sportsnavi

2018年12月23日(日)

11R

2018年12月23日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第63回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 | レコードが出たレース

「1週前に前に馬を置いて一杯に追ってありますが、今日も先週と同様、前に馬を置き、追いかけさせて、最後に促して併入という追い切りをしました。動きが良かったし、本当にいい状態でレースを迎えられると思います。今回は今までとはレベルが違う馬が相手になるし、時計面でも開きがありますからね。それでも平地での慣れが見込めるし、上積みも見込めるのでアッと驚く結果が出ないとは限らないと思います。ここまで我々の想像を超える力を発揮してくれた馬だし、可能性がないワケではありませんからね。たくさんのファンの方に応援していただき、注目を集めている馬。期待に沿える様な結果が出れば…と思っています」(和田正一郎調教師)。 ◎南武特別(東京・1000万下・芝2400メートル)はグリントオブライトの2、3番手をスムーズに折り合って追走。直線は最内を突いてよく伸び、ブラックプラチナムの追撃を半馬身凌いで平地2連勝。障害で無敵を誇るとはいえ、今回はGIで錚々たるメンバーが相手。瞬発力・スピードなど傑出したモノは見当たらず、見送りが妥当だろう。
「帰国後は大山ヒルズで帰国検疫経て、11月中旬に栗東に戻ってきました。1週前にジョッキー騎乗で追い切りましたが、鞍上との呼吸もピタッとあっていました。今日もジョッキーに乗って貰い、ビシッと追う様にとの指示でしたが、鞍上が跨った時の判断で馬ナリ。それでも動きは良かったし、鞍上もいい感触を得た様です。切れるタイプではないけど、長くいい脚を使う馬。この舞台は脚質的にも合っていると思うし、馬場も問いません。渋れば更にプラスに出ると思います。この時季は走る馬だし、力を出し切ればここでもチャンスはあると思っています」(宮本調教師)。 ◎凱旋門賞(パリ・ロンシャン競馬場・芝右回り2400メートル)は勝ったエネイブルと併走した格好でレースをしていたが、直線で失速して17着と大敗。今回が帰国して初のレース。コース・距離は問題ないが、中間の気配・動きなどがポイントになりそうだ。状態さえ良ければ先行して簡単にバテない二枚腰は大きな脅威になるかもしれない。
「前走は4角で包まれ気味になったため、動くタイミングが遅れました。それでも上位2頭から離された3着を考えれば完敗でしたね。その後は有馬記念を目標に順調に調整ができています。1週前に坂路で52秒台。全体時計も悪くありませんでしたが、ラスト1ハロンの伸びが良かったですからね。熱発明けの前走と違って、今回は予定通りのローテーションで調整ができたし、今日の追い切りの動きも良かったです。コース・距離は問題ないし、今回は牡馬相手になりますが、この馬のレースができれば差がないのでは…と思っています」(鮫島調教師)。 ◎約3か月振りのエリザベス女王杯は6キロ増でも好仕上がり。押して出して行き、好位からの競馬。直線もこの馬なりに伸びたが、スローペースで逃げたクロコスミアを捉えられず、リスグラシューから0.5秒差の3着。コース・距離・牡馬相手は全く関係なく、牝馬ながら叩いて変わるタイプを考えればこのメンバー相手でも侮れない存在になりそう。
「天皇賞の後の疲れがなかなか抜け切らなかったので、無理をせずジャパンCを回避。有馬記念に目標を切り替えて調整をしてきました。1週前にジョッキーに乗って貰って、坂路で追った動きが良かったし、一追い毎に状態は上向いています。今日の動きも良かったですからね。今回は初めての距離になりますが、精神的に落ち着いているし、年齢と共にズブさが出てきているので、今ならこの位の距離の方が競馬をし易いかもしれません。ジャパンCを回避した影響は全くないので、この馬らしい走りを期待したいですね」(友道調教師)。 ◎天皇賞(秋)は発馬直後に寄れて、スワーヴリチャードに接触。そのため位置取りが後ろになってしまう。直線も思ったほど弾けず、レイデオロから0.9秒差の7着。12キロ減でも細い感じはなかったが…。中山は相性がいいコース。2000メートル前後がベストで、2500メートルは気持ち長いが、流れ一つで上位食い込みもありそうだ。
