sportsnavi

2018年10月14日(日)

11R

2018年10月14日(日) | 4回京都5日 | 15:40発走

第23回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

「前走は2走前のレースを振り返って、ジョッキーと相談の上で好位に控える競馬をすることにしました。見事、期待に応えるレースをしてくれましたね。前走で馬体が減っていましたが、飼い食いが悪いワケではないので、中間は手加減することなく調整ができました。1週前に負荷をかけてあるので、今日はラスト重点でしたが、いい伸びをしていたし、状態はいいですね。ゲートセンスがいいし、内回りの2000メートルという舞台も合うと思います。GIのここでも楽しみにしています」(高野調教師)。 ◎ローズSは12キロ減と少し寂しく映った。好位のインに付け、手応え良く4角を回る。直線は内を突いて良く伸び、カンタービレから0.3秒差の3着と善戦。力のあるところを見せたが、馬体回復が何よりの課題。当日フックラした馬体で出走してくる様なら再度の好走があっても。
「ローズSを使った後は楽をさせて疲労&馬体回復に専念してから調整を開始しました。1週前に併せ馬をしてCWでシッカリ負荷をかけることができましたからね。今日も併せ馬で馬ナリでしたが、テンションが上がることなく、ムキにならずに落ち着いて走れていたことは何よりだったと思います。春当時より体付きが大人っぽくなってきたし、脚質的に内回りの2000メートルという舞台も合っていると思います。スムーズに運べる様なら、強豪馬を相手に差のない戦いができるのでは…と思っています」(辻野調教助手)。 ◎4か月振りのローズSは4キロ減だったが、細い感じはナシ。最初は4番手に付けていたが、3角では早々と逃げているゴージャスランチの2番手に上り、直線入り口では先頭。そのまま後続を振り切って2着のサラキアに1馬身4分の1差を付けて快勝。先行差しの脚質から京都の内回りは全く問題ナシ。積極的な競馬で金星を狙う。
「前走は休み明けで使って良くなるだろう、といった感じでしたからね。1週前にCWで後ろから追いかける形の併せ馬をシッカリやりましたが、動きが良かったですからね。1度使った上積みが見込める内容でした。今週は馬ナリでしたが、これは予定通り。前走で馬体が増えていた様に、成長が窺えるし、いい脚を長く使える馬で距離延長はプラスに出ると思います。相手は強くなりますが、叩いた上積みと距離の延長でもう一押しを期待したいですね」(高橋亮調教師)。 ◎5か月振りのローズSは18キロ増でも太目感はナシ。ゲートは五分に出たが、控えて後方。多少行きたがる面を見せていたことで最後の伸びを欠いたが、これは久々の影響か…。1度使ってガス抜きができた今回はもう少しやれても良さそうだが、距離が更に1ハロン延びる点はプラスといえないかも。
「前走はスタートで出していきましたが、ムキになることなくリラックスして走れていたことは収穫でした。幸いダメージはなく、馬体もフックラしているので、1週間にシッカリ負荷をかけることができました。今日は坂路で馬ナリでしたが、時計も速くていい動きでした。ハナを切らなくても2番手からの競馬で結果を出していますからね。控えても問題はないと思います。内回りの2000メートルも合うと思うし、マイペースで運んで持ち前の渋太さを生かせる様なら…と思っています」(辻野調教助手)。 ◎3か月半振りの紫苑Sは2キロ増と好仕上がり。発馬を決めてハナを主張し、スローペースに落としての逃げを打つ。4角を回った辺りでも手応え十分で、そのまま押し切るかに見えたが、あっという間にノームコアに交わされ、マウレアにも半馬身交わされて0.6秒差の3着。今回と似た形態の舞台だったことと、叩き2戦目を考えると、展開&ペース次第では…。
「前走は今までで一番スタートが良かったし、折り合いも付いていましたね。馬体もキープできているし、1週前の動きも良かったと思います。今日は時計に関係なく、馬の気分を重視する追い切りをしましたが、ラストの伸びが良かったし、いい動きだったと思います。スタートでトモが付いてこないところがあるので、内回りがどうかですが、そこさえクリアしてくれればチャンスはあると思っています」(池添学調教師)。 ◎ローズSは4キロ増と馬体が増えていたことは何より。相変らずゲートの出は今イチだったが、中団の後ろに付け、直線で外に持ち出す。最後は鋭く伸びてカンタービレから1馬身4分の1の2着と好走。OPでも十分やれることを証明。今回は京都の内回りがどう出るかだが、ある程度の位置に付けられる様なら出番はありそうだ。
