IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年11月4日(日)

12R

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | - 発走

第8回JBCレディスクラシック(GI)

ダート・右 1800m | 天気: | 馬場: | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:万円 | レコードが出たレース

「前走後も順調に調整ができているし、今日の追い切りの時計は平凡でも動き自体は良かったですからね。今回は昇級初戦に加えてGI級、相手は強くなりますが、どこまでやれるか楽しみにしています」(飯田雄三調教師)。 ◎平城京S(京都・準OP・ダート1800メートル・稍重)はスッとハナに立ち、平均ペースの逃げ。直線はファッショニスタの追撃をクビ差凌いで勝利。OP入りを果たす。今回は牝馬限定とはいえ、GIで相手が強化。展開の助けも必要だし、どこまでやれるかだろう。
「放牧明けになりますが、栗東に帰厩してからは手加減をせず、ビシッと調整をしてきました。前走は大幅な馬体増でしたが、それでもJpnIIIで4着と走ってくれましたからね。更に体重は増えているかもしれませんが、太目には映らないので問題ありません。良績がある京都に替わる点はプラス材料なので、ここでも楽しみにしています」(猿橋調教助手)。 ◎準OPの特別を勝って臨んだブリーダーズゴールドC(門別・JpnIII・牝・ダート2000メートル・不良)は16キロ増とやや立派。逃げたプリンシアコメータの2、3番手を追走していたが、4角での手応えは今イチ。勝ったラビットランから1.8秒差の4着。OPの壁に当たった感じで、現状はクラス慣れが必要かもしれない。
「前走は少し間隔が開いていたこともあって、馬に気持ちが入ってなかった様です。そのためかレースで走っていなかったので、ダメージは殆どありませんでした。この中間は入念に乗り込んできたので、仕上がりはいいですからね。力通り走ってくれれば、巻き返しは可能だと見ています」(辻野調教助手)。 ◎約2か月振りのレディスプレリュード(大井・JpnII・ダート1800メートル・右回り)は大外枠から中団に付ける。向正面で位置を上げにかかるが、反応は今イチ。騎乗したルメール騎手が『発馬から反応が鈍く、進んで行きませんでした。敗因は分かりません』とのこと。久々で11キロ増。それが敗因かも…。叩いた今回は巻き返しも可能。
「前走のブリーダーズゴールドCを勝った後は、山元トレセンに入り、シッカリ乗り込んでから帰厩しました。28日にCWで長目から併せ馬をして、先週は坂路でビシッと負荷をかけてあるので、今日はこれで十分だと思います。休み明けは苦にしないし、息遣いも中身の方もでき上がっていますからね。良馬場でも楽しみですが、前走の様に脚抜きのいいダートになれば更に良さが出ると思っています」(辻野調教助手)。 ◎ブリーダーズゴールドC(門別・JpnIII・牝・ダート2000メートル・不良)はハイペースで逃げたプリンシアコメータの4番手を追走。4角で早くも並びかけ、直線では楽に交わし、4馬身差を付けて完勝。馬場が味方した感は否めないが、ダートの適性の高さを改めて証明。京都にも勝ち鞍があり、57キロから55キロに替わる点もプラス。ココも要注目の一頭。
「前走後も予定通りの調教メニューを消化できているので、体調面に関しては何の問題もありません。ただ今回も相手が揃っていますからね。大きなことはいえませんが、力の要る大井の馬場より軽い馬場の京都の方がこの馬には向いているのでは…と思っています。この馬の持ち味である切れる脚を生かせる競馬ができる様なら…と思っています」(月岡調教師)。 ◎レディスプレリュード(大井・JpnII・ダート1800メートル・右回り)は後方のまま見せ場なく終わる。近走内容、年齢的にも見送りが妥当だろう。
「転厩初戦の前走は手探り状態でした。中間は減っていた馬体を回復させることを重点に置いた調整をしてきましたが、それでいてJpnIIで6着なら悪くないと思います。心肺機能が高く、スピードも備えた馬。相手は揃いますが、キッチリ調整ができた今回は楽しみにしています」(福永調教師)。 ◎レディスプレリュード(大井・JpnII・ダート1800メートル・右回り)は前半は後方に。徐々にポジションを上げて中団に付ける。直線は最内を突いてジリジリと伸び、プリンシアコメータから0.9秒差の6着。内容としては平凡で、中央のメンバー相手のここでは上位は厳しいだろう。
「前走の府中牝馬Sは休み明けを考えれば、着順はとも角、内容的には悪くなかったと思います。今回は初めてのダート戦になりますが、パワー型でダートの適性は高いと以前から思っていたし、どこかで1度試したいと考えていました。右回りの1800メートルという舞台はこの馬にピッタリだと思うし、ダートのスペシャリストが相手になりますが、どんなレースをしてくれるか、楽しみにしています」(浜田調教師)。 ◎5か月振りの府中牝馬S(芝1800メートル)は発馬を決めてハナに。平均的なラップを刻み、向正面から後続を徐々に引き離す。4角でも後続をかなり引き離していたが、残り1ハロンで捕まり、ディアドラから0.5秒差の6着。今回は初ダートで何ともいえないが、直線が短いツーターンのコースは◎。持ち前の先行力を生かせる様なら一発あっても。
「追い切りはサラッとでしたが、引き続き好調をキープしています。格上挑戦で相手も強力ですが、展開が向いて末脚を生かせる流れになる様なら…と思っています」(山内調教師)。 ◎赤富士賞(東京・準OP・53キロ・ダート2100メートル・稍重)は中団に付けたが、直線に入っても一伸びが利かず、勝ったパルトネルラーフから1.1秒差の8着。京都の相性が今イチな上に、今回は格上挑戦でGI。見送りが賢明か。