「前走後は短期放牧に出して、帰厩後はここを目標に帰厩しました。1週前にCWでシッカリ負荷をかけてあるので、今日は単走でラストを伸ばす程度でしたが、いい動きだったと思います。前走が思った以上にいい走りを見せてくれたし、ここまでユッタリしたローテーションで使ってきている分、馬に余力がありますからね。今回はGIで相手は強くなりますが、中山は問題ないし、どこまでやれるかという楽しみはありますね」(田代調教助手)。 ◎京都大賞典を感冒のために取り消した後の一戦となったアルゼンチン共和国杯(56キロ)は中団をスムーズに折り合って追走。直線に入って仕掛けられるとシッカリと反応して抜け出し、2着のムイトオブリガードに4分の3馬身差を付けて勝利。GIは宝塚記念9着1回のみだが、年齢の割にキャリアが少なく若さがある。中山もOKで無視まではどうか。
「ジャパンCは時計が速かったですが、思いの外ダメージが残らなかったですね。ここまでは順調に調整ができています。1週前のCWでの併せ馬の動きが悪くなかったし、今日の動きも良かったと思います。3歳の時に勝ったレースですが、ピークだった当時のデキには戻り切っていません。それでも操縦性が高く、自在性もある馬なので、東京の2400メートルより中山の2500メートルの方がレースがし易いと思います。それにクセがないので乗り替わりも問題ありません。今回が引退レースになるので、何とか花道を飾らせてあげたいと思っています」(池江調教師)。 ◎ジャパンCは後方からの競馬。直線は一瞬伸びかかったが、坂上から伸びを欠いてアーモンドアイのレコート勝利から1.3秒差の6着。京都大賞典を勝ち、復活かと思われたが、この負けは気になるところ。まだ完全復調には至ってなかったのかも。今回が引退レースになるが、ガラリ一変までとなると疑問は否めない。
「前走はこの馬にとって時計が速過ぎましたね。その後は順調に調整ができているし、1週前追い切りは馬場が悪かった中、シッカリ動けていたので状態は悪くありません。ここまで順調に使ってきているので、今日はラスト重点でしたが動き自体はマズマズ。馬は元気一杯ですからね。このレースは2015年に2着がある様にコース相性は悪くありませんからね。ここもロスのない立ち回りができる様なら…と思っています」(藤岡調教師)。 ◎ジャパンCは後方から。直線に入ってもこれといった伸びは見られず、アーモンドアイのレコード勝利から4.6秒差のシンガリ負け。年齢的なモノがあるにしても負け過ぎの感は否定できず、ここも見送りが妥当だろう。
「前走後は一旦放牧に出して11月29日に帰厩しました。菊花賞のダメージが殆どなかったので、1週前にジョッキーに乗って貰ってシッカリ追い切りました。今日の併せ馬は劣勢でしたが、相手が調教で走る馬なので気にしていません。いつも以上に負荷をかけられたし、重心が低くなって走れていたことは何よりだと思います。前走の菊花賞がスローペースだった上に、勝負所でペースが上がった時に外々を回らされるロス。この馬も止まっていませんでしたが、最後は決め手のある馬にやられてしまいました。今回は古馬の一線級が相手になりますが、2キロの斤量差があるし、中山にも対応できると思うので楽しみにしています」(大竹調教師)。 ◎菊花賞は仕上がり良好。ゲートを五分に出て中団に付ける。勝負所から徐々に進出を開始し、直線は大外に持ち出して伸びてはきたが、最後は伸び負けた格好でフィエールマンから0.4秒差の4着。中山は初コースになるが右回りは問題ナシ。ある程度前目で競馬をして持ち前の渋太さを生かせる様なら強い3歳馬。巻き返しを期待できるかもしれない。
