2018年3月24日(土)

11R

2018年3月24日(土) | 2回阪神1日 | 15:35発走

第65回毎日杯(GIII)

芝・右・外 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「2勝ともに思った以上の強い勝ち方をしてくれました。先週長目からシッカリやってあるので、今日はラスト重点。少しモタ付き加減でしたが、最後は反応してくれたので大丈夫。今までがスローペース、左回りしか経験していないので、初の右回り、速い流れで直線が長いコースに替わってどうなのかを確かめるために、ここを使うことにしました。今後に繋がるレースを期待したいですね」(大竹調教師)。 ◎新馬を勝ち、2か月半振りの出走となった“ゆりかもめ賞(東京・500万・芝2400m・稍重) は仕上がり良好。後方で脚を温存。直線は抜群の手応えで前を行く馬を最速の末脚で交わし、2着のドレークに4馬身差を付けて圧勝。新馬、特別と2連勝を達成。大型馬の割に器用さがある、と騎乗した池添騎手。阪神は初でも侮れない1頭と言えそうだ。
「1週前にCWでやってあるので、今日は坂路で追い切りました。時計が遅いのは馬場が悪かったためで気にしなくても大丈夫。能力のある馬ですが、少し掛かる面がありますからね。実戦で力まずに走ることができれば……ですね」(鈴木孝志調教師)。 ◎6戦目の未勝利(京都・芝2200m)はスタートで煽り、シンガリ近くから。向正面から行きたがるのを抑えずに馬任せで上がって行く。3角では先団に取り付き、4角では先頭に並びかける勢い。直線はシッカリ伸びて、粘るマサハヤニースを1馬身4分の1交わして勝利。ここまで4着以下ナシの堅実タイプ。相手なりに走れそうで、ここも無視までは危険か。
「前走後は放牧を挟んでここを目標に調整してきました。1週前にある程度やってあるので今週は馬ナリでしたが、きちっと仕上がっています。今回は1800mに延びてどんな競馬ができるのか……ですが、楽しみはありますね」(生野調教助手)。 ◎新馬を勝って臨んだ500万下の平場(京都・芝1600m)は出遅れて離れたシンガリ。正味、直線だけの競馬で最速の末脚(33秒8)を使い、ゴボウ抜きを演じて2着のレッドサクヤを1馬身4分の1交わして2連勝。岩田騎手が『凄い瞬発力だった』と言うようにいい決め脚を持っており、ここも有力候補の1頭。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は順調に調整ができているし、1週前の追い切りの動きが素晴らしかったですからね。今週は調整程度ですが、これで十分です。素質のある馬だし、今後のためにもここで賞金加算を……と思っています」(池江調教師)。 ◎500万下の平場(阪神・芝2000m)は中団から。3角では先団から離され気味だったが、4角では先行集団の直後にまで接近。最速の末脚で直線は粘るエタリオウを半馬身交わして2勝目をマーク。これで4戦2勝2、3着各1回と安定した成績。相手なりの堅実さがあり、ここでも軽くは扱えない。
「2週に渡ってジョッキーに乗ってもらって追い切りましたが、いい感触を得たようです。前走が初の遠征競馬で結果を出してくれたし、末脚もなかなかでしたからね。素質はここに入っても通用すると思うので楽しみにしています」(田代調教助手)。 ◎2か月振り+昇級初戦となったフリージア賞(東京・500万・芝2000m)は12キロ減だったが、これは絞れたモノと判断して良さそう。出が一息で後方からの競馬になったが、4角を回る時も手応えは十分で、直線は外目から最速の末脚(33秒7)を使ってマイネルファンロン以下を差し切って新馬・特別と連勝。このメンバー構成なら要注目。
「中2週続きで体の方はできているので、追い切りは強め程度でしたがこれで十分です。今回と同じ舞台の前走が4着とレース内容は悪くなかったですからね。相手は強くなりますが、このメンバーを相手にどこまでやれるかを見てみたいですね」(田所調教師) ◎アルメリア賞(阪神・500万・芝1800m)はいつもより早目の競馬で、逃げたパンコミードの3番手。最内を回るロスのない競馬をしていたが、最後は流れ込むような感じでフランツから0.6秒差の4着。500万に昇級後はこの4着が最高着順。オープン相手では厳しいだろう。
「1週前にビシッと追い切ってあるので、今週はラストを伸ばす追い切り。追い出しての反応が良かったですよ。前走が直線で右にモタれながら差し切ったように能力の高い馬。状態も更に上向いているのでここも楽しみにしています」(友道調教師)。 ◎未勝利を勝って臨んだ“つばき賞(京都・500万・芝1800m) は10キロ増でも太目感はナシ。中団で折り合いに専念し、余力十分に直線は外目に進路。最後はシッカリと伸びて、2着のダークナイトムーンの追撃をクビ差退けて2勝目をマーク。これで4戦2勝2着2回と連対10割。1800mがどうかも、相手なりのタイプ。無視は危険だ。
「前走後は放牧を挟みましたが、前走時と変わりない状態に仕上がっています。前走で芝でもやれることが分かったし、適度に時計を要する馬場も合っているので、ここも楽しみにしています」(木原調教師)。 ◎若駒S(京都・オープン・芝2000m・稍重)は離し逃げを打ったケイティクレバーの3番手を折り合って追走。直線もバテずにジリジリと伸びてケイティクレバーから0.5秒差の3着。2着のマイハートビートにハナ差と健闘。芝でも時計を要するようなら可能性を秘めており、一雨あるようなら好走の余地も。
「1週前にCWで長目から追い切ってあるので、今週は半マイルから馬ナリですがこれで十分。本格化するのはもう少し先になると思いますが、前走はいい脚を使って2着と好走。直線が長い外回りに替わる点はプラスだし、当日落ち着いてレースに臨めるようなら楽しみですね」(高橋義忠調教師)。 ◎若駒S(京都・オープン・芝2000m・稍重)はシンガリからの競馬。勝ったケイティクレバーがスローペースに持ち込んでの逃げを打ったが、直線は最速の末脚を駆使して3馬身差の2着と好走。重賞ではもう一押しといったレース続きだったが、これを機に馬が自信を付けてくるようなら無視はできないかも。
「1週前にもやってあるので、今週は強め程度でしたが順調に調整ができました。今回は外回りの1800mになりますが、むしろ競馬はしやすいと思います。相手は強くなりますが、楽しみはありますね」(五十嵐調教師)。 ◎5か月振りの未勝利(阪神・芝2000m)は10キロ増でも成長分で太目感はナシ。出遅れして後方からの競馬だったが、折り合いは比較的スムーズ。多少若さが見られる場面もあったが、直線はシッカリと伸びて2着のコマノジャスパに半馬身差を付けて勝利。キャリアは僅か2戦だが『気性面の若さはあるが、素質は十分』と武豊騎手。ここも要注目。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。