2018年11月4日(日)

11R

2018年11月4日(日) | 5回京都2日 | - 発走

第18回JBCクラシック(GI)

ダート・右 1900m | 天気: | 馬場: | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:万円 | レコードが出たレース

「予定していた平安Sを爪の不安で回避。立て直して臨んだ白山大賞典は流れに乗った競馬ができたし、よく走ってくれたと思います。小回りコースより、広いコース向きなので京都に替わる点はプラスだと思います。元々調教は走らない馬ですが、今週の動きが良かったし、体調は申し分ないですね。今回は一線級相手になりますが、メドの立つ競馬を…と思っています」(田村調教師)。 ◎約6か月半振りの白山大賞典(金沢・JpnIII・ダート2100メートル右回り・稍重)は中団を追走。直線に入ると最速の末脚で伸びてきたが、勝ったグリムのレコード勝利から5馬身差まで詰めるのがやっとの2着。今春のマーチSを勝っており、力を付けていることは確か。京都は初だが、叩いた上積みが見込める今回は軽くは扱えないかも。
「追い切り時計・動き共に満足がいくものでした。状態面に関してはいうことがありません。今回は強敵が揃っていますが、デキは最高と言ってもいいくらいですからね。今の状態でどこまでやれるか楽しみにしています」(新子調教師)。 ◎9月28日の姫山菊花賞(園田・OP・ダート1700メートル右回り・稍重・10頭立て)は先行4番手。勝負所で3番手に上り、直線は早目先頭に立っていたエイシンニシバとマッチレースを演じ、ゴール寸前ハナ差交わして勝利(3着には9馬身)。元中央所属馬だが、GIでは荷が重いことは確か。様子見が妥当だろう。
「今日は理想的な併せ馬を消化することができました。7歳馬でも衰えは全く見られないし、このコースにも実績がありますからね。いいスピードがあるし、ここも自分の競馬ができる様ならヒケを取らないのでは…と思っています」(小久保調教師)。 ◎東京記念(大井・SI・ダート2400メートル右回り・不良)はスンナリ先手を奪い、後はスローペースに落としてマイペースの逃げ。道中も絡まれること無く、逃げ切り勝ち。元は中央所属馬で、地方に転厩して初重賞制覇。今回は中央でのレース、ここで即通用するかとなると疑問は否めないだろう。
「前走はスタートから出して行ったことでハミを噛んでしまい、ペースが速くなってしまいましたからね。それにハンデも応えた様でした。その後は在厩しての調整。1週前にある程度やってあるので、今日は馬ナリでサラッとでしたが、状態は確実にアップしています。スタートして1角まで距離がある京都の1900メートルはあっていると思うし、今回は定量戦。発馬を決めて気分良く行ける様なら…と思っています」(河内調教師)。 ◎4か月半振りのシリウスS(不良)は逃げたコパノチャーリーの2番手。4角でこれを交わし、先頭に立って逃げ込みを図ったが、勝ったオメガパフュームとウエスタールンドに交わされて3着。しかし、後続には5馬身差を付けた。当該舞台で平安Sを勝っており、コース替わりはOK。叩き2戦目&距離短縮で巻き返しを期待したい。
「前走から中1週になるので追い切りは馬ナリでしたが、状態は悪くありません。休み明けを1度使った上積みが見込めますが、今回は相手が揃いますからね。正直、どこまでやれるかでしょうね」(中川調教助手)。 ◎3か月振りのブラジルC(57キロ)は中団を追走していたが、直線は少し窮屈になったとはいえ、伸びは今イチ。久々だったにしても物足りない内容。叩いた上積みを見込んでもどこまでやれるかだろう。