「長距離レースを使ったので、それなりの疲れはありましたが、様子を見ながらここを使うことに決めました。1週前にCWで馬ナリでしたが時計を出せましたからね。今日は半マイルから馬ナリでしたが、動きは悪なかったし、1度使った上積みもあります。瞬発力勝負になると分が悪いので、適度に流れてくれて、ロスのない立ち回りができる様ならいいですね。今回はGIで相手が相手なので、前走と同じ競馬ができるかどうか…、それは何とも言えませんね」(庄野調教師)。 ◎3か月振りのステイヤーズSは離れた好位のインをポツンと追走。勝負所から徐々に前との差を詰め始め、4角では外に進路を取る。直線半ばで先頭に立ち、2着のアドマイヤエイカンに2馬身半差を付けて快勝。長丁場は得意だが、今回はGIで相手が強化。このメンバーを相手にどこまでやれるか…、今回が試金石の一戦といえそうだ。
「ジャパンCは後ろからの競馬でしたが、最速の上りで5着とよく走ってくれたと思います。幸いダメージがなかったので、在厩して有馬記念を目標に調整をしてきました。1週前にジョッキーに乗って貰い、前に馬を置いて最後に並ぶスタイルの追い切りをしましたがいい動きでした。今日も併せ馬で同じ様に前の馬を追いかける形の調教をしましたが、仕掛けてからの反応・動き共に良かったと思います。ここにきて急激に馬が良化した感じです。状態に関しては自信を持って送り出せますよ。GIで相手は強くなるので大きなことは言えませんが、中山で強い勝ち方をしたことがある馬ですからね。前走以上のパフォーマンスを期待しています」(菊沢調教師)。 ◎約3か月振りのジャパンCは好仕上がり。ほぼシンガリ近くからの競馬で、正味直線だけといった感じだったが、内目を突いて鋭く(最速の末脚)伸びてアーモンドアイから1.3秒差の5着と健闘。良績がある中山に替わる点は大きなプラス材料。流れ一つで上位食い込みも可能。
「ブッツケで臨んだ天皇賞は状態としては悪くありませんでしたが、瞬発力勝負になったことは厳しかったですね。予定していたジャパンCを筋肉痛で回避しましたが、その後は順調に調整ができています。1週前に併せ馬をしましたが、好時計をマークした様にいい頃のデキに戻ってきています。今日は間が開いていることを考慮して、シッカリやってくれる様にとの指示を出しました。悔いを残したくはありませんからね。動きが良かったし、宝塚記念を勝った時と同じ位のデキで臨めそうです。距離延長はプラスに出ると思うし、この馬向きの展開になる様なら…と思っています」(音無調教師)。 ◎約4か月振りの天皇賞(秋)は2キロ減と仕上がりは良好。外目の枠だったが、ダッシュを利かせて好位に付ける。最後はもう一つ伸びを欠いたが、自分の位置を守り通してレイデオロから0.4秒差の5着と健闘。左回りより右回りの方に良績が多く、実績がない中山とはいえ、注意は必要だろう。
「前走の天皇賞はとても強い競馬で勝ってくれました。その後は放牧を挟みましたが、帰厩後は順調に調整ができています。1週前にある程度やってあるので、今日は時計こそ速くありませんでしたが、最後に併せる形で、いつも通りのいい動きをしてくれました。中山の2500メートルは初めてだし、難しいコースですが、オールカマーを勝っているので問題はないと思います。最近はゲートの出も安定しているし、いい位置で競馬ができる様にもなっていますからね。年齢を重ねると共に馬が逞しくなっているので、ファン投票1位の期待に応えられる様に頑張って欲しいと思っています」(藤沢和雄調教師)。 ◎天皇賞(秋)は軽く仕掛けて中団に付け、折り合いもスムーズ。楽な手応えで直線に向き、周囲の手応えを見る余裕さえあった。残り1ハロンから追い出し、最後は抑える感じで2着のサングレーザーに1馬身4分の1差を付けて完勝。中山は4戦して皐月賞5着以外は全て勝利と得意。距離も勿論OKでGI2連勝の可能性は高そうだ。
