IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年10月21日(日)

11R

2018年10月21日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第79回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:12000、4800、3000、1800、1200万円 | レコードが出たレース

「前走は他馬が速くて先手を奪えませんでしたからね。その後は放牧に出してリフレッシュ。帰厩後はここ1本に絞って調整をしてきました。3週に渡って長目から追い切ってあるので、今日は最後にお釣りを残すため馬ナリでしたが、いい動きでした。ハナが理想の馬だけに、この距離なら先手を取れる可能性はあると思いますが、途中からでもハナに行く気持ちで臨むつもりでいます」(五十嵐調教師)。 ◎3か月振りの札幌記念(稍重)は6キロ減でも好仕上がり。マルターズアポジーが速かった上に、大外枠もあってハナを切れず2番手から。3角ではマイスタイルやネオリアリズムなどに来られてジリジリと後退。結局サングレーザーから3秒4差のシンガリ負け。ハナを切ってこその馬だが、今回は距離&展開などに注文が付き、上位までは疑問符。
「前走は骨折明けでしたが、トリッキーなコースにも対応してくれたし、メンバー最速の末脚で3着といい脚を使ってくれました。1週前に長目から追った動きが素晴らしかったですが、今日は全体時計云々ではなく最後の3ハロンをシッカリやる追い切りをしました。今は硬さがなくて本当にい状態だし、一度使ったことで前進気勢も出てきました。思惑通りの良化が窺えます。距離が延びる点は問題ないし、外回りも長くいい脚を使えるこの馬にはいいと思います。暮れの大目標(有馬記念)に向けていい結果を期待したいですね」(野中調教師)。 ◎4か月振りのセントライト記念は8キロ増でも太目ナシ。発馬が今イチで後方からの競馬になったが、直線は馬群を割って鋭く伸びてジェネラーレウーノから0.4秒差の3着。不本意な敗戦の共同通信杯とダービー以外は全て最速の上りをマーク。叩き2戦目の上積みが見込める今回は怖い存在になるかもしれない。
「前走は出負けをしたため、直線は大外に持ち出すことになりましたが、エンジンが掛かってからは鞭を入れずに強い勝ち方をしてくれました。その後はいつも通り放牧に出しましたが、向こうでも緩めること無く乗っていましたからね。4日、11日とWコースで長目からシッカリ追うことができたし、今日は馬ナリとはいえ、仕掛けてからの反応が素晴らしかったと思います。池添騎手が『トモの緩さが解消してきた』と言ってくれたし、この中間もゲート練習を入念に積んできましたからね。距離の3000メートルも落ち着きがある今なら大丈夫だと思うし、春当時より成長もしていますからね。何とかGIを…という期待を持って臨みます」(大竹調教師)。 ◎3か月振りの新潟記念(54キロ)は出が一息。無理をせず後方からの競馬。直線は大外に持ち出すと最速の末脚でゴボウ抜き。2着のメートルダールに1馬身4分の3差を付けて快勝。相手に恵まれた感は否めないが、力が違った勝ち方。距離は問題なく、関西圏への輸送も経験済み。ここも上位争いの一角に。
「前走は2番手に控えて抜け出し、快勝。強い競馬だったと思います。その後は短期放牧を挟んで10月3日に帰厩。1週前の11日にシッカリやって13日に栗東へ入厩しました。入厩当初はイラつき気味でしたが、今はスッカリ落ち着きを取り戻しています。今日の追い切りの動きも良かったですからね。無理に引っ張って、引っ張り殺す様な競馬はさせたくないので、ハナに行くつもりでいます。スタミナがあるので距離は持つと思うし、能力を出し切ってくれれば…と思っています」(矢野調教師)。 ◎4か月振りのセントライト記念は8キロ増でも問題のない仕上がり。タニノフランケルが大逃げを打ったが、離れた2番手に控える。勝負所からスパートをして、直線も脚イロが鈍ることなく、2着のレイエンダに1馬身4分の1差を付けて快勝。京都は初だが、右回りなら問題ないハズ。自分のリズムで走れば展開も不問。ココも要注目の一頭。
