IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年1月8日(月)

11R

2018年1月8日(月) | 1回京都3日 | 15:45発走

第52回日刊スポーツ賞シンザン記念(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

「先週もやってありますが、今日の追い切りも末脚をシッカリ伸ばして走れていましたからね。良かったと思います。兄のミッキーアイル(2014年優勝)はピッチ走法でしたが、この馬はストライドの大きな走り。タイプは違いますが今のデキなら勝負になっていいと思います。今回は牡馬相手の重賞になりますが、キャリアは豊富。ここでも楽しみです」(音無調教師)。 ◎4戦目の未勝利(京都・芝1600m)はスッと先団に付ける。4角で先頭に並びかけ、直線半ばでは先頭に。ネプチュナイトの追撃を半馬身凌いで初勝利。大崩れはしないタイプだが、今回はさすがに相手が揃った感。
「前走を使った反動はなく、ここまでは順調そのものです。その前走は休み明けということもあって最後はフラフラしていましたが、内容自体は悪くなかったと思います。輸送も距離も経験したし、大型馬の叩き2戦目。追い切りの動き・時計ともに良かったので楽しみにしています」(藤沢和雄調教師)。 ◎3か月振りの朝日杯FSは4キロ増も好仕上がり。逃げたケイティクレバーの2番手をマイペースの追走。直線入り口で勝ったダノンプレミアムにアッサリ交わされたが、そこから渋太く脚を使って2番手に上がったが、最後は力尽きて0.7秒差の6着。今回がマイル2戦目。距離&ペースに慣れた今回はもう少しやれるハズ。
「距離を延ばした前走が期待通りの走りをしてくれましたね。間隔は開きましたが、追い切りの動きが良かったし、仕上がりはいいですよ。久々は苦にしないし、右回りも問題ありません。今回は牡馬混合の重賞になりますがヒケは取らないと見ています」(国枝調教師)。 ◎デビュー2戦目の未勝利(東京・牝・芝1600m)は出負けしたが中団の後ろに付ける。直線は持ったままで先団に取り付き、残り1ハロンで抜け出すと余力十分に2着のコスモフェリークに3馬身半差を付けて完勝。強い!の一言。今回は久々+昇級初戦+重賞と条件は厳しいが鉄砲は立証済み。ここでも軽くは扱えないかもしれない。
「追い切りの動きは良かったですね。操縦性が高くて乗りやすい馬です。乗った印象ではマイルは持ちそうな感じがあるので、この相手にどこまでやれるかという楽しみはありますね」(松山騎手)。 ◎デビュー戦(阪神・芝1200m)は仕掛けて先行策。道中はインをロスなく立ち回り、残り100mからシッカリ伸びてマキナガラージュを4分の3馬身交わして勝利。勝ち時計などは平凡で、昇級初戦+重賞、マイルを考えると上位は?
「暮れにもやってあるし、今日は馬ナリでしたが動きは良かったと思います。この馬は切れるというタイプではないので、ある程度前目で流れに乗った競馬ができるといいですね」(宮調教師)。 ◎叩き2戦目の“こうやまき賞 (中京・500万・芝1600m)はスッとハナに立ちスローペースに持ち込む。直線もよく粘っていたが、最後は上位2頭に伸び負けた格好でカフジバンガードの0.5秒差3着。今回は昇級初戦+重賞。上位までは厳しいだろう。
「2戦目でキッチリ変わってくれましたね。追い切りの動きは悪くなかったし、今回は昇級初戦+重賞挑戦になりますが、どこまでやれるかを見てみたいですね」(中尾調教師)。 ◎デビュー2戦目の未勝利(阪神・芝1600m)は先行集団の一角。4角を回り、先頭に並びかけると難なく後続を突き放して2着のキューピッドアローに2馬身半差を付けて快勝。一叩きでガラッと変わり身を見せた一戦。勝ち時計もマズマズで素質はありそう。
「今日はビッシリ追い切りましたが、動き・反応ともに良かったと思います。前走は手応えの割に伸びませんでしたが、1度使ったことで反応は良くなってくると思います。後ろから来る馬を抜かせない根性があるし、競馬も上手。いきなり重賞挑戦になりますが、今後に向けていい競馬を……と思っています」(藤岡調教師)。 ◎デビュー戦(中山・芝1600m)は楽な手応えで3番手を追走。540キロと大柄な割には素軽さがあり、まだ良化の余地を大分残している。キャリアの浅さを出さなければ見せ場は作れそうな存在。
「追い切りの動きは良かったですよ。1度使った上積みが見込めるし、距離の延長にも対応できると思います。相手は揃いますがどこまでやれるか楽しみはありますよ」(松永幹夫調教師)。 ◎デビュー2戦目の未勝利(中京・芝1400m)は出負けして行きたがる面を見せる。前にカベを作り、脚をタメることができたことで最後は最速の末脚でトウカイオルデン以下に2馬身半差を付けて快勝。小柄な馬で大幅な上積みはどうかだが、いい決め脚を持っていることは確か。
「前走はスローペースでも折り合いが付いていたし、上りの速い競馬にも対応できた点は収穫でしたね。コンスタントに使ってきていますが、飼い葉食いは落ちていないし、状態はキープできています。レースが上手で気性も素直。ペース・馬場状態も問わない馬。現時点で特に課題はないので楽しみにしています」(金折調教助手)。 ◎“こうやまき賞 (中京・500万・芝1600m)は3番手を追走。勝負所からジワッと上がって行き、直線は外目に。上りの勝負になり抜け出すのに手間取ったが、最後はグローリーヴェイズの追撃をアタマ差凌いで2勝目を挙げた(3着には3馬身差)。切れるというより長くいい脚を使うタイプ。極端に時計が速くならないようなら出番はありそう。
「3頭併せで追い切りましたが、動きは良かったと思います。前走はGIで揉まれる競馬になりましたが、能力はあるのでスムーズなレースができればもう少しやれても……と思っています」(清水久詞調教師)。 ◎中1週で臨んだ朝日杯FSは後方のまま見せ場らしい見せ場も作れず、ダノンプレミアムの2.4秒差の15着。さすがに相手が強かったが、GIIIならもう少しやれても。
「今日は前半をユックリ入ったので全体時計は平凡でしたが、ラスト1ハロンが11秒台なら上々でしょう。前走は強敵相手のGIで7着でしたが、あの内容ならマイルは大丈夫。GIIIなら楽しみはありますよ」(清水久詞調教師)。 ◎休み明けを1度叩いて臨んだ朝日杯FS(GI)は10キロ増も太目感ナシ。先団に付けて運べたが、最後は切れ負けした格好でダノンプレミアムの0.8秒差7着。マイルは若干長い感はあるが、距離2走目で前進は見込めるかも。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。