「前走は自分のレースはできたと思いますが、57キロの斤量と緩さが残っていたことを考えれば、決して悲観する内容ではなかったと思います。1週前、今週とジョッキーの騎乗で追い切りましたが、いい感触を得た様子。京都は流れが速くなる傾向があるので、揉まれるとよくないこの馬としては、いかに外目をスムーズに立ち回れるかがカギになりそうです。 ◎白山大賞典(金沢・JpnIII・ダート2100メートル右回り・稍重)は逃げたグリムの2番手を追走していたが、淀みのないペースを追走したためにラストは一杯。レコード決着から2秒差の4着。交流重賞なら可能性はあっても、中央のGIでは荷が重すぎる感は否定できず、ここは様子見が妥当。
「今年もいつもと同じローテーションで臨みますが、1度叩いて状態は上がってきています。8歳になりますが衰えはないし、状態は安定していますからね。京都はこの馬が本格化する前ですから、かなり前に使って以来になりますが、軽いダートで時計が速く、前残りの多い傾向があります。その点がどうかですが、前がやり合って、末脚を生かせる流れになる様なら…と思っています」(高木調教師)。 ◎3か月振りの日本テレビ盃(船橋・JpnII・ダート左回り・1800メートル・稍重)は中団から。勝負所から前との差を詰め始め、直線は内目を突いて伸びてきたが、ケイティブレイブから2馬身+1馬身差の3着。年齢的に大幅な変わり身はどうかも、衰えは感じられず、末脚を生かせる流れになる様なら出番があっても。
「前走は2番手からの競馬でしたが、シッカリ脚を使って勝ってくれました。1度叩いたことでグンと良化してきたし、馬体の張りも良くなってきました。2週に渡ってジョッキーに騎乗して貰いましたが、いい感触を得た様子でした。今回は当日輸送と京都の馬場と砂質がどうかという面はありますが、いい位置で競馬ができる様なら…と思っています」(杉山調教師)。 ◎帝王賞2着以来3か月振りとなった日本テレビ盃(船橋・JpnII・ダート左回り・1800メートル・稍重)はテイエムジンソクの2番手から4角で並びかけて直線では先頭。必死に追い上げてきたアポロケンタッキーに2馬身差を付けて快勝。ここも持ち前の先行力を武器に上位争いを演じることは間違いなく、有力候補の一頭。
「内枠だった前走は隣の馬が暴れたために出遅れ。それを考えると着順はとも角、よく走ってくれたと思います。減った体も回復したし、使った反動がなかったことも幸いでした。この中間は馬の気分を損ねない様に調整ができたし、1週前、今週といい動きをしていますからね。今回は初めての京都になりますが、流れが向く様なら…と思っています」(加藤征弘調教師)。 ◎叩き2戦目のマイルチャンピオンシップ南部杯(盛岡・JpnI・ダート1600メートル左回り)はゲート内でチャカチャカし、立ち上がってしまったことが応えた。レースはいつも通り後方からだったが、最後の伸びは今一つ。勝ったルヴァンスレーヴから1.4秒差の4着。中央の関西圏競馬は初めてでコース云々は微妙だが、能力は十分。展開が嵌れば。
「前走は勝った馬にマークされる厳しい展開でした。休み明けで多少余裕残しだった前走を使ったことで、上向いていることは確かです。1週前にCWで長目からやってありますが、今日も単走でシッカリ。動きは良かったと思います。今は落ち着きがあるし、走り慣れた京都で競馬ができる点もプラス材料。変わり身は期待できると思います」(木原調教師)。 ◎3か月振りの日本テレビ盃(船橋・JpnII・ダート1800メートル左回り・稍重)は注文通りハナを切ったが、やや折り合いを欠くシーンも。加えて早目に来られる厳しい展開になり、直線は力尽きてケイティブレイブから1秒差の4着。京都は相性がいい舞台。ここも前々でリズム良く運べる様なら巻き返しも可能か。
「追い切りで遅れはしましたが、動き自体は良かったので問題ないし、馬は元気一杯ですからね。ここも地方馬の中では最先着を目標にしていまますが、相手は更に強くなりますからね。それでもうまくいけば掲示板位には…の気持ちで挑戦したいですね」(錦見勇調教師)。 ◎東京記念(大井・SI・ダート2400メートル右回り・不良)は逃げ切ったシュテルングランツの2番手に付け、そのまま2番手を粘り切って3馬身差の2着。これで2年連続2着。距離は問わないが、中央では正直なところ上位争いまでとなると…。様子見が妥当だろう。
