り芝でも走ってくれましたね。今は以前と比べても精神的に落ち着いていることはプラス材料だと思います。前走から間隔があまり開いていないので、追い切りは馬ナリでしたが、これで十分。ジョッキーも好感触を持ったようだし、東京の長い直線で粘り込めたことも収穫。今回も前走のようなレースができるようならここでも楽しみです」(寺島調教師)。 ◎500万下の平場(東京・芝1400メートル)は素早く先手を取るとスローペースに持ち込んでの逃げ。後続が伸びあぐねていることもあって、最後まで渋太く粘り、2着のホウオウカトリーヌの追撃をクビ差退けて2勝目を上げる。芝・ダート問わず走るが、距離はこの位までがベスト。マイルに延びてどこまで踏ん張れるかといった感は否定できない。
「前走はテンが速かったことで控える競馬をしたようですね。それでも前に行った中では最先着しましたからね。先々週、先週とやってあるので、今日は馬ナリでしたが、いい動きだったし、ジョッキーも好感触を得たようです。前々日に輸送してスクーリングをする予定だし、状態の良さを生かして頑張って欲しいですね」(中尾調教助手)。 ◎2か月振りのアルテミスS(東京・GIII・芝1600メートル)は好位の後ろ。手応え良く直線に向き、2着のビーチサンバと併せ馬の形で伸びてきたが、徐々に離されてシェーングランツから0.5秒差の4着。馬群に入れて競馬ができたことは収穫。この経験が生かされるようならここでも一概には。
「1週前にある程度やってあるので、今日は単走で馬ナリでしたが、動きは良かったですね。前走は展開を意識して早目に動く競馬をしたようですが、内容は悪くなかったと思います。距離はマイル〜1800メートルまではこなせると思います。今回はメンバーが揃っているし、直線に坂がある阪神。追い出しをギリギリまで我慢してどこまでやれるかでしょうね」(田所調教師)。 ◎2か月振りのファンタジーS(京都・GIII・芝1400メートル)は中団の外。行きっぷり良く追走していたが、スローと見るや、勝負所から動いて行く。そこで脚を使った分、直線では弾けなかったが、大きくバテること無くダノンファンタジーから0.4秒差の4着。マイルは問題ないが、もう少し馬体の成長が欲しいところ。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前に長目からやってあるので、今日は馬ナリでしたが良かったと思います。カリカリした気性で体がギリギリといった感じなので、その点を考慮しつつ調整をしてきましたが、これなら大丈夫です。前走がいい勝ち方をしたように、素晴らしい瞬発力がこの馬の武器。初の当日輸送とマイルをクリアできるようなら楽しみです」(斉藤崇史調教師)。 ◎新馬を勝って臨んだアイビーS(東京・OP・芝1800メートル)は中団馬群の前を手応え良く追走。多少テンションが高かったが折り合いはスムーズ。直線に入って追い出されると最速(32秒5)の末脚で2着のコスモカレンドゥラに2馬身差を付けて快勝。いい決め脚を持っており、馬体がフックラして出走してくるようなら怖い存在なりそうだ。
「前走後は気持ちが高ぶらないようにとの思いから放牧に出してリフレッシュを図りました。いい体付きになって帰厩しましたよ。1週前の動きが良かったし、今日は馬ナリでしたが、騎乗したジョッキーは『思ったより乗り易いし、最後の反応も良かった』と言ってくれましたからね。相手は揃いますが、無事抽選を突破できるようなら楽しみですね」(辻野調教助手)。 ◎デビュー戦(東京・芝1600メートル)は好発を控えて好位グループで折り合う。直線は先行している馬達の外に出して楽に抜け出したが、内にモタれる場面も。それでも2着のカナロアガールに2馬身差を付けて快勝。兄に現OPのタニノフランケル。血統も筋が通っている。後はキャリアと若さがどうなのかがカギになりそう。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。2週前に長目から併せ馬、1週前にも3頭併せでシッカリやってあるので、今日は気持ち重視の調整を。反応が良かったし、最後までシッカリ走れていたのは良かったと思います。前走は一旦前に出ましたが、差されたように勝った馬が強かったですね。それでも初の遠征競馬で結果を出してくれたことは収穫でした。今回は新馬を勝った舞台になるし、持ち前の決め脚を生かせるようなら…と思っています」(友道調教師)。 ◎新馬を勝って臨んだアルテミスSは発馬で出負けをして後方からの競馬。手応え十分に直線に入り、追い出しを待つ程の余裕で一旦は先頭に立ったが、外から来たシェーングランツにゴール前で半馬身交わされて2着。それでもキャリア一戦でこの内容なら悪くない。当該舞台で新馬勝ちをしており、GIのここでも注意は怠れないだろう。
「前走後は放牧を挟み、帰厩後はここを目標に調整してきました。先週3頭併せでやりましたが、動きが良かったし状態はいいと思います。牝馬にしては飼い食いが旺盛なので、手加減せずに調教ができるのがこの馬のいいところです。切れ味というより、先行して渋太く粘るタイプ。好位で流れに乗れるので展開に左右されることはないと思います。パワーも備えているので、坂がある阪神コースでも大丈夫。メンバーは強力ですが楽しみにしています」(友道調教師)。 ◎新馬を勝って臨んだサフラン賞(中山・牝・500万下・芝1600メートル・稍重)はスンナリ先手を取るとスローペースに持ち込んでの逃げ。直線もシブトク粘って2着のコントラチェックの急襲をクビ差凌いで2連勝。最終週&稍重馬場を考えれば1分35秒7は悪くない。控えても問題なく、極端に速い決着にならなければ…。
