2018年3月17日(土)

11R

2018年3月17日(土) | 2回中京3日 | 15:25発走

第32回中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII)

芝・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

「前走は道中の位置取りの差があの着順に出てしまいましたね。ゲートの出が悪かったことも影響したと思います。1週前に栗東に入厩しての調整ですが、今日の追い切りは予定より速くなりましたが、動き自体は良かったし、これだけやれたことはむしろ良かったと思います。あとはゲートを決めて流れに乗った競馬ができれば」(平塚調教助手)。 ◎クロッカスS(東京・オープン・芝1400m・稍重)は出が一息でも急がせずに中団から。直線は前に入られて仕掛けが遅れたが、最速の末脚でリョーノテソーロから0.2秒差の3着と善戦。当該距離は2戦2勝3着1回と安定して走っており、流れ一つで出番はありそうだ。
「まだ体がシッカリしていない状態で前走が強い勝ち方。それだけ素質が高いということでしょうね。今週は無理をしないで好時計をマークしたように、状態は凄くいいと思います。2勝がともに小倉。今回は距離延長と直線の坂がどう出るか……その点がカギになりそうです」(生野調教助手)。 ◎萌黄賞(小倉・500万・芝1200m)はダッシュを利かせてハナに。前半3ハロンを32秒9というハイペースも何のその。そのまま後続を振り切って2着のトゥラヴェスーラに1馬身半差を付けて快勝。2勝がともに小倉の1200m。小回り平坦向きであること、1400mは3戦して全て1分23秒台と時計に限界?それを考えると上位争いは疑問符も……。
「初芝の前走が折り合いを欠いた割には大きく負けていませんでしたからね。芝の適性はあると思います。この中間も順調に調整ができているので、折り合って運べるようなら……と思っています」(鈴木伸尋調教師)。 ◎昇級初戦となった500万下の平場(東京・芝1400m)は先団に付けるが4角を回る辺りから手応えが怪しくなり、直線は一杯。イサチルルンルンから0.6秒差の10着。今回は重賞で相手が強化。見送りが賢明。
「前走後は放牧に出して、帰厩後はここを目標に調整をしてきました。今はソエも治まったし、ここまでは順調そのものです。毛ヅヤ・馬体の張りもいいですからね。距離が1400mになる点はプラスに出ると思うし、このレースの結果如何では、今後の進路に対するいい目安になるのでは……と思っています」(奥村武調教師)。 ◎3か月振りのジュニアC(中山・オープン・芝1600m)は12キロ増でも太目感はなく、全てが成長分。3番手の外目を手応え良く追走し、4角では早々と先頭に取り付く。直線で仕掛けられると、一気に弾けて2着のパルマリアに0.2秒差を付け、力が違うといった勝ち方。初距離になるが、新潟2歳S3着、サウジアラビアRC4着から好勝負は可能。
「前走は相手に恵まれたとはいえ、いい勝ち方でした。いい状態をキープできているし、この舞台も合っていると見ています。少し行きたがる面はありますが、前走のような競馬ができれば楽しみですね」(中野調教師)。 ◎黄梅賞(中山・500万・芝1200m)は五分のスタートを切ったが出しては行かず、後方待機策。直線でもシンガリに位置していたが、大外から最速の末脚でゴボウ抜きを演じ、2着のラストプリマドンナを半馬身差し切って勝利。1400mは1戦して7着だが、いい瞬発力があり、展開がハマるようなら。
「前走から中1週になるので追い切りは軽めですが、これで十分です。1度使った上積みが見込めるし、距離短縮も問題ありません。今回は重賞で相手は揃いますが、どこまでやれるかという楽しみはありますね」(北出調教師)。 ◎未勝利を勝ち、3か月振りのレースとなったアルメリア賞(阪神・500万・芝1800m)は、4キロ減と仕上がりはマズマズ。先団から離れた中団を追走していたが、追い出してからの伸びはイマイチ。フランツから1.1秒差の7着。久々が応えたかのような反応だった。叩いた上積みと中京勝ちがある点は好材料だが、初距離に対応できるかがカギ。
「休み明けになりますが、入念に乗り込んできたし、先々週、先週と坂路で好時計をマークしたように仕上がりは上々です。中間は飼い葉食いも旺盛で、今日の追い切りの動きも良かったですからね。1ハロンの距離短縮はプラスに出るハズだし、好レースを期待しています」(生野調教助手)。 ◎朝日杯FSは先行したが、4角での手応えはイマイチ。直線は伸びを欠いてダノンプレミアムから1.5秒差の10着と敗退。マイルは長かったことは確かで、左回りの京王杯2歳S3着の成績から距離短縮の今回は軽くは扱えないかも。
「前走後は放牧に出してリフレッシュ。今日の追い切りは予定通りだったし、動きも良かったですからね。気のいいタイプなので距離の1400mは問題ありません。あとはこの馬のリズムで走れるようなら……ですね」(片山調教助手)。 ◎朝日杯FSは好位のイン。直線も伸びずバテずといった感じで、ダノンプレミアムから1.1秒差の8着。新潟2歳Sを勝っている実績がある馬。今回は初距離になるが、左回りは中京での新馬勝ちを含め2戦2勝。鉄砲は問題なさそうで、初の1400mでも無視は危険だろう。