「前走はゲートを出たし、好位置に付けて最後まで頑張ってくれました。使った後も順調に調整ができているし、今日の追い切りの動きも良かったと思います。先週、今週と2週に渡って坂路で好時計をマーク。近くて当日輸送の京都なら体重面の不安がないし、前々で持ち前の渋太さを生かせる様なら…と思っています」(山内調教師)。 ◎3か月振りの日本テレビ盃(船橋・JpnII・ダート1800メートル左回り・稍重)は逃げたテイエムジンソクの3番手。2番手に付けていたケイティブレイブが4角でテイエムジンソクを交わし、その後を追う様に追いすがるが差は詰まらず、ケイティブレイブから2馬身差の2着。近走は交流重賞主体のローテーだが、中央でもやれる馬。流れ一つでは。
「前走は休み明けでしたが、好位からの競馬でスムーズに流れに乗れていましたが、最後の粘りを欠く結果に。控えても競馬はできますが、ハナを切った方がいいのかも…。1週前に坂路でやりましたが、1度叩いた効果は見られたし、今週は馬ナリでしたが、動きも良かったと思います。京都との相性がいい馬だし、控えても問題ないと思いますが、今回はハナを主張して自分の競馬をするつもりでいます」(村山調教師)。 ◎約3か月半振りのマイルCS南部杯(盛岡・JpnI・ダート1600メートル左回り)は先行集団の一角。4角で手応えが怪しくなったが、最後まで渋太く粘ってルヴァンスレーヴの1.5秒差5着。かしわ記念でゴールドドリームの2着があり、力は通用。京都との相性も良く、軽視は危険かも。
「前走後は短期放牧を挟んでここを目標に調整してきました。帰厩後は順調に乗り込めています。前走は馬込みの中の競馬で結果を出してくれたし、今まで鞍上が教えてきたことを学んで、着実に成長しています。今日は全体時計がマズマズ速かったし、かといってやり過ぎてテンションが上がらない様な調整を描いていましたが、理想的な追い切りができたと思います。今回は定量戦で相手は強くなりますが、どんな条件でもクリアしてきていますからね。全能力を出し切ってくれれば、ここでも対応できるのでは…と思っています」(安田翔伍調教師)。 ◎2か月半振りのシリウスS(53キロ・不良)は出負けをして中団の後ろ。3角過ぎから動き始め、4角では好位に取り付く。そこからシッカリ脚を使って内から来たウェスタールンドの急襲をクビ差抑えて勝利。3歳でハンデに恵まれたとはいえ、古馬相手の重賞を制した力は侮れない。ここも要注目の一頭。
「休み明けの前走は久々というより、距離に戸惑っていた感じでしたね。中間は速い時計こそ出ていませんが、順調に乗り込んできたので問題ありません。今日は併せ馬でビシッと追い切りましたが、時計・動き共に良かったと思います。1度叩いた上積みが見込めるし、相手は強くなりますが、実績がある京都、距離延長はプラス材料。うまく脚を溜めることができれば、ここでも…と思っています」(増井調教助手)。 ◎グリーンチャンネルC(東京・OP・ダート1400メートル)は発馬でトモを落とす様な感じ。二の脚を利かせて好位に取り付くが、勝負所の反応は今イチ。直線は伸びを欠いてサンライズノヴァから2.3秒差の14着。初の短距離が影響したのかどうかは疑問だが、京都替わり&距離延長はプラス。相手が強いことは確かだが、見せ場位なら…。
「今回は長期休養明けになりますが、早目に帰厩して入念に乗り込んできましたからね。今は脚元の不安も全くありません。1週前の追い切りが良かったし、今日の動きも上々。申し分のない仕上がりで臨めると思います。何分休養期間が長いので、後はレースにいって実戦への勘がどう出るかでしょうね」(音無調教師)。 ◎昨年のコリアC(ソウル・GI・ダート1800メートル左回り)でロンドンタウンの2着以来、約1年2か月振りの一戦。力は認めても、休み明けでいきなり強豪相手のGI。即好勝負になるかどうか…、今回は様子見が賢明かも。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。