「前走は格上挑戦でしたが、スンナリとハナを切れたことでリズムよく運ぶことができました。ああいう形の競馬ができると実に渋太い馬です。その後は放牧を挟んでここを目標に調整してきましたが、前走時と変わらず好調をキープしています。今回はJpnIで相手が強くなるし、課題の右回りに替わりますからね。今回も自分の競馬をしてどこまでやれるかでしょうね」(羽月調教師)。 ◎BSN賞(新潟・OP・ダート1800メートル・51キロ)は好発を決めてハナに。スローペースに落として後続を引き付け、ナムラミラクルの急追をハナ差凌いで逃げ切り勝ち。交流重賞で3着があり、ここでもやれそうだが、展開の助けが必要。単騎で行ければ…だろう。
「休み明けの2走前は札幌への輸送で体が減ったため、それを戻しつつの調整でしたが、2着と好走。前走は当日輸送で馬体が増えていたし、好結果を出してくれました。1週前の動きが凄く良かったし、今日はやり過ぎない様に馬ナリでしたが、ストライドが大きくなっいる点に成長を感じました。今回は京都への輸送がカギになりそうですが、馬体をキープできている様なら昨年(2着)の雪辱を…と思っています」(矢野英一調教師)。 ◎レディスプレリュード(大井・JpnII・ダート1800メートル・右回り)は3番手を追走し、4角では2番手。粘るニシノラピートを交わして先頭に立ったが、外から来たブランシュクールに一旦は交わされたものの、アタマ差差し返して勝利。牝馬同士の一戦ならここでも十分やれる馬。引き続き要注目。
「前走の敗因は大井の馬場が合わなかったことに尽きると思います。それでも大きくバテてはいませんでしたからね。今日は馬の後ろに付けて折り合いと仕掛けてからの反応を確かめましたが、納得のいく追い切りができたと思います。距離の1800メートルは多少長い感はありますが、京都のダートに替わる点はプラス材料だと思うので、もう少しやれてもいいのでは…と思っています」(武井調教師)。 ◎3か月振りのレディスプレリュード(大井・JpnII・ダート1800メートル・右回り)は好位のインに付けていたが、タフな馬場が応えたか、ジリジリと後退してプリンシアコメータから2秒差の9着。軽い京都の馬場なら違った結果も得られるハズ。この1戦で見限るのは危険だろう。
「前走のレディスプレリュードはベストといえる条件で、ほぼ完璧なレースをしてくれました。この馬としては最高のパフォーマンスができたと思うし、能力の高さも証明できたと思います。ただあれだけ走ったことでレース後のダメージが大きく、中間は回復に手間取っている現状。前走からのレース間隔が詰まっているので、調教の進捗状況を見つつの調整ですが、少しでもいい状態で臨める様なら…と思っています」(藤田調教師)。 ◎レディスプレリュード(大井・JpnII・ダート1800メートル・右回り)は逃げたニシノラピートの4番手。直線は絶妙のタイミングで追い出しにかかり、一旦は勝ったプリンシアコメータを交わしたが、ゴール前で差し返されてアタマ差の2着。中央でもやれる感触を掴んだ一戦と見てもよさそうで、軽く扱うことは危険かも。
「休み明けの前2走は結果が出ていませんが、使いつつ状態は上向いています。今回はGIで相手は揃いますが、良績がある京都。立ち回りの上手さを生かしてどこまでやれるかを見てみたいですね」(西園調教助手)。 ◎叩き2戦目の平城京S(京都・準OP・ダート1800メートル・稍重)は中団の前に付けていたが、直線に入っても伸びは平凡でアイアンテーラーから0.5秒差の7着。今回は牝馬限定とはいえ、GI。相手強化は否定できず、見送りが妥当。
「追い切りの動きが凄くよかったし、これで丁度いい体付きになると思います。強い相手は揃っていますが、いつも通り前々の競馬をして、見せ場は作りたいと思っています」(那俄性哲調教師)。 ◎レディスプレリュード(大井・JpnII・ダート1800メートル・右回り)は2番手を追走していたが、4角では手応えが怪しくなり、直線は一杯。プリンシアコメータから1.9秒差の8着。地方の重賞なら可能性はあるが、中央では家賃が高い感。上位までは疑問。
「追い切りの動きが良かった様に、休み明けを1度使った上積みは十分見込めます。この距離も前走で2着と走ってくれたし、相手は強くなりますが牝馬同士の一戦ですからね。どこまでやれるか楽しみにしています」(安田隆行調教師)。 ◎約4か月振りの平城京S(京都・準OP・ダート1800メートル・稍重)は大逃げを打ったアイアンテーラーの4、5番手。4角手前から徐々に進出を開始し、直線も1完歩毎に差を詰め、勝ったアイアンテーラーにクビ差まで迫っての2着。今回は牝馬同士とはいえ、GIで相手が強化。上位争いまでとなると疑問符は付く。
「1週目にジョッキーを乗せてある程度やってあるので、今週はこれで十分。休み明けを2度使って状態は上向いているし、2走前に牡馬相手の重賞で4着と善戦していますからね。今回は好走歴がある京都での牝馬限定戦。条件面はいいので楽しみにしています」(昆調教師)。 ◎約2か月振りのレディスプレリュード(大井・JpnII・ダート1800メートル右回り)は発馬で後手。シンガリからの競馬。3角手前から進出を開始し、中団まで追い上げる。直線は外に出して伸びてきたが、プリンシアコメータから0.8秒差の4着。交流重賞2勝と力を付けており、京都もOK。ここも注目の一頭。
Yahoo! toto

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。