「前走は内枠で少し動き辛いところはありましたが、最後は脚を使ってくれたし、悪い内容ではありませんでした。1週前に併せ馬で追走して先着といい動きをしてくれたし、今日の併せ馬も先着した様に良かったと思います。1度叩いたことで上積みが見込めるし、春当時よりパワーアップもしています。GIで相手は強くなりますが、相手なりに走る特徴を生かして頑張って欲しいですね」(牧調教師)。 ◎3か月半振りの紫苑Sは4キロ増と仕上がりは上々。発馬を五分に出て中団の後ろから。4角の手応えは今イチだったが、直線は最内を突いてソコソコの脚で伸びて、結局は勝ったノームコアから0.6秒差の4着。フローラS2着時の様にある程度の位置で競馬ができれば内回りの2000メートルでも問題はなさそうだ。
「放牧先で右トモの球節が腫れたため、帰厩する時期が遅れてトライアルを回避。本番に直行することになりましたが、大事に至ることなく、帰厩後は順調に調整ができています。2週前に坂路、先週はCWでシッカリ追い切ってあるので、今日は乗った時の感触で、ということでラスト重点でしたが、動きは良かったし、手応えに余裕もありました。春当時より馬体が成長してボリュームアップ。気性が勝っているので久々も問題ないと思います。ゲートセンスがいいので、前で競馬ができる上にレース運びが上手な馬ですからね。内回りの2000メートルも合っていると思います」(松永幹夫調教師)。 ◎オークスは大逃げを打ったサヤカチャンの5番手。向正面で4番手に上り、勝ったアーモンドアイと同時に仕掛けて上がって行くが、最後は伸び負けた格好で2着のリリーノーブルも捉えることができず0.6秒差の3着。距離は問題なかったとはいえ、内回り&2ハロン短縮はむしろプラス。ローズS回避の影響がなければ上位争いになるだろう。
「前走はフケの症状が出ていた様で、敗因はハッキリしていますから。全く競馬をしていなかったので、ダメージはありませんでした。前走からレース間隔が詰まっているので、今日は馬ナリでしたが、動きは良かったし、ジョッキーも好感触を得た様でした。ジックリ脚を溜めれば末は切れる馬。前半をリラックスして走ることができれば…と思っています」(加藤征弘調教師)。 ◎4か月振りのローズSは±0と好仕上がり。好位を追走し、4角では3番手まで進出したが、直線に入るとバッタリ。『何かあったのか…、ちょっと分かりません』と柴田善臣騎手。敗因が不明だが、能力はこんなものではない馬。立て直した効果が見られる様なら巻き返しも。
「前走から中1週なので今日は馬ナリでしたが、ラストの伸びは良かったですね。元々期待していた馬だし、前走で体重が増えていた様に、ここにきて飼い葉食いが良くなってきたことも好材料だと思います。GIで相手は強くなりますが、前走の競馬内容が良かったし、あの競馬ができるなら内回りの2000メートルでも問題なさそうです」(岡調教助手)。 ◎約4か月振りの500万下の平場(阪神・芝1800メートル)は22キロ増とやや余裕のある造り。中団のインを進み、4角ではガラッと開いた内を突き、直線で追い出されると鋭く反応して2着のプルンクザールに2馬身半差を付けて快勝。叩いた上積みは見込めそうだが、今回はGIで相手は一気に強化。どこまでやれるかだろう。
「1週前にCWでやってありますが、今日もジョッキーの騎乗で追い切りました。動きは先週より良かったし、仕掛けからの反応も良かったと思います。前走が22キロ増でしたが、それは成長したモノで、多少減っても問題ありません。2000メートルは勝っているので、1ハロンの延長は大丈夫。ストライドが大きいので内回りがどうかですが、立ち回り一つでは…と思っています」(猿橋調教助手)。 ◎4か月振りのローズSは22キロ増でも成長分。逃げたゴージャスランチの3番手に付けたが、残り1ハロンで甘くなってジリジリと後退。カンタービレから1.2秒差の9着。久々が影響したといったところかも。叩いた上積みは見込めても、更に相手は強化。上位争いまでは厳しそう。
「夏場はいつも通りリフレッシュ放牧に出し、9月12日に帰厩。トライアルを使わず本番に直行するのは予定通りです。1週前にある程度負荷をかけてありますが、今日は走りやすい馬場だったし、能力も高い馬なので速い時計が出ましたが、動きも素晴らしかったですね。夏を越して心身共に成長。馬体重は10キロ以上増えているかもしれませんが、それは筋肉が付いたものです。休み明けでも能力を出せる馬だし、同世代の牝馬の中では一番強いと思っているので、ここも楽しみにしています」(国枝調教師)。 ◎オークスは楽な手応えで好位に付け、いつもより早目の競馬だったが、スムーズに折り合って追走。4角では前を射程内に入れ、直線は大外に持ち出すと最速の末脚で2着のリリーノーブルを難なく捉え、2馬身差を付けて完勝。距離・コースどれを取っても不安な材料は見当たらず、鉄砲もOK。ここも不動の中心馬。
