sportsnavi

2018年1月14日(日)

11R

2018年1月14日(日) | 1回京都5日 | 15:45発走

第65回日経新春杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

「前走は8か月振りのレースということで直前の動きがもう一つでした。それでも2着に来たのは力がある証でしょう。1度使って体は仕上がっているので、今日はオーバーワークにならない程度。今回は格上挑戦+牡馬相手の重賞になりますが、状態は数段良くなっているので、ハンデ差を生かせれば……と思っています」(斎藤崇史調教師)。 ◎8か月振りのオリオンS(準オープン・54キロ・芝2400m)は8キロ増でも仕上がり良好。3番手のインを折り合って追走し、直線も内目を突いてよく伸びてレジェンドセラーのハナ差2着。2400mは堅実で、年齢の割にキャリアが浅く衰えは見られず。ただ、今回は格上挑戦。ハンデ差を生かしてどこまでやれるかだろう。
「3日に長めからやってあるので、今日はそれ程やる予定はないから馬ナリでしたが、重い馬場を楽に上がってきました。まだ完成途上とはいえ、少しずつ良くなってきています。スピードの持続力があって、タフで簡単にバテないところがこの馬のいいところ。2000mを中心に使っていますが、もう一押しといった感じがあるので、距離の延長がいい方に出るのでは……と思っています」(昆調教師)。 ◎中日新聞杯(56キロ)は注文通りハナを切る。スローペースに落として逃げ切るかに思えたが、メートルダール(1着)とミッキーロケット(2着)の末脚に屈して、0.3秒差の3着。今回は初距離になる点がどうかだが、マイペースの競馬ができるようなら残り目があっても。
「前走は阪神の内回りということで、この馬には少し忙しかったかもしれません。しかも開幕週で時計も速かったですからね。今日の追い切り時計はともかく、動きは凄く良かったと思います。間隔を詰めて使えることもこの馬としては好材料。今回の方が条件面はいいし、今年はミッキーロケットと斤量が逆転しますからね。楽しみです」(手塚調教師)。 ◎2か月振りのチャレンジCは行く気はなく後方から。直線は大外に持ち出してよく伸びてはきたが、サトノクロニクルから0.1秒差の4着(5着には4馬身)。距離はもっとあった方がいいタイプ。昨年のこのレースが56.5キロでミッキーロケットの0.3秒差3着。今年もハンデ一つでは上位食い込みがありそう。
「状態は変わりなくきています。例によって枠順や展開などの注文が付く馬ですが、年齢的な衰えは見られないし、それらがうまく噛み合うようならやれてもいいのでは……と思っています」(加藤敬二調教師)。 ◎アルゼンチン共和国杯(57キロ)は外枠のため、内に潜り込むことができず。結局は後方で見せ場も作れないまま、スワーヴリチャードの1.3秒差12着。明けて10歳、近走内容から狙える材料は見当たらず。
「追い切りの動きは凄く良かったですよ。明けて8歳になりますが、馬は元気一杯です。今回は図抜けた存在は見当たらないし、52キロのハンデを生かせれば差がないのでは……と思っています」(尾関調教師)。 ◎アルゼンチン共和国杯(53キロ)は後方のまま、これといった見せ場もなく終わる。京都は経験済みだが、オープン入り後はオープン特別で2着が1回、4着が1回あるだけ。ハンデ戦とはいえ、重賞では苦戦か。
「追い切りは相変わらず動きませんが、状態・仕上がりともに悪くありません。ただ、年齢的に大幅な上積みとなると……。52キロのハンデを生かしてどこまでやれるかでしょうね」(音無調教師)。 ◎カシオペアS(不良)は後方から差を詰めたのみの平凡な内容で、アメリカズカップの1.7秒差9着。一連の成績、明けて8歳という年齢から大幅な変わり身は望み薄。