「前走後は短期放牧を挟みましたが、すぐに調教を開始できたし、体調に関しては問題ありません。1週前にある程度やってあるので、今日は目一杯ではなく余裕を残した追い切りをしましたが、これは予定通りです。8歳ということで全盛期の走りはどうかと思いますが、中山は初めてでも合いそうな気がしますからね。脚質にも幅を増してきているし、馬の気分を損なわず、ロスのない立ち回りをしてどこまでやれるかでしょう」(大久保龍志調教師)。 ◎エリザベス女王杯は例によって後方から。直線はジリジリと差を詰めた程度といった内容でリスグラシューから0.8秒差の9着。一頃の弾ける様な末脚が影を潜めた感は否めず、年齢的な衰えは如何ともし難く、ここも様子見が妥当だろう。
「前走後はさすがに走り切ったといった感じはありましたが、日を追う毎に馬体は回復してきました。週末から馬場入りをして、ダメージはないと確認してから(有馬記念を)使うことが決まりました。1週前にCWで単走。ある程度やりましたが精神的にも落ち着きがあったし、動きもスムーズでした。今日はラストの反応を見る程度でしたが、いい追い切りができたと思います。前走(ジャパンC)と同じ位のデキで臨めると思うし、今季の(心身の)充実振りは凄いと思います。中山のこの舞台は春(日経賞)で大敗していますが、当時と今とでは状態が違いますからね。ここも自分のリズムで走れる様なら、好レースになると思います」(辻野調教助手)。 ◎ジャパンCは難なく先手を奪い、後続を引き離しての逃げ。5ハロン目から11ハロンまで全て11秒台のラップを踏み、4角でもまだ後続との差は大分あった。ほぼ勝ちパターンと思われたが、アーモンドアイの強襲に1馬身4分の3差し切られて2着(3着には0.6秒差)。多少立派に見えた体付きから上積みが見込めそうで、可能性は十分ありそうだ。
「前走は時計が速過ぎましたが、よく頑張ってくれたと思います。レコード決着のレースでしたが、幸い反動がなく、ここまでは順調に調整ができています。1週前に3頭併せで追い切り、今日はジョッキーに騎乗してもらって坂路で。いい動きだったし、リラックスして走れていた点は何よりです。昨年と遜色ない状態で臨めそうです。その昨年は不利があって3着でしたが、スムーズだったら…と思える内容。衰えは見られないし、中山にも対応できるので、スムーズな競馬ができればチャンスがあるのでは…と思っています」(友道調教師)。 ◎ジャパンCは中団からの競馬。4角から仕掛けて、直線は中より外目に持ち出す。サトノダイヤモンドとの叩き合いを制したが、3着のスワーヴリチャードにクビ差及ばず、アーモンドアイから0.9秒差の4着。昨年はキタサンブラックの3着だったこのレース、依然衰えが見られない状況から上位争いの一角に。
「前走は得意といえるコースではなかったし、展開面も向かなかった割にはシッカリ脚を使ってくれましたからね。内容自体は決して悪くなかったと思います。今年も昨年と同じローテーションになりますが、昨年の天皇賞は極悪馬場でダメージが残っていましたが、調整過程が昨年とは全然違いますからね。ここまでは順調そのものです。1週前、今週と2週に渡っていい動きをしてくれたし、ジョッキーも手応えを感じた様子ですから。昨年のこのレースは最後に大きな不利がありました。あれがなければ掲示板に載っていたと思います。心身共に昨年より成長しているので、スムーズなレースができる様なら…と思っています」(金成調教師)。 ◎天皇賞(秋)は12キロ減とやや淋しく映る。序盤は離れた後方。向正面で馬群に取り付き、直線は馬場の中ほどからジワジワと差を詰めてレイデオロから0.8秒差の6着。当該舞台は日経賞でガンコの3着がありOK。馬体が回復したとしてもGIでは勝ち負けまでとなると厳しいかもしれない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。