「前走は発馬直後に躓いてしまったことが応えましたね。後ろからの競馬になりましたが、最後までしっかり走れた点は良かったと思うし、収穫はあったと思います。1週前にある程度やってあるので、今日はラスト重点でしたが、体全体を使って走れていましたからね。追い切りに騎乗した岡田騎手(レースは戸崎騎手)は『前走より上向いています』と言っていましたから。メンタル面が強いので、ペース云々に戸惑うことはない点は何より。ある程度前に付けて運ぶ形がベストなので、ゲートを決めて流れに乗った競馬ができればチャンスはあると思っています」(田代調教助手)。 ◎4か月振りの神戸新聞杯は発馬で躓き、後方からの競馬。控えても折り合いは付いていたが、直線の伸びは今イチ。ワグネリアンから0.5秒差の4着。やはり前で競馬をしてこそ持ち味が出る馬。本番の3000メートルなら前で競馬はできるハズ。距離延長は問題なさそうで、この経験を本場に生かせる様なら巻き返しは可能だろう。
「1週前にジョッキーに乗ってもらい、併せ馬で長目からやりましたが、動きは良かったですね。今日はいつもと同じ様に半マイルからラスト重点の追い切りを。余計なエネルギーを使わずに本番に持っていきたいので。レース間隔もそれ程開いていないのでこれで十分でしょう。気難しい面があるので、様子を見ながら調教のメニューを考えて調整してきたので、コントロールし易くなってきたことは確かです。肉体的にもボリュームが出てきましたからね。距離は未知ですが、ハナに拘る馬ではないし、当日落ち着いて臨める様ならクリアできるのでは…と思っています」(高橋義忠調教師)。 ◎3か月振りの神戸新聞杯は14キロ増でも太目感はナシ。注文通りハナを切り、スローペースに落としての逃げ。勝負所から後続を引き離しにかかり、逃げ切りを図るが、残り100メートルでワグネリアンに交わされ、ゴール寸前でエタリオウにアタマ差交わされて3着。距離は未知だが、マイペースのレースができれば残り目があっても不思議ではないだろう。
「前走後も順調に乗り込めているし、1週前にマカヒキと併せてシッカリ追い切りました。遅れはしましたが、この馬なりに動いているし、2か月振りでも太目感は全くありません。今日も併せ馬で追い切りましたが、動きは良かったですね。春当時よりトモに力が付いて走りのバランスが良くなり、馬がシッカリしてきたことは何よりです。血統面やレース振りなどから距離はこなせると思うので、楽しみを持ってレースに臨みます」(友道調教師)。 ◎3か月半振りの阿賀野川特別(新潟・1000万下・芝2200メートル)は8キロ増も好仕上がり。5番手の内をスムーズに折り合って追走。直線は外目に持ち出し、先に抜けていたダブルフラットを一気に差し切って勝利。毎日杯、京都新聞杯ともに6着と重賞ではもう一押しが欲しい感じ。上位争いまでとなると厳しいだろう。
「1週前に3頭併せでシッカリ追い切りました。騎乗したジョッキーもいい感触を掴んでくれた様でした。今週はラスト重点でしたが、動きは良かったと思います。春先はゲートが安定せず、自分の形に持ち込めないケースが多かったけど、近走はゲートが安定して自分の競馬ができる様になってきましたからね。この中間はゲート練習もしてきたし、例え出負けしてもこの距離なら挽回できると思います。スタミナがあるので簡単にはバテないし、相手なりに走れる面を生かせる様なら…と思っています」(金折調教助手)。 ◎能勢特別(阪神・1000万下・芝2000メートル)は好発を決めたが、アグネスフォルテがハナを主張したため、控えて2番手から。4角手前から前に並んで行き、残り1ハロンで先頭に立つとそのまま後続を振り切って2着のアドマイヤアゼリに2馬身半差を付けて勝利。重賞でもソコソコきてはいるが、もうワンパンチ欲しいことは確か。上位までは疑問符。