「追い切りは馬ナリでしたが、前走から中2週ということでそれ程やる必要はありませんからね。これで十分です。ここにきて精神面の成長が窺えるし、レースで堅実に走るようになっています。今回は昇級初戦+重賞になりますが、ハンデ戦を考えれば楽しみはありますね」(田代調教助手)。 ◎グレイトフルS(準オープン・56キロ)は離れた好位集団。好枠(1枠1番)を利してロスなく立ち回る。直線は馬場のいい中程に持ち出し、粘るカラビナを捉え、差してきたステイパーシストの追撃を振り切って勝利。今回は昇級初戦+重賞になるが、5歳でキャリアは僅か11戦と少なく底割れをしていない。ハンデ次第では食い込む余地も。
「年末、左前肢に傷腫れがありましたが、5日の動きが良かったので問題ありません。今日の追い切りは併せた相手が動く馬だし、時計的には動いているので、遅れは気になりません。状態に関しては心配ありません。このレースは昨年勝っているし、今後に向けて賞金加算をしておきたいですね」(音無調教師)。 ◎左回り2走目の中日新聞杯(57.5キロ)は好位の外目。やはり外に張る面があるため『外にカベが欲しかった』(和田騎手)とのことだったが、右ステッキをビシビシ入れて最後はロードヴァンドールを交わし、メートルダールの0.2秒差2着。昨年のこのレースを55キロでシャケトラ以下に快勝。ハンデがカギだが相性の良い京都で連覇を狙う。
「追い切りで好タイムをマークしたように状態は本当にいいですね。今回は1000万を勝ったばかりで格上相手、しかも重賞ですからね。ハンデ差があるといってもどこまでやれるかでしょう」(松元調教師)。 ◎久し振りの芝(江坂特別・1000万下・芝2400m)は大逃げを打ったコスモボアソルテの離れた2番手で自らがハナを切る形。そこから更に3番手を引き離し、直線入り口で前を捉え、後続に付けていた距離を生かして危なげなく押し切る。今回は格上挑戦で相手が相手。ハンデ差を見込んでも即通用とはいかないだろう。
「以前は掛かる面がありましたが、精神面の成長で長めの距離だった前走でもよく走ってくれました。今日の追い切りは早めに抜け出すとフワッとするので、併せた相手に外から抜け競る形の追い切り。2週に渡っていい動きをしてくれたし、体調は言うことナシ。ハンデの54キロは想定内、京都も実績があるので楽しみです」(戸田調教師)。 ◎格上挑戦のアルゼンチン共和国杯(53キロ)は好位を追走。流れに乗った競馬ができたことと53キロのハンデも味方し、渋太く脚を使ってスワーヴリチャードの0.4秒差2着と好走。京都には良績がありOK。相手なりに走る特徴を生かせば、ここでも差はないだろう。
「追い切りの動きは良かったですね。最近は以前ほど気難しい面はなくなってきたとはいっても、前走でも少し走るのを止めてしまう面が見られました。ある程度ペースが流れて、最後まで集中して走れるようならいいですね」(池江調教師)。 ◎福島記念(57キロ)は後方から折り合い重視の競馬。直線はそれなりに伸びているが、スローペースで前が止まらず、ウインブライトの0.4秒差9着。一昨年のこのレース(56キロ)でレーヴミストラルの5着はあるが、脚質的に成績にムラがあり、アテにはできないタイプで上位争いまでとなると……。
「前走はいい位置で競馬はできたが、勝った相手が強すぎましたね。今日の追い切りは全体時計こそ速くはありませんでしたが、ラスト1ハロンがいい伸びでした。今回は格上挑戦+重賞になりますが、ここにきて一皮剥けた感があるし、状態もいいのでハンデ戦なら出番があっても……と思っています」(藤岡調教師)。 ◎グレイトフルS(準オープン・55キロ)は意識的に早目の競馬で、逃げたバイオンディップスの3番手。直線で前を交わし、先頭に立ったところを外からきたパフォーマプロミスに交わされたが、それでも必死に抵抗して4分の3馬身差2着に踏ん張る。格上挑戦になるがハンデ差を生かせばソコソコやれても。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。