「前走はイメージしていた通りの競馬で勝ってくれたことは何よりでした。1週前にジョッキー騎乗で確かめて貰いましたが、古馬に先着といい動きをしてくれました。今日も馬なりとはいえ、いい動きでしたからね。ここまでは順調そのものだし、折り合いが付くのでマイルに延びても問題ありません。GIになりますが、力を出し切って悔いのないレースをしてくれれば…と思っています」(猿橋調教助手)。 ◎未勝利を勝って臨んだファンタジーS(京都・芝1400メートル)は中団の後ろから。スローペースだったが、直線は外目に出して最速の末脚(33秒8)でまとめて差し切り勝ち。2着のベルスールに1馬身4分の3差を付けて2連勝。デビュー戦で破れたグランアレグリアとの対戦が楽しみになるような勝利だった。当該距離も未勝利勝ちで問題なし。
「1週前にCWで長目からやってあるので、今日は坂路で単走・馬ナリでしたが、前走時のデキはキープしています。調教は動く馬だし、勝負に行っての根性もありますからね。まだ一戦のキャリアでGI挑戦になりますが、ここでどれだけやれるか楽しみにしています」(友道調教師)。 ◎デビュー戦(京都・牝・芝1600メートル)は仕上がり良好。外枠だったが仕掛け気味に前に行き、逃げたヤマイチエルサの5番手を折り合って追走。4角では前に並び、直線は一旦2着のハナイロコマチに離されたが、盛り返してクビ差交わして勝利。勝ち時計もマズマズといえるが、昇級&GIの今回は様子見が妥当かもしれない。
「前走は控える競馬を教えた効果が出ましたね。速い上りでしたが、いい脚を使って勝ってくれました。テンションが上がり易いタイプなので、その点を考慮して中間はソフトな調整過程です。今日も坂路で馬ナリでしたが、間隔が詰まっているのでこれで十分です。前進気勢が窺えたし、動きも良かったですからね。前走の競馬を見る限り、折り合いに問題はなさそうなのでマイルでも大丈夫。馬体が増えているように成長が窺えるし、相手は強くなりますが、どこまでやれるかを見てみたいですね」(高橋亮調教師)。 ◎秋明菊賞(京都・500万下・芝1400メートル)は10キロ増でも全く太目感ナシ。先行3、4番手に付け、直線は前を行くディープダイバーの外からこれをクビ差捻じ伏せて2勝目をマーク。1ハロンの延長がポイントになりそうだが、相手なりに走りそうなタイプで折り合いにも不安がないのでクリアできるかもしれない。
「前走は早目の競馬をしましたが、ペースが速かったし、周りに気を遣っている感じでした。1週前に3頭併せで前を見つつの形、今日は並んで我慢をさせる追い切りをしましたが、理想的な調教ができたと思います。メンタル面で弱い面はありますが、落ち着きがあることは好材料。中間はハミ受けなど細かい部分の矯正もしてきたので、持てる能力を出し切れるようなら…と思っています」(栗田徹調教師)。 ◎新馬・特別と連勝して臨んだアルテミスSは1番人気に支持される。ダッシュを利かせて先頭に立つが、すぐに控えて3番手。いい感じに見えたが、揉まれる競馬が初めてだったことが影響したのか、追い出してからの反応が今イチ。ズルズルと後退してシェーングランツから0.9秒差の11着と惨敗。気性面に課題があり、多頭数競馬に疑問がありそうだ。
「初戦の勝ち方が良かったのには正直驚きました。姉のデアレガーロと同じように右に張る面はありますが、追い切りの騎乗したジョッキーは『それ程ではありません』と言ってくれましたからね。1度使った後もテンションがあがっていないし、追い切りの動きも良かったので、右回りでもスムーズに走ってくれるようなら…と思っています」(大竹調教師)。 ◎デビュー戦(新潟・牝・芝1600メートル)は小柄な馬(440キロ)で仕上がり良好。発馬直後に寄れて後方からの競馬。直線に入ると一頭だけ脚イロが違った感じで鋭く伸び、2着のチェインドレディーに3馬身差を付けて完勝。姉が現OPのデアレガーロ。馬体をキープできているようなら面白い存在になりそうだが。
「デビュー戦が逃げ切り、2戦目は番手から余力十分に抜け出して勝ったように快勝でした。その後は短期放牧を挟んでここを目標に調整をしてきました。1週前にある程度やってあるので、今日はそれ程やるつもりはありませんでしたが、いい時計が出たように動きましたね。競馬のセンスがいいところがこの馬の長所ですが、距離に関しては正直やってみないと…という気持ちです。相手は強くなりますが、底を見せていない魅力がありますからね。どこまでやれるかを見てみたい一戦です」(南井調教師)。 ◎新馬を勝って臨んだ500万下の平場(京都・芝1200メートル)は逃げたホッコーシェルビーの2番手。直線に入って追い出されると難なく抜け出し、2着のエストに1馬身4分の1差を付けて2連勝。今回は距離延長+GIと条件は厳しく、即上位までは疑問。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。