sportsnavi

2018年11月10日(土)

11R

2018年11月10日(土) | 5回京都3日 | 15:45発走

第53回デイリー杯2歳ステークス(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「1週前に長目からシッカリやってあるので、今週は控え目ですが状態はいいですね。最近は少し行きたがる面が見られるので、今回は距離を詰めてマイルのここに。重賞で相手は揃いますが、距離短縮がいい方に出てくれる様なら…と思っています」(松永幹夫調教師)。 ◎2か月半振りの紫菊賞(京都・500万下・芝2000メートル)は発馬で煽り、気合いを付けて2番手も気負い気味。向正面に入っても折り合いに苦労し、直線は敢えなく失速して、勝ったアドマイヤジャスタから1.7秒差のシンガリ負け。小倉の未勝利(芝1800メートル)をレコード勝ちした様にスピードは豊富。マイル短縮が吉と出る様なら前進可能。
「前走から中1週なので、追い切りはこれで十分。前走は外目の枠で前にカベが作れなかったため、ハイペースを追いかける格好に。結果、バテはしましたが、脚を溜めることができればマイルでも我慢は利くと思います。使いならら馬体が増えていることは何よりだし、ここは改めて見直したいですね」(河内調教師)。 ◎アルテミスSは中団の前。直線で挟まれる不利はあったが、余力もなかった感じ。勝ったシェーングランツから1.5秒差の13着と大敗。距離が長かったと騎乗した荻野極騎手。今回もマイル戦でどこまでやれるかといったところ。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後は長目を入念に乗り込み、1週前には3頭併せでシッカリ負荷をかけました。重い馬場を考えれば上々の動きだったと思います。先週やってあるので、サラッとですがこれで十分。レースセンスがいい馬だし、勝負根性も中々。ここも楽しみにしています」(友道調教師)。 ◎新馬を勝って臨んだ中京2歳Sは2着のエイシンゾーンをマークする様に3番手。4角では一旦下げるが、直線に入るとエイシンゾーンに並びかけ、アッサリ抜け出して3馬身差を付けて完勝。これで新馬、特別2連勝。一息入れて成長が見込まれる今回、ここでどんな競馬を見せてくれるか楽しみな一頭。
「前走後はここを目標に調整してきました。相変らず馬に活気があるし、追い切りの動きも良かったと思います。今回は牡馬混合の重賞になりますが、先々を期待している馬ですからね。ここも好レースを期待しています」(石坂調教師)。 ◎デビュー2戦目の未勝利(阪神・牝・芝1400メートル・重)はダッシュ一息で離れた後方の2番手。3角辺りから徐々に進出を開始し、4角では好位集団の後ろに取り付く。直線で外目に出すと最速の末脚で逃げ粘っているキコクイーンを1馬身4分の1差交わして勝利。良血馬らしい勝ち方で、牡馬相手でも遜色なさそうだ。
「前走後は放牧に出し、帰厩後はここを目標に調整してきました。放牧先でシッカリ乗り込んできたので、すぐに坂路で好時計をマーク。今週の動きも良かったですよ。まだ幼さが抜け切っていない状態で勝った様に能力を秘めている馬。相手は揃いますがどこまでやれるか楽しみにしています」(梅田調教師)。 ◎中京2歳S(OP・芝1600メートル)は発馬で出負けして離れた後方2番手から。3角で前に取り付き、4角では2番手に上がるが、この無理が最後に響いて直線では一杯。勝ったアドマイヤマーズから1秒差の5着(7頭立てで未勝利馬が2頭)。今回も相手が揃っており、上位は疑問。
「前走後は放牧に出してリフレッシュを図りました。帰厩してからは順調に乗り込めたし、1週前の坂路追いはバテたといっても時計がかかる時間帯だったことを考えれば悪くなかったと思います。今週の動きが良かったし、大トビの馬なので広い京都に替わる点はプラス。気性が素直なので距離の延長に対しても融通は利くと思います」(村井調教助手)。 ◎新馬を勝って中1週で臨んだ函館2歳Sは馬体こそ6キロ増と絞れていなかったが、好位で流れに乗れていた。しかし、直線で追い出されると頭が高くなり、伸びを欠いてアスターペガサスから0.6秒差の8着。休み明けは問題なさそうで、距離延長も大丈夫。緩かった馬体が締まってくる様なら一概には…。
「ここまでコンスタントに使ってきているので、追い切りは馬ナリでしたが、疲れも見せず元気一杯です。今回は芝に戻しますが、デビュー戦、2戦目と走っているので問題はありません。今回は重賞で相手は強くなりますが、どこまでやれるかという楽しみはあります」(池添兼雄調教師)。 ◎3戦目の未勝利(京都・ダート1400メートル・稍重)は発馬を決めてハナを切り、平均ペースの逃げに持ち込んで危なげなく逃げ切る。芝はマイル戦を2度使って3、3着と走っており問題ナシ。今回は重賞で力関係がカギになりそうだが、牝馬の割にいい馬格をしており、発馬を決めてスンナリ行ける様なら食い込む余地はありそう。
「デビュー戦の前走は外枠でしたが、追い切りと違って実戦にいくと折り合いが付いていたし、上手に走れていたのは良かったと思います。まだキャリアが1戦なので何ともいえませんが、高い能力を秘めていることは確かだと思います。中間は放牧を挟みましたが、入念に乗り込んできたので休み明けでも力は出せると思います」(猿橋調教助手)。 ◎デビュー戦(新潟・芝1400メートル)は出たなりで中団の外目に付け、折り合いに専念。直線は大外に持ち出し、ラスト2ハロンが11秒台のラップだったが、それをアッサリ差し切って1着。『まだ緩いので更に良くなるし、いい素材であることは間違いナシ。マイルまでならOK』と石橋脩騎手。走破時計は平凡でも、大物感を持っており、ここも要注目。
「北海道から輸送したことで体が減ったため、それを戻しつつの調整をしてきました。それでも入念に乗り込んできたし、1週前に長目から追った動きは良かったと思います。今日の追い切りは単走で強め程度でしたが、これで十分でしょう。今回は距離が延びるので、折り合い面がカギになりますが、うまくクリアできる様ならここでも差はないと見ています」(武幸四郎調教師)。 ◎2か月振りのすずらん賞(札幌・OP・芝1200メートル)は出負けをして中団から。直線は外目に出すとシッカリ伸びて2着のパイロテクニクスに半馬身差を付けて未勝利、特別と2連勝。騎乗した秋山騎手が『1200メートルは合うと思っていた』との談話から、初のマイルがどう出るかがポイントになりそう。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。