「前走は直線で内にモタれましたが、許容範囲内なので問題ありません。追い出してから長くいい脚を使ってくれましたからね。先週もシッカリ負荷をかけてありますが、今日も長目から併せ馬で一杯にやって、最後まで集中して走れていたことは何よりでした。遅れたのは騎乗者の体重差なので心配ありません。馬体がフックラしていい仕上がりで臨めそうだし、ジョッキーは『距離は延びれば延びるほどいい』と言ってくれましたから。夏を越して一回り成長し、より長距離向きの体形になってきましたからね。今回も前走と同様ブリンカーとメンコを着用して臨むつもりなので、最後まで集中力を切らさずに走ってくれれば」(友道調教師)。 ◎4か月振りの神戸新聞杯は14キロ増でも太くはなく、成長分と判断。五分の発馬を控えて離れたシンガリから。直線は残り1ハロンからエンジン全開。鋭く伸びて粘るメイショウテッコンをゴール寸前アタマ差交わしワグネリアンから半馬身差の2着。ダービー4着は伊達ではないことを証明。血統から距離延長は問題なく、展開一つで可能性も。
「前走は楽に前に行けたし、抜け出す時の脚も速かったですね。気性が素直でトモがシッカリしてきたし、筋肉も付いて予想以上に早く馬体が成長してきました。今日の追い切りのフットワークが素晴らしかったし、最後の伸びも言うことがありませんでしたからね。折り合いが付くので距離は心配ないし、GIで相手は揃いますが、この馬のリズムで走れる様なら…と思っています」(西園調教師)。 ◎2か月振りの兵庫特別(阪神・1000万下・芝2400メートル・53キロ)は±0と好仕上がり。逃げたメイショウホウトウの離れた2番手を追走。直線に入っても持ったままの手応えで、残り1ハロンでアッサリ抜け出し、2着のアロマドゥルセに4馬身差の圧勝。『距離はもっと伸びても大丈夫』と松若騎手。相手は強化されるが軽くは扱えないかも。
「前走は休み明けの分、伸び切れませんでした。輸送をすると体重が減るので、早目に栗東に入厩。一時は飼い食いが細くなりましたが、今は問題ありません。一度叩いたことで先週の動きが良かったし、体調は確実に上向いています。今日の併せ馬の動きも良かったし、騎乗したジョッキーの感触も悪くありませんでしたからね。距離は問題ないので、前々でリズム良く運んでどこまで粘れるか…ですね」(国枝調教師)。 ◎4か月振りのセントライト記念は6キロ増と好仕上がり。好位の後ろを追走していたが、手応えの割に直線の伸びは案外。いかにも久々の影響が出たといった印象。叩き2戦目の上積み&距離もOKの今回はもっとやれてもいいだろう。
「前走は負けはしましたが、中身の濃いレースだったと思います。厳しいレースをしただけに、レース後は疲れが出て馬体が大幅に減ってしまいました。その後は放牧に出して立て直しを図ることに。トライアルをパスして直行することにしました。帰厩後は順調に乗り込んできたので、1週前、今週と2週に渡っていい動きをしてくれました。まだ3戦のキャリアで、挑戦者という立場ですが、それでもやれていい能力を持った馬だと思っています。輸送や距離などの課題はあると思いますが、それら全てを克服して欲しいですね」(手塚調教師)。 ◎新馬、特別を連勝して2か月半振りとなったラジオNIKKI賞は10キロ減だったが、細いというより仕上がったという感じ。出が一息で後方から運ぶが、勝負所でゴチャ付いて外に膨れ気味。動き辛くなって最後方まで後退するが、直線は大外に持ち出すと最速の末脚で盛り返し、メイショウテッコンの半馬身差2着。キャリアは浅いが素質は◎。要注目。
「前走は最初のコーナーまで掛かってしまいましたからね。力を出し切っての結果ではないと思っています。使った後の回復が早く、ここまでは順調に調整ができています。1週前にジョッキー騎乗でシッカリ併せ馬を消化してあるので、今日は単走で馬ナリでしたが、動きは良かったと思います。長丁場はあっていると思うので、流れが落ち着いた時にうまく対処できるかどうか、その点をうまくクリアできる様なら…と思っています」(松田国英調教師)。 ◎4か月振りの神戸新聞杯は2キロ増。離れた4番手を追走していたが、直線はこれといった脚も使えず終い。流れ込んだだけといった平凡な内容でワグネリアンから0.9秒差の6着。夏を越しての成長度という点でやや物足りなさが見られ、ココも上位までは厳しいだろう。