「仕上がり具合がいいとのことで、当初の予定を早めてここを使うことにしました。追う毎に気合が乗ってきたし、やる気も出てきましたからね。今日の追い切りの動きが素馬らしかったし、あとはレースでハミを噛まずにスムーズなレースができれば……ですね」(安田隆行調教師)。 ◎2か月振りとなった朝日杯FSは8キロ増でも太目感なし。スタートでトモを落としたため、後方からの競馬になり、流れに乗れなかったが、最後は良く伸びてダノンプレミアムから0.7秒差の5着。当該距離は3戦2勝2着1回と得意にしており、新潟で2着があるように左回りもOK。ポン駆けは利きそうなタイプ、ここも警戒は怠れない。
「ここまでダートで結果を出してきましたが、軽い走りをするので芝を使うことにしました。追い切りの動きが良かったように状態はいいですからね。ここで結果が出るようなら今後の選択肢が広がりますからね。能力は足りると思うし、左回りのこの距離も合うと思うので頑張って欲しいですね」(田代調教助手)。 ◎500万下の平場(東京・ダート1400m・不良)は3番手を手応え十分に追走。4角で前に並びかけ、直線は楽に前を交わし、2着のユニオンローズ以下を引き離して2勝目をマーク。ここまでダートばかりを使ってきているので、芝適性がカギになるが、能力はかなり高そう。
「前走は内から出し抜けを食らっての負けでしたが、折り合いが付いて道中はいい感じでした。この距離は合っていると思うし、左回りの方が走りはスムーズ。重賞のここでも差のないレースができると思っています」(菊沢調教師)。 ◎2か月振りのクロッカスS(東京・オープン・芝1400m・稍重)は好位のイン。多少力みは見られたが、我慢をさせての追走。直線に入り、満を持して仕掛けたが、勝ったリョーノテソーロにゴール寸前でクビ差交わされての2着。勝ち馬の決め手に屈したが、安定した取り口は評価できる。距離2走目の今回は侮れない存在になりそうだ。
「今週を含め、3週に渡ってCWで長目からシッカリ追い切ったのでいい仕上がり状態で臨めそうです。周りを気にする面があるので、今回はブリンカーを装着。最後まで走りに集中できるようなら……と思っています」(清水久詞調教師)。 ◎クロッカスS(東京・オープン・芝1400m・稍重)は出が一息で後方から。直線に入っても伸び脚はイマイチでリョーノテソーロから0.8秒差の8着。距離は言うことないが、オープンではもうワンパンチが欲しい感。
「前走は少し行きたがりましたが、勝った馬から0.2秒差の4着なら悪くなかったと思います。今日の追い切りは予定より時計が速くなりましたが、状態はいいので大丈夫です。休み明けを1度使ったことでガス抜きはできたと思うし、1ハロンの延長も問題ないと思うので楽しみはありますよ」(西村調教師)。 ◎2か月半振りのマーガレットSは好仕上がり。多少行きたがる面を見せたが、それが後半に祟ったか、直線の伸びはイマイチ。アンフィトリテから0.2秒差の4着。1400mは初距離になるが、1度使ってガス抜きができたことで折り合いは付くハズ。豊富なキャリアを生かせれば食い込む余地も。
「前走後はここを目標に在厩しての調整。ダートは使うところが限られてしまうので、芝のここを試してみることにしました。芝は走ってみないことには分かりませんが、能力はここでも通用すると思うので、どんなレースをしてくれるのか楽しみにしています」(金成調教師)。 ◎2か月振りのヒヤシンスS(ダート1600m)は中団の前。外々を回るロスがあったが、最後はジワジワと伸びてスマハマから0.9秒差の5着。兄がエスポワールシチーという血統馬だが、今回は初芝。その点がカギになりそうだ。
「ここまで坂路で好時計を連発しているので、今日はやり過ぎないようにラスト重点。左回りの1400mは実績があるので、重賞のここでも楽しみにしています」(西村調教師)。 ◎叩き2戦目のクリスマスローズS(中山・オープン・芝1200m)は18キロ減と馬体が絞れる。中団の外を追走し、直線で先に抜け出していたラストプリマドンナを残り1ハロンで交わし、そのまま押し切って勝利。当該距離は中京の新馬勝ち、新潟のダリア賞勝ちがあり問題ナシ。休み明けで体が極端に増えていなければ好走は可能。
「前走は2着と好走してくれたし、力のあるところを見せてくれました。中1週なので、追い切りは馬ナリでサラッとですが、いい雰囲気を維持しています。この舞台は1度経験(なずな賞で5着)しているし、この馬向きの展開になるようなら……」(鈴木孝志調教師)。 ◎500万下の平場(阪神・芝1400m)は後方から。勝ったピースユニヴァースの前に位置し、直線は伸び負けたが1馬身半差の2着と好走。時計はマズマズだが、今回は重賞で相手は強化。デキの良さを生かしてどこまでやれるかだろう。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。