「前走は2着馬を7馬身離しての快勝だったし、時計も速かったですからね。追い切りの感じは良かったし、京都は初めてになりますが、内回りの2000メートルという舞台はこの馬に合っていると思います。後は気分を損ねず走らせることができれば…と思っています」(岡調教助手)。 ◎汐留特別(中山・500万下・牝・芝2000メートル)はスタートを決めてハナに。後続を引き離して平均ペースに持ち込んでの逃げ。勝負所でサラに差を広げ、直線に向いても脚イロは全く衰えず。2着のラレッサングルに7馬身差を付けて圧勝。一桁違う強い勝ち方だったが、自己条件ならまだしも今回はGI。いきなり上位争いになる程甘くはないかも。
「前走後は放牧に出しましたが、帰厩後は順調に調整ができています。1週前に川田騎手の騎乗で一杯に追い切ってあるので、今日は馬ナリでしたが、ジョッキーは凄くいい感触を得ている様でした。多少テンションの高い面があって、コントロールに難はありますが、それでも毎回最後まで止めずにシッカリ走ってくれますからね。距離の延長は問題ないし、後は輸送で馬体をキープできている様ならいいですね」(猿橋調教助手)。 ◎2連勝して臨んだ藻岩山特別(札幌・1000万下・芝1800メートル・52キロ)はスンナリ先手を奪うとマイペースの逃げ。平均ペースで淀みのない流れを作り、後続馬に影を踏ますこと無く、2着のファストアプローチに3馬身半差を付けて完勝。これで未勝利から3連勝。今夏の上り馬といえる存在で、控えても競馬ができる馬。初の重賞&GIでも軽視は禁物か。
「1週前に坂路で併せ馬。1度叩かれて飼い葉食いが良くなり、体調はアップしています。今回で関西への輸送が2度目になりますが、前走も体が増えていた様に落ち着きがあるので大丈夫。今日の追い切りの動きも良かったし、距離が延びる点もプラス材料だと思います。一線級相手になりますが、楽しみはありますね」(鹿戸調教師)。 ◎4か月振りのローズSはハナを主張してスローペースに落として逃げたが、勝ったカンタービレに早目に来られる苦しい展開。4角入り口で交わされてからもバタッとは止まらず、粘り腰を発揮して0.3秒差の4着に踏ん張る。勝ち切るまではどうかも、今回は京都の内回り。展開&流れ一つでは残り目があっても…。
「1週前の追い切りに騎乗した大野騎手が『前走時より反応が良くなっている』と言ってくれたし、この中間も順調に調整ができましたから。1週前にシッカリやってあるので、今日は馬ナリでサラッとでしたが、馬体が絞れてきています。距離は微妙ですが、立ち回り一つではこなせると思うので、うまく脚を溜めることができれば…」(田中清隆調教師)。 ◎5か月振りの紫苑S(中山・OP・芝2000メートル)は26キロ増でも数字ほど太くはなかった。先行集団に付け、4角では3番手にまで上がったが、残り1ハロンでやや一杯。それでもノームコアから1秒差の5着に踏ん張る。久々を考慮すれば健闘の部類。叩いた上積みが見込める今回、GIでも見せ場位は作れても良さそうだ。
「前走後は放牧に出し、9月の中旬に帰厩。1週前の追い切りの動きは良かったし、春より体のバランスが良くなり、体幹がシッカリしてパワーアップしています。前走の様にゲートをスムーズに出て流れに乗った競馬ができればいいと思います。2000メートルは初めてになりますが、内回りなら流れも速くなりそうだし、うまく対応してくれるのでは…と思っています」(木村調教師)。 ◎3か月振りの関屋記念は10キロ増でも太くはなかった。中団の後ろに付けていたが、多少行きたがる面も。それでもすぐに折り合っていた。4角では早目に仕掛けて直線中程で逃げていたエイシンティンクルを交わし、ワントゥワンの急追をクビ差凌いで勝利。初の古馬相手&重賞を制覇。距離は問題なさそうだが、道中の折り合いがカギといえる一戦か。
「先週ある程度やってあるので、今日はラスト重点でしたが、動きは良かったですよ。今回はGIで相手が強くなりますが、前走で控える競馬ができたことは収穫だと思います。それを今回に生かして頑張って欲しいですね」(田所調教師)。 ◎夕月特別(阪神・1000万下・牝・芝1800メートル・稍重)は10キロ減とやや細く映ったが…。好発してメサルティム(1着)の2番手に控える。スローペースとはいえ、控えるレースでも大きく崩れず、5着に踏ん張った点は収穫。とはいえ、今回はGI。楽なレースは望むべくもない。
「久々の前走が500万とはいえ、牡馬を相手に強い勝ち方をしてくれました。騎乗したジョッキー(M・デムーロ騎手)も驚いていましたからね。1週前、今週と2週に渡って追い切りの動きが良かったし、先行力があるので内回りの2000メートルは合うと思います。GIで相手は揃いますが楽しみはありますね」(須貝調教師)。 ◎北海道遠征から帰厩後初戦の500万下の平場(阪神・芝2000メートル・稍重)は逃げたリーザファビュラスの2番手。4角入口で前を交わして先頭に立つと、あとは後続を突き放して2着のエクレアスパークルに5馬身差の圧勝。とはいえ、今回はGI。1000万クラスなら即通用可能だが、ここでイキナリとなると疑問符が付くだろう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。