「前走はダッシュが今一つでしたが、すぐ好位に取り付く早目の競馬をして、最後は突き放すという強い勝ち方をしてくれました。その後は放牧を挟み、ここを目標に調整してきました。先週もある程度やってありますが、今週もシッカリ攻めました。状態は凄くいいと思います。元々、心臓が強く、体幹もシッカリした馬ですが、ここにきて更に良くなった感じがありますね。スタミナが豊富で、気性も素直。折り合いに不安がないので距離は問題ないと思います。相手は強くなりますが、ここでも楽しみにしています」(田村調教師)。 ◎2か月振りの信濃川特別(新潟・1000万下・芝2000メートル)は逃げたキークラッカーの2番手。直線中程で前を交わして先頭に立つと、2着のメルヴィンカズマに3馬身差を付けて完勝。これで4戦3勝とまだ底を見せていない魅力を持った馬。今回は昇級初戦+重賞(GI)になるが、軽く扱うことは危険かもしれない。
「華奢な馬で、直前輸送はしたくなかったため、早目に栗東入りさせたことは良かったですね。入厩当初減っていた馬体は戻ったし、落ち着きがあるのもプラスだと思います。1週前にある程度負荷をかけありますが、今日も長目から時計を出して、いい動きだったと思います。折り合いに不安はないので、距離はこなせると思います。相手は揃いますが、どこまでやれるか楽しみにしています」(国枝調教師)。 ◎4か月振りのセントライト記念は2キロ減と太目は全くナシ。出が一息で離れたシンガリから。直線だけの競馬でジェネラーレウーノから0.7秒差の5着まで追い上げたが、馬体の成長という点では物足りなさが残る。距離は問題ないとしても、上位争いまでとなると厳しいかもしれない。
「前走は道中、ハミを噛んだ分伸び切れませんでしたね。以前は競馬に行くとテンションが上がっていましたが、最近はそんな面が徐々に解消してきました。1週前にCWで長目からシッカリやってあるので、今日は坂路で強め程度でしたが、動きは良かったし、いい状態で臨めると思います。体重が増えている点もプラス材料だし、距離云々はとも角として、いかに気分良く走らせることができるかという点がポイントになると思います」(宮内調教助手)。 ◎4か月振りの神戸新聞杯は2キロ増と仕上がり良好。離れた3番手を追走していたが、直線に入ってからはジリジリと案外の伸び。ワグネリアンから0.8秒差の5着。馬体の成長が今一つといった感は否めず、ここも上位争いまでとなると疑問符が付きそう。
「前走後も変わりなくきています。1週前にCWで長目から追い切ってあるので、今日はラスト重点でしたが、動きは良かったと思います。血統的にこの距離は長いかもしれませんが、掛かる面はなさそうだし、3歳馬同士の一戦ならごまかしも利くのでは…。何とか対応してくれないものかと思っています」(池江調教師)。 ◎2か月振りのレインボーS(中山・準OP・芝2000メートル・稍重)は4キロ増と仕上がり良好。後方でジックリ脚を溜め、勝負所から徐々に進出を開始。4角では好位に取り付き、直線も良く伸びたが、逃げたドレッドノータスに3馬身差の2着が精一杯。重賞は京都新聞杯3着があるものの、一線級相手の経験はナシ。上位争いまでとなると疑問符が付く。
「前走後は暑さを考え、無理をせずに一息入れました。ここまで休み休みのローテーションですが、それでも一戦毎に成長をしています。1週前に長目をシッカリ追い切って負荷をかけてあるので、今日はジョッキーの騎乗で併せ馬。ラスト重点でしたが、動きは良かったと思います。京都はきさらぎ賞2着、京都新聞杯4着と結果を出していますからね。操縦性が高い馬なので手替わりは問題ないし、距離に対しても対応できると見ています」(尾関調教師)。 ◎3か月振りの佐渡S(新潟・準OP・芝2000メートル・54キロ)は2キロ減と仕上がり良好。離れた4番手を追走し、直線に入ると内目を突いて前との差を詰め始め、残り400メートル地点で一気に先頭。そのまま押し切って2着のベアインマインドに0.2秒差を付けて勝利。きさらぎ賞2着、京都新聞杯4着と重賞実績もあるが、母系から距離はやや微妙。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。